星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

就活面接で印象が良くなる3つのマナー!お礼のメールは実は不要?

更新日

就活における会社からの選考の中で最も重要なのは、面接です。

面接における印象の良し悪しが、選考結果に一番大きな影響を与えるのですから、就活生が面接の場で緊張してしまうのも無理はありません。

そんな就活生が気にするのは、やはり面接におけるマナーでしょう。

しかし、現在ネット上には、さまざまな就活面接マナーが氾濫しています。

中には就活生をかえって混乱させてしまう内容のものもあります。

そこで今回は、いま一度マナーの基本に立ち返り、面接で必要な最低限のマナーについて解説していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

就活の面接での細かいマナーは逆効果?

社員の採用選考の中で、企業が最も重きを置いているのは面接です。

面接では、質問に対する受け答えや話し方だけでなく、就活生の皆さんの振る舞いが観察されています。

いくら入社の熱意や誰にも負けないスキルがあっても、社会人としてのマナーがなっていないと、決して良い印象を持ってもらうことはできません。

とくに、

面接は第一印象が最も大切

と言われています。

面接官は、これまでたくさんの就活生を見てきたベテランです。

マナーが悪い人というのは、面接室に入った瞬間に見破ってしまうものです。

ノックの回数、ドアの閉め方、歩き方、おじぎの角度…

「そんなに細かいことまで覚えないといけないの!?」

と、マナーを調べてみると驚くことでしょう。

しかし、安心してください。

ネットで調べると出てくる大量のマナー、その全てが重視されているわけではないのです。

 

就活の面接マナー対策!入室・着席は重視されない!

トビラに手をかける女性

まず、就活でのマナーを調べていくと、最初に目にするのは、

入室・着席のマナー

でしょう。

しかし、これはあまり重要なことではないとの結果が出ています。

実際、2014年に行われた、面接官に対する、

『第一印象に大きな影響を与える要素』

というアンケート結果では、入室や着席を重視するという人は、

1%以下

だったのです。

また、入室時のマナーと言えば、

「ノックは2回か3回か」

といった議論をよく見かけます。

これも

面接官はそんなこと気にしていません

実際、筆者が就職活動を進めていた際、仲良くなった採用担当の方に、そういった入退室のマナーに関する話を聞いたことがありました。

すると、その採用担当の方は、

「ノック?2回、いや3回だっけ?それよりも笑顔だよ、笑顔!」

と、ノックの回数など全く気にしていなかったのです。

つまり、細かなマナーよりも、

面接を受ける時の態度や仕草

が重要だということです!

 

就活の面接対策!必要最低限のマナー!

以上のことを踏まえて、面接で必要な最低限のマナーを紹介しますね。

就活の面接マナー1 身だしなみはバッチリ決める!

第一印象を決めるために面接官が見ているのは、入ってくるときの動きではなく、

入ってきた人の身だしなみ

です。

そもそも、入室の動作は一瞬ですが、身だしなみは面接中、常に面接官の目に入るものです。

面接官も、10分以上その人の姿を眺めることになりますので、身だしなみが乱れている人に対しては、

「よく見たら、この人のスーツ、ヨレヨレだなぁ……」

「ネクタイ曲がってるし、シャツもシワが寄ってる気がする」

と、自然と気になってしまうものなのです。

なにより、自分が着るスーツなどの身だしなみは、当日までに最大限準備できる事柄の一つです。

スーツやシャツのアイロンがけ

などは手を抜かずに、身だしなみはバッチリ決めていくようにしましょう!

ちなみに、この見た目について、メガネチェーンの『ジェイアイエヌ』が行ったアンケートによると、面接での個性について、

半数以上が、個性を出してもいいと思う

と答えたそうです。

もちろん、清楚な身だしなみは大切です。

しかし同じリクルートスーツでも、素材にこだわったり、ブランドにこだわったりという個性が大切みたいですね。

面接は他の人と比較される場です。

他の人と全く同じ = 没個性

と感じる採用担当の人も、それなりにいるみたいですよ。

就活の面接マナー2 相手を見て、適度な声量で挨拶!

