星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

グルメ

カップヌードル(日清)の謎肉の原材料とコロ・チャーとの違いとは

更新日:


日清カップヌードルに使用されているダイス状の肉片を、ネット上では、

『謎肉』

と呼んでいるそうです。

この『謎肉』とは、一体何なのでしょうか?

『謎肉』というだけあって、まさに謎のベールに包まれているのでしょうが、実際のところ『謎肉』はどのような原材料を使っているものなのでしょうか?

謎が謎を呼ぶ『謎肉』…

当記事では、日清カップヌードルに使われている『謎肉』の正体について、調べてみました。

スポンサーリンク

日清カップヌードルの謎肉とは?

ダイスミンチ

1971年から日清食品が発売し、今まで多くの消費者から愛され続けている日清カップヌードル。

通常のものから、シーフード、カレー、チーズポタージュなど、さまざまな種類の日清カップヌードルが登場。

さらにサイズも『Light』、『KING』など消費者の好みに合わせたタイプが登場してきました。

やはり、手頃に食べられ、さまざまな味が楽しめることが、人気商品として今も続いている理由なのでしょうね。

ところで、みなさんは、日清カップヌードルに使われた『謎肉』と呼ばれるダイス状の肉片素材をご存知でしょうか?

昔の日清カップヌードルにはよく用いられており、ダイス状の肉片としかわかっていなかったため、ネット上では、

『あの肉』

『謎の肉』

『謎肉』

『ぞぬ肉』

と、さまざまな名称で呼ばれていました。

概ね『謎肉』について、都市伝説的な扱いを受けていましたね。

しかし、実はこの『謎肉』、通常の日清カップヌードルでは、2009年のリニューアルで『コロ・チャー』にバトンタッチ。

いつの間にか『謎肉』は廃止になっていたのです。

日清カップヌードルについては、これまでに具のことまであまり意識していなかったので、筆者自身は『謎肉』が廃止になっていたことすら気がつかなかったのですが…。


次のページへ >

-グルメ

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.