星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

戦う書店ガールの視聴率が悪い理由は渡辺麻友が原因?感想と考察!

更新日:

AKB48のエースである渡辺麻友さんが主演を務めたドラマ『戦う書店ガール』。

このドラマの視聴率が予想を大きく裏切り、2話の6.4%から上昇できず、3話以降は一気に急降下を見せ、最終的に平均視聴率4.78%で終えてしまいました。

『戦う書店ガール』の開始前までは、まさかそんなことになるとは夢にも思っていなかったでしょう。

一体、この『戦う書店ガール』視聴率低迷の理由はどこにあるのでしょうか?

そこで本記事で、『戦う書店ガール』視聴率低迷の理由・原因を改めて探っていきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

『戦う書店ガール』が視聴率5%を切る最悪の事態に!

戦う書店ガール

筆者としては、そこそこの視聴率を取れるだろうと、ドラマ『戦う書店ガール』が奮闘していくだろうと予想していました。

しかし、蓋を開けてみれば、

想像を絶する大不況

まさかの

平均視聴率5%

を切るくらいまで落ち込んでしまっていたのです。

一部では、

「打ち切りになるのでは?」

という声も聞こえてくるほどなのです…。

追記

ドラマ放送中は5月中での打ち切り説も囁かれた『戦う書店ガール』。

『打ち切り』と言っても10話から1話削減した9話で完結しました。

一応一部では、はじめから9話の予定だったとも言われています。

もともと何話を予定していたのか、あやふやな部分があるために、本当に打ち切りになったかどうかは微妙です。

とはいえ、決して視聴率が回復していたかというと、そういうわけでもありません。

第5話で5%まで盛り返したものの、すぐさま視聴率は3%台まで急降下…

そして、最終回(第9話)で、4.7%と若干盛り返してフィニッシュ。

『戦う書店ガール』が、視聴率的に人気があった作品とは言いがたかったのも事実でしょう。

筆者個人としては、書店の裏側を見ることができて面白いドラマ作品だったのですが、このような視聴率の結果が出てしまったことは残念と思う次第です。

 

『戦う書店ガール』の視聴率が悪い理由原因は渡辺麻友?

渡辺麻友

渡辺麻友

ドラマ『戦う書店ガール』は、渡辺麻友・稲森いずみのW主演ドラマとして放送しましたが、期待に反して視聴率が悪かったのです。

視聴率の期待値としては、おそらく8%~9%が良いところでしょう。

それが、3話放送で4.6%となるとは、夢にも思っていない驚愕の視聴率です。

一部では

『渡辺麻友の演技力に視聴率が悪い原因がある』

と言うのです。

確かに、ドラマ視聴率の浮き沈みは、主演女優が原因とはよく言われる話です。

主演を務める以上は、その覚悟がなくては務まらないでしょう。

実際のところ、渡辺麻友さんの整形モンスター発言も影響して、風当たりの強い部分もあり、視聴者やファンの反応・評価を見ると、

「国民的アイドルといってもソロだとこんなもんだ」

「有村架純や本田翼のほうがマシ」

というような厳しい意見がとても多いようです。

ひどい意見の中には、

「もう、(渡辺麻友さんに)ドラマの仕事は来ないだろう」

という意見まで…

アイドルとして、もてはやすときは、大絶賛するようにもてはやし、逆に酷評するときは極端に酷評される傾向にあるようです。

視聴者の反応や評価は、よくも悪くもストレートに反映されるものだということが、改めてよくわかったような気がします。

では、実際に渡辺麻友さんに視聴率が悪い全ての原因があるのかというと、そうではないでしょう。

たしかに渡辺麻友さんの演技力への評価そのものは、お世辞にも決して良いとは言えません。

『戦う書店ガール』の主演が渡辺麻友さんではなくて、新進気鋭の若手女優などであれば、ここまで悪い視聴率の結果にはならなかったかもしれません。

それでも視聴率が8~9%になっていたかと言えば、単純にそうはなりません。

他にも明確な理由があるからこそ、この視聴率の結果なのだと思うのです。

追記

渡辺麻友さん自身、

『思い返してみても自分の未熟さを痛感するばかり…』

と、Twitterに投稿していることからも、自身の演技力で視聴率を向上させることができなかったことは、紛れもない事実と見ていいでしょう。

しかしドラマの最終話で、渡辺麻友さんが演じる

北村亜紀の結婚式が突然描かれる

など、畳み掛けるような唐突なシーンが連発。

視聴者が置き去りにされてしまったことも『戦う書店ガール』の評判が悪い原因です。

 

