星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

就活の面接でイケメンはデメリット?印象が悪くなる理由をチェック

更新日:

就職活動を進めていくと、説明会や面接の控室など、いろいろな場面で他の就活生と出会うことになります。

そんな時、他の就活生の顏を眺めてみて、一度はこう思ったことがありませんか?

「あの子、めちゃくちゃ可愛いなぁ……」

「隣の男子、すごくイケメン!」

モデルでもなんでもない、しがない大学生であっても、天性に恵まれた顔を持つ人が少なからずいるのだと実感しますよね。

しかし、顔があまりにもいいせいで、就活が不利になってしまうおそれがあるということをご存知ですか?

今回は、

イケメンと就活の関係性

についてお話しましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

就活の面接では顔が大切?

イケメン

5月に入ると、就職活動は、個別会社説明会や、選考の序盤であるグループディスカッションなどへ移行し始めます。

そうなると、徐々に他の就活生と仲良くなる機会も増えてきているはずです。

そんな中、他の企業について、色々と情報を集めていると、こんな噂を耳にすることがあるかもしれません。

「あそこは顏採用らしいよ」

『顔採用』とは、その人の顔の良し悪しで採用の合否を決めること。

おもに可愛い女の子ばかりが採用されている企業に対して、皮肉をこめて用いられている単語です。

たしかに、

「面接は第一印象!」

とよく言いますから、いわゆる可愛い子やイケメンが優遇されるのも、納得できます。

とはいえ、ただ見た目だけで選ぶというのは、ずいぶんとずさんなものです。

筆者としては、そんな基準で採用を決める企業のサービスは、

「品質に問題とかありそうだな…」

と、あまり利用したいとは思えなくなります。

前々から『顔採用』について、そんな感情を抱いていた筆者ですが、今回『顔採用』について調べてみると、なんとも興味深い研究結果を発見しました。

なんと実は、

「イケメンは採用されやすい」

というのは、

間違った認識

かもしれないというのが、最近の研究でわかってきたのです!

『顔採用』には、イケメンだから採用されるのとは逆の結果が待っていることがあるみたいですよ。

 

就活においてイケメンは面接で不利になる!?

『イケメンは就活で不利になる』

この研究結果を発表したのは、米国メリーランド州立大学です。

専門誌『組織的行動と意思決定過程研究』にて発表されており、

面接官の採用意思に、応募者の見た目がどのように影響するのか?

という研究のようです。

結論から先に言うと、

男性の面接官がイケメンと接した場合、それを魅力に感じるのではなく、

『競争相手』

と認識してしまう

というのです。

たとえば、あなたと同性でルックスがとても良い人を思い浮かべてください。

「可愛いからって媚びればいいと思ってそう…」

「うわ、イケメンだ。こいつには負けてしまいそうだ…」

このように競争相手として、敵対心を持ってしまう可能性があるのです。

 

就活においてイケメンが面接で不利な理由

話を就活に戻してみましょう。

現在、日本政府は女性の社会進出を推しています。

しかし、まだまだ役員などの重要なポジションには男性が多く、女性が活躍している企業は多くないというのが現状ですよね。

したがって、女性向けアパレルなど特定の業種でなければ、面接官は基本的に男性であることがほとんどでしょう。

つまり、イケメンの就活生は、同性の男性面接官と対峙する機会が多くなり、敵対心を持たれてしまう可能性が高くなってしまうのです!

面接官が、採用基準としている一般的な原則は

  • 『この人と一緒に働きたいか』
  • 『この人と協力しながら会社を成長させたいか』

という点にあります。

そんな面接官から競争相手に思われてしまっては、イケメンの皆さんには残念ですが、就活では不利になってしまうと言わざるを得ないかも…。

「こいつは自分の立場を将来脅かすかもしれない…」

そう思われたが最後。

イケメンだったがゆえに、面接で落とされてしまうのです。

何ともくだらない理由だと言いたくなりますが、醜いことに、それが人間の本心だったりもします。

また、今回のようなケースは、同性同士の敵対心によるものなので、

男性面接官が、

「うーん迷った。皆同じような感じなら、可愛いこの子を採用しようかな…」

女性面接官が、

「この人超イケメンだし、採用しましょう!」

と、採用に困った際に、イケメンや美人など、ルックスのいい人が選ばれることもありえます。

このように不利になる一方で、優遇もあるのならば、ある意味で平等なのかもしれないですね。

 

就活において面接で必要な見た目

ここまでお話をして、

『結局、面接で見た目は関係ないの?』

と思う方もいることでしょう。

もちろん、それは間違いです。

たとえ顔が悪くても、あるいはイケメンであっても、それとは関係なしに、

面接では見た目が大きく重視されます。

その見た目の中で、最も重視されているのが、

元気な笑顔

なのです。

元気や健康などの体力的な利点は、どんな社会人であっても求められる基本的な資質です。

寝不足で、目の下にクマができていたり、栄養不足で肌が荒れていたり…

そういった、見るからに元気のない、不健康そうな顔をしている人を、面接官が採用したいはずがありません。

逆に言えば、イケメンであろうとなかろうと、元気な笑顔ができているだけで、先輩社会人である面接官の心を掴む可能性がグッと上がるのです。

そして、何より大切なのは、この元気な笑顔は、

誰でも手に入れることができる

ということです!

 

就活生にとっては、毎日が就活で忙しい日々になると思います。

生活リズムを整えて万全な体調で面接に挑んでください。

そして、面接を恐れるのではなく、自分の未来や企業のいい点を見つめて、前向きな姿勢で取り組みましょう。

そうすれば、きっと自然に明るい表情になるはずです!

そこには、イケメンなどの顏の良し悪しは一切関係ありません。

「俺は全然イケメンじゃないんだけど、面接とか大丈夫かな…」

「イケメンは選考で不利!?どうしよう!」

(自分のことをイケメンと自負できるほどの自信があれば、問題なさそうですが…。)

と不安に思った方がいれば、まずは、元気な笑顔を心がけるようにすれば、きっと面接でも好印象を与えることができますよ!

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、

『就活ではイケメンが不利になる』

という、思わぬ研究結果について、ご紹介しました。

世の中には『顔採用』と呼ばれる選考も少なからずあるものの、やはり生まれつきの顔を変えることは、そう簡単にはできません。

そんな時は、元気と笑顔を心がけて、前向きな表情で面接に挑むことが大切です。

イケメンであろうと、そうでなかろうと、きっと面接官に好印象を持ってもらえるはずです。

爽やかな笑顔という意味での、いい顔を作るために、まずは食事や睡眠などの生活習慣をきちんと正し、前向きな気持ちで就活に臨むようにしましょう!

就活の記事はコチラも良く読まれています!

就活の面接で印象の良いマナーを3点チェック!お礼メールは必要?

就活の面接対策!質問と逆質問のおすすめ回答例を4点紹介!

就活の面接対策!長所と志望動機の回答例や考え方をチェック!

就活!大学でのやり方・方法を最新3つ紹介!1番大事なのは早さ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-雑学

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.