星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

就活の面接対策!長所(自己PR)と志望動機の回答例と考え方を紹介

更新日

就活の面接の中で一番聞かれやすい質問は、

長所と志望動機

に関する内容です。

面接官からすると、就活生のことを知るきっかけになりやすく、なぜこの会社を希望するのか、という根本的な部分を簡単に聞き出せるからです。

もちろん、これらの質問への対策を怠っている就活生は、ほとんどいないでしょう。

しかしながら、自身の長所や志望動機の答え方は、無限と言えるほど存在します。

「どう答えれば正解なの?」

と頭を抱えている就活生も少なくないはず。

そこで今回は、就活の面接で聞かれるであろう、長所と志望動機に関する質問について、その答え方に必要な考え方を伝授していきましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

就活の面接対策!自己PR・長所の回答例

就活の面接で一番聞かれる基本的な質問は、

「長所を教えてください」

「自己PRをお願いします」

といった就活生の良い点を聞き出す質問です。

いわゆる、就活生に長所を話してもらう、自己PRですね。

この手の質問は、自分の良い点を相手に伝えられるチャンスです。

よほど後ろ向きな人でなければ、誰でも答えられるかと思います。

そのため、ついつい何の対策も立てずに挑んだり、色々な長所をダラダラと長時間かけて話したりしてしまいがちです。

しかし、少し考えてみてください。

何千人もの就活生が一つの企業を受ける中、果たして、長所を言えない人がどれだけいると思いますか?

面接官は、

『その人の長所が、仕事適正につながっているのか?』

『就活生が、自己分析をできているのか?』

という、入社後のことを想定して、自己PRを求めてくるのです。

そこで、面接官に自分の長所を最大限伝えるためには、

自分の体験談やこれまでの経験を交えて話す

話に説得力を持たせることが大切です。

これが、長所を紹介するための自己PRのコツになります。

例えば、

体育会系の部活に入っていた

個人競技で実績を残した

失敗をしながらも、粘り強く努力した結果だった

負けず嫌いで、諦めず上を目指すことができる人間である

といった具合に考えれば、

「私は最後まで諦めない、負けず嫌いなところが長所です。」

「体育会系の部活に所属しており、日々の努力により何度も壁を乗り越え、個人競技で優勝しました。」

と話すことができます。

ただ、今の例だと、失敗談が入ってしまっており、

「印象が悪いのでは?」

と感じた方も多いかと思います。

しかし、

  • 努力家
  • 負けず嫌い

といった長所をアピールするためには、失敗や挫折を乗り越えるというのは、必要な要素です。

失敗したものの、それに負けず、努力をして最後には実績を収めたという、説得力のあるエピソードになります。

具体的な失敗談を織り交ぜれば、

  • ダメだった部分をどのくらい改善できたのか?
  • 克服するための努力がとてつもないものだった

というアピールに繋がるのです。

このように、自己PRの内容によっては、

失敗談も織り交ぜる

ことは大切です。

決してポジティブなことばかりを語れば良いわけではないのです。

ちなみに、面接で自分の長所をたくさん話そうとするのは

逆効果

です。

また、端的にまとめられず、経験談をダラダラと語ってしまうのも、

「この人は話を要約できない人なんだな」

と、マイナスイメージに繋がってしまいます。

そのため、自身の長所を語る自己PRの質問では、

  • 経験談を織り交ぜて説得力を上げる
  • 失敗談を語るのもアピールには大切な要素となる
  • ダラダラと長くならず、端的にまとめる

この3つが、大切なポイントになります。

 

就活の面接対策!志望動機の回答例

誇らしげなサラリーマン

就活における面接で、もう一つ聞かれやすい質問があります。

それが、

「志望動機を教えてください」

「弊社に入社してからどのような仕事がしたいですか?」

といった、入社を希望する動機についての質問です。

志望動機というのは、面接対策をする際、誰もが最初に押さえておこうと考える質問ですよね。

ただ、それだけメジャーな質問であるにもかかわらず、

「どうしたらいいんだろう?」

と、迷ってしまう人がいるというのは、それだけ、志望動機が難しい質問である証拠でもあります。

自分のやりたい仕事や業界であるならまだしも、そこまで強く志望していない企業を相手にしている場合に、

「大手だからです!」

「お金が稼ぎたいんです!」

なんて、口が裂けても言えません。

結論から言ってしまうと、実は、志望動機の質問も、自己PRと同じです。

就活生のことを聞いているというよりは、

志望企業や業界を、どれくらい詳しく認識しているか?

ということを、面接官は聞いているのです。

つまり、志望動機自体は、正直なところ、どうでもいいのです。

ここはいったん視点を変えて、

選考を受ける企業

について調べ直してみましょう。

どんな企業であっても、同業他社との差別化を図るため、

独自の戦略や特徴を持ち合わせている

はずです。

とにかく、そういった

志望先の企業しか持っていない良い点

を挙げて、その情報を、志望動機に盛り込みます。

簡単な例であれば

  • 海外展開を積極的におこなっており、自分も海外で活躍したかったから
  • 研究開発に多くの投資をしているので、そんな環境下で新しいものづくりに携わりたい
  • 他社にはない視点で商品企画をおこなっており、自分もアイデアマンとして活躍したい

といった志望動機ですね。

志望動機と聞くと、どうしても、

自分がしたいこと

という自分中心の意見を考えてしまいがちです。

しかし、企業が知りたいのは、

「どうしてウチじゃないと駄目なの?他でもいいよね?」

「どうしてウチに入りたいの?」

という点です。

志望動機を聞くというのは、ある意味、志望先の会社の認識度を試そうとしているわけですね。

そのため、

志望動機は論理的に述べる必要がある

ということを、覚えておきましょう。

 

まとめ

就活の面接における自身の長所と志望動機という2つの質問について、その答え方を紹介しました。

よく言われていることではありますが、いずれの質問であっても、

面接を受ける前の自己分析と企業研究

は、最も強力な武器となります。

当記事を参考にしていただき、誰にも負けない長所と志望動機をアピールしてみてください。

みなさんの就活が成功することを祈っていますね!

就活の記事はコチラも良く読まれています!

就活の面接で印象の良いマナーを3点チェック!お礼メールは必要?

就活でイケメンはデメリット?面接で印象が悪い理由と対策を紹介!

就活の面接対策!質問と逆質問のおすすめ回答例を4点紹介!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-雑学