渡辺麻友さんの女優としてのポテンシャルについては、後のSPドラマ『大奥 第一部〜最凶の女〜』で高く評価されています。

彼女自身『戦う書店ガール』のリベンジを誓っていたところもあったのだと思います。

そして、それ以上に渡辺麻友さんが純粋に女優として評価されたことも大きかったですね。

これをきっかけに渡辺麻友さんが主演を演じる連続ドラマの可能性も再び出てきました。

アイドルとしてではなく、渡辺麻友さんが女優として大きく羽ばたいていく姿が見られることを期待しています!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

渡辺麻友以外で『戦う書店ガール』の視聴率が悪い理由

渡辺麻友

ドラマ『戦う書店ガール』視聴率の低迷の理由は、渡辺麻友にある。

この噂は、ネットで話題となり、渡辺麻友さんに対する酷評まで飛び交い、目を疑いたくなるような話が展開されてしまっています。

熟練の女優と比較すれば、渡辺麻友さんの役者としての経験不足は否めません。

そのことが演技に出てしまっていることは確かです。

しかし、そのことだけが、この視聴率が悪い理由・原因とは思えず、いろいろ検証してみた結果、『戦う書店ガール』の視聴率が悪い理由・原因は別にあると結論づけました。

それは、おそらくドラマ視聴者は、

アイドルが役者をすることに抵抗があるのではないか?

という結論です。

もちろんアイドル自体が嫌いということではなく、

『アイドルが出演する"賑やかし的なドラマ"は、見たくない』

のではないかと思うのです。

男性アイドルとして絶大な人気があるキスマイ玉森裕太さん主演のドラマ『信長のシェフ(第2シリーズ)』も視聴率が悪いです。

SMAP中居正広さん主演の『婚カツ!』も、月9ドラマにも関わらず10.49%を記録。

そして、大島優子さん主演ドラマ『ヤメゴク』も、視聴率としては非常に低迷しています。

アイドルが主演となるドラマの多くは、視聴率が伸び悩んでしまう傾向にあるのは、ほぼ間違いないと言っていいでしょう。

だから、ドラマ『戦う書店ガール』も渡辺麻友に原因がある、という声が聞かれるわけです。

まぁドラマを楽しみたい視聴者にしてみれば、アイドルが賑やかしで主演を務めるのは、やめて欲しいと思うのも分かります。

近年のドラマは、マンガや小説を原作に用いているドラマが多くあります。

本格的な演技力を持つ役者が演じないと原作のイメージが損なわれると、毛嫌いしてしまう原作ファンもまた多いようです。

そのためアイドルが、ドラマの主演を務めることは、『おかしい』と考えてしまう傾向があるのです。

つまり、『戦う書店ガール』の視聴率が悪い本当の理由・原因は、『渡辺麻友にある』というよりも、

『アイドルがドラマの主演を務めるということ』

にあった。

多くの視聴者たちの意見を見てきた結果、この結論に辿り着きました。

もちろん、あくまで筆者の推論でしかありません。

他にも視聴率が悪い理由や原因があるのかもしれませんが、これまでの傾向を見ていくと、辻褄が合うと感じられます。

『原作のイメージを壊さないで欲しい!』

『アイドルよりも女優として期待のできる若手を起用して欲しい!』

純粋な原作ファンの気持ちが聞こえてきそうな気がしますし、その気持ちも分かります。

ただ一方で、女優志望のアイドルが、数多くいるのも事実です。

元AKB48の前田敦子さんや大島優子さんなどの卒業メンバーや、渡辺麻友などの現メンバー達も女優を目指しています。

もし、アイドルと言うイメージが定着しすぎて、女優として阻害される原因になってしまうというのであれば、今後アイドルからの女優を目指す人がいなくなってしまうでしょう。

