星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

野球

イチローの神走塁動画と海外の反応!忍者と呼ばれる理由とは?

更新日

日本国内だけでなく世界的なスーパースターであるメジャーリーガーのイチロー選手。

2015年にはマイアミ・マーリンズに移籍し、さらに2017年の契約。

そして2018年もマーリンズがオプションを選択できる契約をしたことで、イチロー選手本人が目標としている

50歳まで現役

が、いよいよ現実味を帯びてきましたね。

そんなイチロー選手の神業プレーというと、皆さんは何を思い浮かべますか?

筆者としては、やはり、2度も『忍者』と言われた神走塁を思い浮かべます。

そこで当記事では、筆者がイチロー選手の数ある神業プレーの中から、『忍者』と言われた神走塁についてご紹介していきますね。

スポンサーリンク

アドセンス

イチローの『忍者』神走塁動画と海外の反応!

%e3%82%a4%e3%83%81%e3%83%ad%e3%83%bc4

2015年4月16日に行われたニューヨーク・メッツとマイアミ・マーリンズ戦にて、代打で出場したイチロー選手。

その日にイチローが見せた走塁では、敵味方双方の観客が大盛り上がりするというエキサイティングなプレーが起きました。

それも、ただ反応が良い、速いというレベルで言い表すことができず、

神走塁

として大絶賛されているとか。

実際に、どんな走塁プレイだったかというと、7回に代打で出塁したイチロー選手は、早速、期待に応えてシーズン初の三塁打を放ちます。

その後、次の打者がセカンドゴロを打ったときに、躊躇するこなく本塁へ突き進み、キャッチャーをかわしてホームベースへタッチ。

この走塁が、キャッチャーをかわした神走塁として、

「忍者のような走りだ」

と海外のファンの間で大絶賛され、ネットニュースで大きく取り上げられた、というわけです。

試合当時は、イチロー選手がキャッチャーをかわし、ホームベースにタッチしたのと同時にキャッチャーにタッチされたため、審判からアウトの判定を受けました。

しかし、イチローはすかさず『ビデオ判定』によるチャレンジを要求。

5分44秒もの長い審議の末、判定が覆り、セーフとなったのです。

無謀な走塁にも思えるイチロー選手のホームへの走塁でしたが、結果的には得点を獲得する形となったため、まさに神走塁として大絶賛されています。

残念ながら、この日の試合は5-7で敗れましたが、チームの勝敗をも超える素晴らしいプレイとして、ファンの記憶に残ることでしょうね。

 

イチローが『忍者』と呼ばれる理由とは?

%e3%82%a4%e3%83%81%e3%83%ad%e3%83%bc3

それにしても、今回イチロー選手の神走塁が『忍者』と呼ばれ、大絶賛された理由は、何なのでしょうか?

その秘密は、イチロー選手が持つ独特の走塁方法にありました。

多くのメジャーリーガーは、ホームへめがけて走塁する場合、キャッチャーを吹き飛ばすような走塁をよくおこなっています。

メジャーリーグは、日本の野球に比べてパワー重視であるため、交錯プレイの際には、そのまま守備の相手にぶつかったり、スライディングしたりする風潮があります。

言ってしまえば、

『キャッチャーを吹き飛ばしてしまえばいい』

という考えの選手が多いのかもしれません。

しかし、こういったプレーは非常に危険です。

現に、2011年には、サンフランシスコ・ジャイアンツのバスター・ポージー選手が、本塁のクロスプレーでランナーのタックルを受け、左足靭帯の損傷という大怪我をしてしまいました。

このポージー選手の一件以降、メジャーリーグでは、本塁クロスプレイでの危険性を唱える声が増加。

これらの声によって、2014年にアメリカではポージールールと呼ばれる衝突ルール、

いわゆる

コリジョンルール

が制定され、2015年から施行されました。

日本でも、2016年のシーズンの前半では、コリジョンルールが採用されましたが、タイミングの問題や誤審の多さなどから、シーズン途中での基準変更という異例の事態になったことは記憶に新しいですよね。

と、このように、外国人選手はパワープレーな走塁で強引に突破しようとする動きが多いわけです。

しかし、イチロー選手はそういった力技の走塁をしません。

キャッチャーを華麗にかわして、ホームベースをタッチするというスマートな走塁をしているため、海外ファンには物珍しく映るだけでなく、非常にトリッキーな動きに見えてしまうようです。

イチロー選手の忍者プレーと言えば、まだイチロー選手がニューヨーク・ヤンキースに所属していた頃。

2012年のプレーオフのことを思い出す方も多いのでは?

ホームへの走塁で、キャッチャーを2度もスルリと交わし、ホームベースをタッチしたという神業走塁をやってのけ、その時から、

「イチローは忍者だ!」

と言われているのです。

これまでは、今回ご紹介したイチロー選手のようにホームベースへ帰ってくることよりも、強肩を生かした送球(通称:レーザービーム)や、フェンスをよじ登ってのフライキャッチなど、守備面において、

「Japanese NINJA!」

と呼ばれていました。

しかし、このようなパワーに頼らない走塁方法での神業を見せたことで、ついには走塁面でもイチロー選手は忍者認定されたというわけなのです。

確かに、キャッチャーをかわしてホームベースをタッチするというのは、そうそうできることではありません。

筆者は中日ファンなので、荒木雅博選手の本塁への生還は、上手くキャッチャーのタッチをかわしていて、

「やっぱりさすがだ、上手いなぁ」

と思ったりはしますが、イチロー選手の場合は、1度の生還において、キャッチャーのタッチを2回も回避しているのです。

そんなことをやってのけたのは、後にも先にもイチロー選手だけだと思いますよ。

 

まとめ

イチロー選手の神業・走塁プレーと言うと、やはり当記事でご紹介した2つの忍者走塁が挙げられるのではないでしょうか?

本塁へ向かっている時、とくにクロスプレーになるような走塁と言うのは、全力疾走なので、下手に止まったりしようとすると、自身の身体を痛めることもあります。

しかし、イチロー選手は本塁へ突っ込む際に、途中でブレーキし、キャッチャーのタッチを華麗にかわして本塁へ生還するというプレーを2度も成し遂げているのです。

しかも、そのうち1回は、1回のプレーの中で2度のタッチをかわすという神業。

キャッチャーのタッチをかいくぐって滑り込み、セーフ!

というプレーだけでも神業認定されるというのに、イチロー選手の場合は、それを遥かに超える神業をやってのけるのですから、

「NINJA」

と呼ばれるのも当然ではないでしょうか。

今後もイチロー選手が、我々が思わず声を上げてしまうほどの神業をたくさん見せてくれることに期待しましょう!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-野球