星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

中田翔(日ハム)がリバウンドで太った?理由とダイエット方法を紹介

更新日:


ということならば、わからないでもないですが、中田翔選手は入団時、当時の梨田監督に

『減量するべきだ』

と言われていたはずです。

それにも関わらず中田翔選手が、しばらくの間、ダイエットしてこなかったのは、一体何故なのでしょうか?

実は、この件について、当時話題になったやりとりがあります。

「減量しろ!」

といわれた中田翔選手が

「動けるデ○は最強」

などとコメントし、自身のその体重を正当化していたようなのです。

確かに、体重がどっしりとしていても、スムーズな身のこなしが出来れば、さほど問題はないのかもしれません。

先ほど紹介した元中日の中田亮二選手も、体重が110キロ超えながら、50メートルを6.4秒で走り、バック転を一週間でマスターするなど巨漢ながら、鮮やかで軽やかな身のこなしという特徴を売りにしていました。

しかし、中田翔選手の場合は、自身が正当化した言い訳通りに動けていたか、というとそうではありませんでした。

中田翔選手は当時を振り返り、

「走れるどころか、全然動けていなかった」

「高2くらいまでは50メートル6.2秒だったのに、いつから走れなくなったんだろう」

「加速するまでが遅くなった」

と、初めのうちはダイエットしないままでも、思うようなプレーができていましたが、プロ入り数年後には、それができなくなったと語っています。

現在では、日ハム以外に日本代表の常連でもある中田翔選手。

その名声と実績に恥じない、ベストなプレーをするためにダイエットを決意したというところなのでしょうね。

 

減量に成功した中田翔(日ハム)のダイエット方法とは?

ダイエット食事

そして、中田翔選手は無事にダイエットに成功し、2014年には107キロあった体重が、2015年には


次のページへ >

-プロ野球

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.