星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ゲーム

スターオーシャン5の評価レビューが悪い理由はバトルシステム?

更新日

スクウェア・エニックスが生み出した大作RPGシリーズの『ドラゴンクエスト』や『ファイナルファンタジー』と並ぶ、『スターオーシャン』シリーズ。

その最新作である『スターオーシャン5』なのですが、なんと発売からわずか1週間で、

某大手通販サイトでは43%オフ

1週目の売上は11万本以上だったのに、2週目の売上はわずか1万本になってしまう

など、散々な状況。

ネット上でもシリーズ最大の黒歴史だと言われてしまうほど、酷評されているのです。

では、なぜ『スターオーシャン5』はここまで酷評されているのでしょうか?

当記事では、『スターオーシャン5』について、簡単な説明と評価レビューが悪い理由をご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

スターオーシャンシリーズの特徴!

スターオーシャン5

まずは、これまでのスターオーシャンシリーズの概要をご説明します。

シリーズ第1作目である『スターオーシャン』は、1996年にスーパーファミコン用ソフトとして発売されました。

当時はまだ珍しかった、アクション性豊かなバトルシステムと、近未来の宇宙を舞台したSFチックな世界観に、多くのゲームファンが夢中になっていましたね。

その後も、爽快感溢れるバトルシステムや、"宇宙歴"を軸とした世界観、そしてグラフィクスをより進化させたシリーズが次々発売され、2009年には『スターオーシャン4 THE LAST HOPE』が登場。

それからさらに7年経った2016年3月、PS4などの次世代機が発表される中、長年の沈黙を破って、『スターオーシャン5』が発売されたのです。

ただ、非常に残念なのですが、スターオーシャンシリーズのストーリーの見どころでもあった近未来SF感は『スターオーシャン5』では失われてしまっています。

さらに、非常に陳腐なものとなってしまい、後にご紹介しますが、

シリーズの黒歴史

と呼ばれるほどの汚点になってしまいました…。

 

豪華スタッフが手掛けた『スターオーシャン5』

so52

今回の『スターオーシャン5』には、従来シリーズの製作に携わってきた、熟練の開発スタッフが関わっていました。

本作のメインコンセプターには、『スターオーシャン』シリーズの生みの親でもあり、かの大作RPG『ヴァルキリープロファイル』のディレクターでもある、

五反田義治氏

を起用。

他にも、これまでスターオーシャンシリーズを築き上げてきた、

桜庭統氏(音楽)

小林秀一氏(プロデューサー)

などが集結し、『スターオーシャン5』の製作を進められてきました。

しかし、これ以上ないほどの豪華開発スタッフだったというのに、『スターオーシャン5』の内容は非常に陳腐で安っぽく、薄っぺらいものへ劣化…。

スターオーシャンシリーズのメインスタッフが集まっているのに、なぜこんなことになってしまったのでしょう?

本当に残念でなりません…。

 

スターオーシャン5のバトルシステムは『シームレスバトル』!

スターオーシャン5のシームレスバトル

スターオーシャン5のシームレスバトル

さて、評価レビューが悪い、酷評となっている『スターオーシャン5』。

バトルシステムが従来から変更となっています。

従来からのスターオーシャンシリーズの戦闘は、フィールド上にモンスターが徘徊しており、プレイヤーの操作するキャラクターが敵と接触すると、『別フィールドで戦闘開始!』というような流れでした。

このような形のバトルは、キャラクターが移動するフィールドとは別の場所で戦うことから、

『セパレートバトル形式』

と呼ばれており、かの『ドラゴンクエスト』などの一般的なRPGに広く採用されています。

一方で、今回の『スターオーシャン5』には、従来シリーズとは異なる

『シームレスバトルシステム』

が採用されています。

これは、読んで字の如く、バトルへの移行が『シームレス(継ぎ目がない)』ということであり、

キャラクターが冒険するフィールドで、そのまま敵との戦闘を行う

ようなシステムのことです。

最も典型的な『シームレスバトル』と言えば、アクションRPGを想像すれば、よりわかりやすいかと思います。

アクションRPGの代表格、『ゼルダの伝説 時のオカリナ』では、走り回る、敵と戦う、仕掛けを動かす、といった行動がすべて同じフィールド上で行われていますよね。

これが、『シームレスバトル』の大きな特徴です。

また、以前ご紹介した『世界樹と不思議のダンジョン』などの『ローグライクゲーム』と呼ばれるジャンルのRPGも、フィールド上で敵と戦うという点では、『シームレスバトル』であると言えます。

