星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

アナウンサー

島本真衣アナの離婚理由は夫である小倉議員のマザコンが原因?

更新日

島本真衣

島本真衣

父親が近鉄バッファローズ、叔父が読売ジャイアンツ~近鉄バッファローズで、それぞれ活躍したプロ野球選手だったというテレビ朝日の島本真衣アナウンサー現在31歳。

かつて『速報!甲子園への道』や『やじうまプラス』などに出演した経歴があり、美人アナウンサーとして有名でしたね。

そんな島本真衣アナは、2013年の11月に自民党の衆議院議員の小倉将信さんと結婚するも、2015年4月29日に突然スピード離婚しました。

なぜ島本真衣アナは、スピード離婚に至ってしまったのでしょうか?

今回当記事では、島本真衣アナの離婚の真相と、その詳細について調べて見ました。一体、お二人の間に、何があったのでしょう?

スポンサーリンク

アドセンス

離婚した島本真衣アナの元夫とは?

小倉議員

小倉議員

さて、まずは離婚した島本真衣アナの元夫である小倉議員についてみてみましょう。

小倉議員は、1981年5月30日生まれの現在33歳で、東大卒という学歴に元日本銀行に勤めていたという、まさにエリート中のエリートでした。

2009年には、オックスフォード大学で金融経済学修士号を取り、日本銀行を辞めた後に、衆議院議員という道を選ぶことになります。

2012年の11月に、衆議院東京23区の支部長になり、12月には選挙で初当選。

2014年には、再び選挙で当選したものの、妻であった島本真衣アナからは、票を獲得することはできなかったようですね~

 

島本真衣と小倉議員が離婚した理由とは?

島本真衣アナ

島本真衣アナ

4月30日、島本真衣アナは、自身のFacebookにて、

「離婚致しました。」

と、世間に報告をしました。

かつて小倉議員との結婚式では、500人もの出席者を呼び、盛大に行われたそうです。

結婚当時は、とても幸せそうに見えたお二人が、なぜ今回このようなスピード離婚する運びになってしまったのでしょうか?

その背景には、実は小倉議員の母親が見え隠れします。つまり、島本真衣アナの義母にあたる人物の存在が大きな離婚の引き金になったと言われています。

というのも、週刊誌の取材や、小倉議員の自民党の関係者達は、

「(小倉議員が)マザコンだったこと。」

を離婚の理由に挙げていました。

小倉議員自体も、自身のFacebookにて、

「責任は、私にある。私の不徳の致すところです。」

と発言しており、島本真衣アナとの離婚の理由をそれと自覚していたのかもしれません。

派手で盛大な結婚式の裏でもいろいろあったようで、何気にその時から離婚へ向かう片鱗は見えていたそうです。

この離婚の理由に挙げられた小倉議員の母は、遠慮なくお二人の結婚生活に介入してきて、なんにでも意見し、島本真衣アナにしてみると、それが鬱陶しく感じていたようです。

しかも、なんでも母の言いなりになっていた小倉議員に腹を立てた島本真衣アナは、すぐに「家出」という形で別居をはじめてしまい、このお二人の結婚生活は、実質3ヶ月にも満たないのでは?とも言われています。

また、元々島本真衣アナは、結婚したら仕事を辞めて、家庭に専念する予定でした。しかし結局、島本真衣アナは、仕事を辞めず、これまで続けています。

そのことに対して、小倉議員は大きな不満を抱いていたようです。

 

島本真衣と小倉議員の離婚に周りの反応は?

この島本真衣アナと小倉議員のスピード離婚に関して、周りの反応は、冷たい感想を抱いている方が多いようです。

小倉議員の仕事場である永田町では、

「こんな早く離婚してしまうんだったら、ご祝儀返せ!」

「そういえば、選挙演説でいつも奥さん出てこなかったな。ww」

などと、失礼な言い方ですが、"ざまあみろ"という想いを抱いている方が多いようです。

また、小倉議員の同僚となる議員たちの意見としては、

『議員の妻になるなら普通は夫の議員活動をサポートする為、仕事を辞めるか、あるいは大幅にセーブする。』

という考えを抱いている人が多く、意外にも小倉議員よりも島本真衣アナのことを白い目で見ている人が多いようでした。

 

 まとめ

いかがでしたでしょうか?

結局、島本真衣アナと小倉議員の離婚理由は、両方に否があることだと感じました。

マザコン夫というのは、妻である島本真衣アナとしては、受け入れることが難しいのは容易に想像できます。

また、島本真衣アナが夫の仕事のサポートはせず、自身の仕事を優先したというのも、夫からすれば「約束が違う」ということなのでしょう。

この様子を見る限りでは、どちらかを責めることはできないと思います。お二人ともお互いに「想定と違った」ということです。

このようなことが、はじめからわかっていたのであれば、島本真衣アナと小倉議員の離婚は見えていたのではないでしょうか?

この離婚に対する周りの反応が非常に冷たいことが、かわいそうにも思えますが、お互いにはじめからウマが合わなかったみたいですし、これは仕方の無いことと割り切り、前に進むしかなさそうですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-アナウンサー