なかなかアイドルというイメージを切り離すことは、難しいかもしれませんが、一人の女優として見てあげて欲しい…

そして、一人の女優として、純粋に評価してあげてほしいところです。

もちろん、アイドルたちの演技力は経験値も低く、どうにも見るに耐え難い人も中にはいます。

しかし、真剣に役者として頑張った結果、素晴らしい役者に成長した人もいます。

例えば、SMAPの木村拓哉さんがその一人ですね。

木村拓哉さんは、『あすなろ白書』の頃は、

『ただかわいらしいアイドルがドラマに出ていた…それも脇役として…』

というイメージでしたが、いまや役者として木村拓哉さんは大きく飛躍し、素晴らしい人気を誇る役者になりました。

渡辺麻友さんも、将来はそのようになる可能性を秘めています。

決して将来女優として大成しないと決まったわけではありません。

今回の『戦う書店ガール』というドラマで、渡辺麻友さんは、何でもハキハキと物事をさばく、北村亜希というキャラクターをしっかり演じています。

ドラマの初主演としては、まずまずの演技力を見せているでしょう。

それだけに女優:渡辺麻友としての、これからを期待したいものですね。

追記

渡辺麻友さんがアイドルだからこそ、ドラマ『戦う書店ガール』の視聴率や評判が悪かった、という意見は確かに多いように見られました。

しかし、決してそれだけが理由・原因というわけではなく、第3話あたりからの脚本の設定も視聴者を置き去りにしてしまった印象が見受けられました。

これは、熱烈なAKB48ファンとしても有名な、漫画家・小林よしのりさんがコメントしていたことです。

当初は、彼自身、

『本への愛情が炸裂した。そして感動的なエピソードも盛り込んだ素晴らしいドラマじゃないか!』

と絶賛していました。

それにも関わらず、『戦う書店ガール』のストーリーが進むにつれて

『幼稚過ぎる』

と一刀両断されてしまうのです。

なぜこのような話に至ったのかというと、『戦う書店ガール』のドラマストーリーの中で、

『恋愛』

の部分があまりに大きく描かれてしまったのです。

『本への愛情』

がどこか置き去りにされてしまったのです。

20代の書店員と40代の書店員の世代間ギャップ、それぞれの思いの中で張り巡らされた本への愛情。

そして、書店員としての奮闘。

それらが希薄になってしまった…

おそらく、小林さんもそのことを感じ取り、

『誰が主演を務めても成立するドラマ』

とドラマの幼稚さを一刀両断されたのでしょう。

これが視聴者の純粋な評価だったのでは?と筆者も考えています。

普段、書店に行って書籍を購入する立場にいる私達には、書店員たちの本を愛する姿勢や、書店員としての奮闘ぶりは全く想像すらつかない裏舞台です。

そういった部分が原作『書店ガール』でも描かれています。

この作品は、それが醍醐味として人気作品として評価を受けていたわけですが、いざドラマ化されると話が変わってしまったのです。

筆者個人としては、普段見られなかった舞台裏が見られて面白かったという感想を持ってはいますが、恋愛要素が強く描かれすぎたという印象も確かにありました。

視聴率が悪かったことで、ドンドンおかしな方向に進んでいったのかもしれませんね。

最終回では、渡辺麻友さんが演じる北村亜紀の突然の結婚シーン。

さらには亜紀の勤める書店『ペガサス書房 吉祥寺店』が売上低迷で閉店になってしまうも、書店員全員がライバル企業の男性社員がサラッと現れて、全員雇用するという超展開まで見られています。

普通に考えれば、閉店に追われ、書店員がそれぞれ別の道を歩んでいくというのが一般的でしょう。

仕事の心配無用といった展開でしたので、視聴者としては、違和感を感じてもおかしくかも…。

『ラストに向けていきなりハッピーエンドで終わらせてしまおう』

というやっつけ感を感じた視聴者も少なくなく、そのことも視聴率に大きく影響していたようです。

こういったいろんな理由や原因があったために、『戦う書店ガール』は視聴率が悪く、そして評価が低かったのだと思います。

 

まとめ

ドラマ『戦う書店ガール』が、平均視聴率4.78%という低視聴率で幕を閉じました。

その原因が、

『主演を務める渡辺麻友にある』

と、渡辺麻友さんを批判する人も少なくありません。

しかし、視聴率の不調の理由・原因を調べてみると、決して渡辺麻友さんだけが原因ではありません。

アイドルに対するアンチの見方や、脚本のまずさによる視聴者の置き去り感など。

いろんな原因が張り巡らされ、この視聴率の悪さになったものと思われます。

なかなかアイドルからの脱却は難しいかもしれません。

その難題を、渡辺麻友さんは後に主演するドラマ『大奥 第一部〜最凶の女〜』で好演することで魅せてくれました。

今後、女優として大きく羽ばたいていく渡辺麻友さんの演技を楽しみにしたいと思う次第です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ドラマ

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.