今回の『スターオーシャン5』にも、このシームレスバトルが採用されており、同じフィールド上で、移動と戦闘が区切り無く切り替わるようです。

また、

最大7人までパーティを組むことができる

という多人数戦闘要素も、RPGゲームでは珍しく、『スターオーシャン5』が、目を惹かれる要素です。

多人数戦闘、しかもアクションがあるにも関わらず、それでも処理落ちをすることがまずない、という点も大きな評価に値するでしょう。

ただ、非常に残念なことに、ここまでの面白そうな条件が揃っているにも関わらず、『スターオーシャン5』の評価レビューは、散々なものになってしまっています…。

次にその評価レビューの悪い理由を、調べてみました。

 

スターオーシャン5が評価レビューが悪い理由!

それでは、『スターオーシャン5』のユーザーからの評価・評判をご紹介していきますが、まぁ、あえてはっきりと言うのも…なので、

発売後1週間で半額近くまで値下げされていた

と言えば、どんな評価レビューとなったのか、もう分かるでしょう。

そう、評価レビューが悪いどころか、

批判続出の炎上状態と言えるほどの酷評

をされているのです。

もちろん、酷評ばかりされているわけではありません。

先ほどもご紹介した、戦闘がシームレスバトルになったこと、7人戦闘でも処理落ちしないこと、アクションのエフェクトが派手になったことなどは、一定の評価をされています。

とは言っても、それを評価する人もいれば、逆に酷評する人もいました。

戦闘エフェクトは、人によっては派手すぎるとも感じるそうですし、多人数戦闘は、『スターオーシャン4』から人を増やしただけで、ただごちゃごちゃしているだけ…

そんな評価レビューもあったので、賛否両論になっています。

さらに、『スターオーシャン5』の戦闘は、『スターオーシャン3』をベースにしているそうで、小攻撃→大攻撃→ガードという3すくみのシステムとなっています。

しかし、多人数戦闘なので、例えばガードをしたとしても、大勢の敵の攻撃の中に、1つでも大攻撃が混じっていれば、簡単にガードを破られてしまうのです。

3すくみなど、もはやないも同然であり、多人数になればなるほどバトルシステムが崩壊していきます。

まともに、この3すくみが機能するのは序盤くらいだと、評価レビューには多く載っていました。

しかも、バトルスキルが非常に強いため、ただ強いバトルスキルを出していればいいという、バトルシステムもへったくれもない、ただのゴリ押しゲーに…。

それでいて、

バトルのモーションが「スターオーシャン4」の使いまわしが多い

との酷評もありましたので、何とも残念な限りですね…。

また、『スターオーシャン5』のストーリーも酷評ばかり。

「近未来感が『4』よりなくなってる」

「ボリューム薄すぎ」

「イベントの感動がシームレスで薄れちゃうなぁ」

など、内容の薄さと、奇しくも前面に押し出していたシームレス形式により、イベントに入ったかどうかがわかりづらく、イベントの感動感が薄れてしまうなど、せっかくの特徴が、致命的な欠点になってしまうという皮肉…。

新システムに挑戦するのは良いのですが、従来のシリーズで支持されているものを失う羽目になってしまうのだけは、避けなければいけない!

今回の酷評で、スターオーシャンシリーズ製作スタッフにもそれが伝わればよいところですね。

 

まとめ

今回は、『スターオーシャン5』の評価レビューをご紹介しました。

バトルシステムについては賛否両論で、評価できる点はあるものの、欠点の方が多く、従来からのファンにとっては、不満が残る結果になってしまいました。

ストーリーを魅せるRPGにおいて、シームレスというのは非常に相性が悪く、ストーリーの感動性を損なわせてしまうものになるようですね。

また、『スターオーシャン5』では想定していたバトルシステムが崩壊してしまいます。

もはや

『ただ強い技を打てばいい』

というようなシステムになってしまったのも、『スターオーシャン5』のバトルシステムの評判が悪い原因だと思われます。

期待が大きかっただけに、予想外のひどさに落胆した結果が、今回の『スターオーシャン5』の全体的な悪い評価レビューに繋がったのでしょうね…。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ゲーム