星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

アニメ

ドラゴンボール超のストーリーや放送日・時間を紹介!声優変更は?

更新日:

2015年から放送されている『ドラゴンボール』シリーズの最新アニメシリーズ『ドラゴンボール超(スーパー)』。

この放送決定は、当時、日本国内だけでなく世界中のドラゴンボールファンに衝撃を与えました。

もう続編はないと思われていたドラゴンボールに、まさかのアニメ完全新作にして、オリジナルストーリーが展開されるわけですからね。

さて、そんな『ドラゴンボール超』ですが、ストーリーや声優の変更などはあったのでしょうか?

当記事で、『ドラゴンボール超』についてまとめてみました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

『ドラゴンボール超』の放送日と時間をチェック!

%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%b4%e3%83%b3%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%b6%85

完全新作として描かれる『ドラゴンボール超』。

2015年7月から、

毎週日曜日午前9時~9時30分

にフジテレビ系列にて放送されています。

この時間帯は、東映アニメーションが主に提供しているテレビアニメ枠であり、これまで『デジモンアドベンチャー』『金色のガッシュベル!!』などの人気シリーズが放送されてきました。

ちなみに、『ドラゴンボール超』の前に、この枠で放送されていたのは、デジタルリマスター版『ドラゴンボール改』。

後述しますが、『ドラゴンボール改』の続編でもあるので、それまで視聴していたドラゴンボールファンには、ちょうどいい時間帯に『ドラゴンボール超(スーパー)』は、放送されているということになります。

 

アニメ『ドラゴンボール超』のストーリーは?

%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%b4%e3%83%b3%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%b6%852

これまでのテレビアニメシリーズでは、原作『ドラゴンボール』の漫画に沿ったストーリーが展開されていました。

しかし今回の『ドラゴンボール超』は、鳥山明先生が手掛ける完全オリジナルストーリー!

テレビシリーズで、鳥山明先生が手掛けるというのは、

シリーズ初

のこととなったみたいですね。

(映画の『ドラゴンボール』は『神と神』『復活のF』で鳥山明先生が手掛けています)

『ドラゴンボール超』のストーリー自体は、

時系列で見ると『魔人ブウ編』の後、そして悟空がウーブに出会う前の間に起きたことを描く

内容になっているみたいです。

また、かつてテレビ放送されていた

『ドラゴンボールGT』に繋がる物語ではない

とのこと。

『ドラゴンボール超』で判明した、4つのパラレルワールドにも『GT』が入るとは考えにくいことから、もはや完全なる非正史として扱われているみたいですね。

『ドラゴンボールGT』は『ドラゴンボール』30周年記念の公式ヒストリーからも除外されてしまっているみたいですよ。

(もはや黒歴史?)

さて、『ドラゴンボール超』のストーリーですが、つい先日、2016年11月20日の放送で『未来トランクス編』が終了しました。

続いては、百発百中のヒットが再登場し、悟空の命が狙われるというストーリーが展開されていくそうです。

『ドラゴンボール超』で、これまでに放送されたのは、主に4つの章に分けられます。

  • 破壊神ビルス編
  • 復活のフリーザ編
  • 破壊神シャンパ編
  • 未来トランクス編

このうち、『破壊神ビルス編』は、『ドラゴンボールZ 神と神』『復活のフリーザ編』は、『ドラゴンボールZ 復活のF』をテレビ用に編集したストーリーとなっています。

そのため、『復活のフリーザ編』では、映画で登場したあのゴールデンフリーザが登場しますよ。

そして、『破壊神シャンパ編』は、『ドラゴンボール超』のキーアイテムである超ドラゴンボールをかけた新規エピソード。

ここから『ドラゴンボール超』は、完全オリジナルストーリーに入っていきます。

そして『未来トランクス編』は、未来のトランクスの世界に現れたゴクウブラックとの戦いを描く新エピソードでした。

『破壊神シャンパ編』以降は、完全オリジナルなので、原作は存在しない形なのですが、実はアニメと同時に漫画も同時進行しています。

アニメでは制作の関係上、どうしても描けない部分・視点などを漫画で描き、お互いを補完し合う関係性になっているそうです。

なので、『ドラゴンボール』ファンであれば、漫画版のほうもぜひチェックしてみてください。

また、アニメ内に同じ鳥山明先生が手掛けた漫画作品『Dr.スランプ』アラレちゃんが登場するなどのネタ要素も多数。

ちなみに、2016年12月には、再びアラレちゃんが登場するとのことです。

 

『ドラゴンボール超』で声優に変更はある?

長年『ドラゴンボール』シリーズを見てきたコアなファンからすると、ドラゴンボールに出てくるキャラクターの声を誰が担当するのか、という点が一番気になるかもしれません。

まず、孫悟空・孫悟飯・孫悟天役には、これまで通り野沢雅子さんが続投することになっています。

それ以外の主なキャストも見てみましょう。

ドラゴンボール超のキャスト一覧

孫悟空、孫悟飯、孫悟天、ゴクウブラック:野沢雅子

ピッコロ:古川登志夫

クリリン、ヤジロベー:田中真弓

ベジータ:堀川りょう

トランクス、未来トランクス:草尾毅

ミスター・サタン:石塚運昇

魔人ブウ:塩屋浩三

ヤムチャ:古谷徹

天津飯:緑川光

餃子、ブルマの母:江森浩子

亀仙人、ベジータ王:佐藤正治

ビルス:山寺宏一

ウイス、複製ベジータ:森田成一

フリーザ、フロスト:中尾隆聖

ギニュー:小西克幸

妖精たち:下地紫野

シャンパ:岩田光央

ヒット:山路和弘

全王:こおろぎさとみ

グリール:斉藤次郎

複製グリール:福原耕平

ザマス、合体ザマス:三木眞一郎

以上のように、これまでのドラゴンボールで出演していた声優たちに基本的に変更はありません…

が、1人のキャラクターだけ、声優変更がありました!

それが、

北の界王とナレーションを務めている八奈見乗児さんが療養中のため、龍田直樹さんに変更

となったのです。

八奈見乗児さんは、『タイムボカン』のグロッキー、『ヤッターマン』のボヤッキーなど、また、『愛・地球博』のモリゾーの声を担当したことでも有名な声優さんです。

彼は、もう85歳になられるそうですね。

現在、療養中とのことですので、一刻も早い快復を願うばかりですが、声優としての復帰は難しそうですね。

そこで、代役として起用されたのは龍田直樹さんです。

『星のカービィ』のドクター・エスカルゴンなどの声を担当しており、声優としてだけでなく、『世界まる見え!テレビ特捜部』ではナレーションも担当しています。

また、『ドラゴンボール』ではウーロンやバブルスの声を担当しており、『ドラゴンボール』シリーズを知っている方に、とっても馴染みがある方なのです。

 

まとめ

今回は、2015年7月から放送されている『ドラゴンボール超』の情報について、改めてまとめました。

『ドラゴンボール超』は、公式ヒストリーの『ドラゴンボール』の魔人ブウ編の終わりから最終話『平穏な世界編』の間に起きた出来事を描く内容になっており、実質的に公式の物語と考えていい内容。

『ドラゴンボール』ファンであれば見逃すことはできませんね。

アニメ放送は、日曜の朝9時~9時30分ですから、日曜も早起きを心がけて、『ドラゴンボール超』を見逃さないようにしましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-アニメ

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.