入室時はもちろんのこと、退室時にできていない人が多いことが、

挨拶

だそうです。

挨拶は、

  • 入室時は面接官に対するコミュニケーションの掴み
  • 退室時は面接に対するお礼

を意味します。

面接中に思ったような受け答えができず、失敗してしまったと感じていても、退席時の挨拶は、背筋を伸ばし、相手の顔を見て、

「本日はありがとうございました!」

と、笑顔で挨拶をするよう心がけましょう。

終わり良ければすべて良し

と言いますから、最後はバッチリと、好印象で面接を締めたいものです。

そして、とくに

声の大きさ

には気をつけましょう。

面接時には緊張して、自分が思っているほどの声量が出ていないことがよくあります。

挨拶をしても面接官まで声が届いていない

ということが多々あるのです。

むやみに大声をあげる必要はありませんが、緊張しがちな人は、いつもよりも大きな声で話すように心がけてみましょう。

就活の面接マナー3 面接官と「会話」をしよう!

時々、面接をコミュニケーションの場だと考えていない人がいます。

面接官の質問に食い気味で答えたり、丸暗記しただけの文章を棒読みしているような答えだったり……

面接でなにより忘れてはならないのは、

面接官という人とコミュニケーションをする場である

ということです!

相手の質問や話をよく聞き、自分の答えを考えつつ、相手が話し終わってから答える

これが大事です。

もちろん、難しい話であったり、質問の意図がわからなかったりした場合は、

「それはつまり、○○ということですか?」

と、自然に聞き返せばOKですよ。

面接マニュアルの回答例は、あくまで参考程度に目を通しておき、面接本番では、きちんと自分の言葉で表現できるように練習しておきましょう。

 

就活の面接対策!面接後のお礼のメールは必要?

メール

ノックの回数の他に、就活生の間で議論となるのは、

面接のお礼メールを送るべきかどうか

ということでしょう。

結論から言えば、

お礼メールはほとんど合否に影響しない

と考えて問題ありません。

とくに大企業の場合は、一次面接で何千人以上の応募者が面接を受けますよね?

全員がお礼メールを送ってしまうと、採用担当者のメールボックスがお礼メールで溢れかえってしまいます。

そんなお礼メールを一通一通チェックするほど、人事部は暇ではありません。

一方で、従業員数が2桁以下の中小企業であれば、応募者数が少ないことから、一人一人の面接が印象に残りやすくなります。

お礼メールが好印象を与えるケースになりますね。

これらのことから、結論として、

お礼メールは無理して送る必要はないものの、中小企業の場合は有利になるかもしれない

という認識でいれば大丈夫です。

ただし、企業によっては

お礼メールは送らないでください

と、あらかじめ注意点として挙げる場合もあります。

そうやって禁止されていることをしてしまうと、最悪の場合、

「この人は人の話を聞けないんだな」

として、不合格になる可能性もあるので、過度なアピールには気をつけてくださいね!

 

まとめ

当記事では、就活で最も基本となる面接のマナーと、面接のお礼メールについてまとめました。

面接で大切なのは、細々としたマナーよりも、

  • 身だしなみは乱れていないか
  • 明るい笑顔で元気よく話せているか

といったことです。

実際の選考で重視されている項目です。

また、細かいマナーを練習するくらいなら、その時間を自己分析や企業研究に割き、身だしなみをきちんと整えることを心がけましょう!

就活の記事はコチラも良く読まれています!

就活の面接対策!長所と志望動機の回答例や考え方をチェック!

就活!大学でのやり方・方法を最新3つ紹介!1番大事なのは早さ

就活でイケメンはデメリット?面接で印象が悪い理由と対策を紹介!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-雑学