星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

芸能人の子供は和光学園が多い理由!現在の子役で通うのは?

投稿日

芸能人に縁のある小学校の一つとして、何かとネット上でも話題になっている和光学園初等部。

この和光学園は、幼稚園から大学までを幅広く経営している私立の学校法人で、芸能人の子どもたちに対して様々な配慮をしてくれていることから、芸能人御用達という風にも言われているそうです。

ところで和光学園初等部とは、どのような特徴のある小学校なのでしょうか?

また、実際にこの小学校に通っている芸能人の子どもたちや、子として芸能界で活躍されている方たちは、どれくらいいらっしゃるのでしょうか?

芸能人の出身学校なども、ネットユーザーにとっての感心事の一つとして情報が流れていますので、本記事でもこれらの謎に迫っていきます。

スポンサーリンク

アドセンス

芸能人の子供が通う?和光学園の主な特色

芸能人御用達という評判もある学校法人和光学園は、幼稚園から大学まで一貫して経営している私立の学校法人として有名ですよね。

どうして芸能人御用達と呼ばれるようになったのでしょうか?

その理由のひとつは、芸能関係者のご子息ということで、他の一般の子供から自身の子供への風当たりが強くならないように学校側が配慮してくれる、という点があげられます。

もちろんだからといって、芸能関係者だけを特別に優遇しているわけではありません。

堀越学園のような芸能コースを別途設けているわけでもないみたいですし、配慮してくれるといってもそれは、他の生徒と同様にサポートしてくれる程度のことだと思います。

それでは、なぜこの様にサポートしてくれるのでしょうか?

その理由は、学校の特徴を考えればよく分ります。

和光学園は、公立学校とは大きく異なり、『個性を伸ばす教育』を目指している学校法人です。

公立学校の多くは『出る杭は打て!』とまではいかなくとも、どうしても集団と異なる個性を尊重せず、協調性重視の教育方針をとりがちです。

もちろん、その考え方を頭ごなしに否定することはできませんが、子供たちの個性は人それぞれ違いますし、当然各々の持つ価値観が変わってくることもまた事実。

和光学園は、民主的な協調性をある程度持たせることを前提とした上で、その中で多少奇抜な個性を持っていたとしても、それを子供たちの個性として認め、プラスへと導く指導をされているようです。

奇抜と言っても、明らかに相手に危害を加えるような、反社会的な個性を認めているわけではありません。

少し極端な例になってしまいますが、かの天才発明家エジソンのように、ほんの些細な事までも質問してしまうような好奇心旺盛すぎる子供や、協調性は無いが一つのことに飛び抜けて興味を示す子供(例:三浦知良など)は実際にいます。

ここで例に上げた、キングカズこと三浦知良の場合は、中学時代、担任教師が話している最中に、教室の中央でサッカーボールを投げ上げたらしく、そのことに怒った担任教師はサッカーボールをゴミ箱に投げ捨てたというエピソードがあります。

そして、その対応に対してカズは、『何するんだ!サッカーボールは僕の命だ!!』と担任教師に言い放ったというのです。

サッカー以外どうでもいいといえば語弊があるかと思いますが、ホームルームや授業中でも、サッカーのことを考えている子供だったことは、このエピソードを聞けばよく分ります。

それだけサッカーを愛していたからこそ、今でもサッカー選手として現役で活躍し続けていられるのでしょう。

和光学園はそういう子供たちの個性を伸ばす教育を目指して、日々活動しているのです。

そもそも人は万能ではありません。

科学者が、いきなり漁師になることは出来ませんし、ゴッドハンドを持つと呼ばれる名医がコンピュータ技師になることなんて不可能です。

せいぜい一芸を持っていれば良いくらいであり、芸能人はまさに一芸の人達の集団だと思います。

だからこそ、その一芸の伸ばしてくれる和光学園初等部のような小学校は、私立でありながら人気のある小学校で、芸能人御用達といえるのでしょうね。

勉強や協調性・思いやりは非常に重要だと思いますが、それだけではない「個性」を育ててくれる……

和光学園初等部はそんな特徴を持った小学校なんだと思いますよ。

 

和光学園に子供を通わせた経験のある芸能人は?

和光学園では、このような「個性」を尊重する学校の方針に基づいて、芸能人という特殊な両親を持つ子供たちに、誹謗中傷などが起こらないように配慮してくれるのでしょう。

実際にそのような評判を聞き、和光学園初等部に子供を通わせた経験のある芸能人夫婦は何組かいらっしゃいます。

中でも有名なのは、ダウンタウン浜田雅功の息子でミュージシャンをされているハマ・オカモトさんです。

彼は、和光学園を卒業し、その後ミュージシャンの道を歩まれました。

他には、ミスチル桜井和寿と現妻の息子や、哀川翔の子供、千秋の娘など、数多くの芸能人の子供たちが和光学園初等部に通っていたようです。

彼らが現在卒業されているのか、今も通学されているのかは分かりませんが、もしかしたら、ハマ・オカモトのように2世タレントとして、これから芸能界進出することもあるかもしれませんね。

 

現在和光学園に通う子役・タレントはいるの?

和光学園に通う子役・タレントがいるかどうかについては、正直全く分かりません。

そもそも、芸能人の子供にありそうな、孤立や誹謗中傷など受けないように、和光学園側が配慮しています。

そして、さらに芸能人の子供たちの通う学校が、和光学園初等部であることすら、分からないように配慮してくれる学校であるのですから、この学校に通っている可能性はあるとしても、それが誰なのかは分かりません。

もし分かるとしても、後々名前が売れて活躍するようになり、実は和光学園の出身だったという経歴が語られた時のみになりそうです。

 

まとめ

和光学園初等部(小学校)は、公立学校で重んじる協調性の部分に対しては若干甘く捉えながら、その分個性を伸ばしてくれる人気の高い学校として多くの父母たちに認知されているようです。

もちろん協調性や思いやり・社会のルールを知ることは、重要な事ですし、甘いと言っても最低限のことは教育・指導します。

だからといって、ちょっと飛び抜けた子供の個性を、協調性で押し付けてしまうようなことはせず、多少奇抜で飛び抜けた個性でも尊重し伸ばしてあげる、ということですね。

そのような評判があるからこそ、ダウンタウン浜田雅功の子供で、現在、ミュージシャンのハマ・オカモトや、タレントYOUの子供、Vシネマの帝王:哀川翔の子供など、そうそうたる面々の子供たちが和光学園初等部に通っていたことにも納得できます。

ハマ・オカモト以外、彼らが既に卒業されているのか、今も通われているのかは分かりませんが、もしかしたら、将来、芸能界で活躍されるなんてこともあるかもしれませんね。

なお、現在の子役・タレントとして活躍されている方たちが、和光学園初等部に通っているかどうかは分かりません。

ただ、これだけ個性を伸ばし、いろんな部分で配慮してくれる小学校ですから、十分通っている可能性はあると思いますよ。

将来、和光から、大物芸能人が何人も輩出されることを期待しています。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-時事