星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

丸山泰資(中日)の出身高校や身長を紹介!大学時代に完全試合の実績

更新日:

中日ファンの筆者の中として、2017年のドラフト加入ルーキーの一人で気になっている投手がいます。

それは、東海大からドラフト6位で加入した丸山泰資(まるやまたいすけ)投手。

もちろん、ドラフト1位の柳裕也投手も気になってはいるのですが、丸山泰資投手は、愛知出身の地元選手です。

それだけに、ドラフト5位の藤嶋健人投手同様、気にならずにはいられない存在なのです。

実は、この丸山泰資投手、大学時代には、

東海大史上2人目となる完全試合

も達成しているのだとか。

そこで本記事では、中日ドラゴンズにドラフト6位で指名された丸山泰資投手について、出身高校やプロフィールなどを紹介していきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

丸山泰資の身長や出身高校など経歴プロフィール

それでは、丸山泰資投手の経歴プロフィールを簡単に紹介します。

丸山泰資のプロフィール

生年月日:1995年2月5日

出身:愛知県常滑市

身長:176cm

体重:75kg

ポジション:投手

年俸:720万円

右投右打

経歴:東邦高校→東海大→中日ドラゴンズ(2016年ドラフト6位)

丸山泰資投手は、愛知県常滑市出身で、中日ドラゴンズにとっての地元選手です。

最速151キロのストレートを中心に、スライダーやカーブ、フォークを織り交ぜたピッチングが特徴。

今でこそ投手ですが、丸山泰資投手はもともとは外野手だったらしく、常滑市の鬼崎中学校時代は、リトルリーグで外野手としてプレーしていました。

その後、高校に入ると投手へ転向。

エースとして活躍し、東邦高校を、愛知県大会優勝へ導きました。

しかし、3年生の夏の甲子園・愛知大会では、同じく地元選手であり、2012年のドラフト2位で中日に入団した浜田達郎投手率いる愛工大名電に敗北。

甲子園という夢を果たせずに、丸山泰資投手の高校生活は幕を閉じたのです。

その後、丸山泰資投手は東海大へ進学。

2年生の頃には3勝を挙げ、東海大の全勝優勝に貢献

しました。

また、先発に転向した3年生の春には、ベストナインを受賞!

この3年生の時に、後述の

完全試合

を達成するのです。

この完全試合後、少しずつ注目されるようになった丸山泰資投手は、2016年のドラフト上位候補とも言われていました。

しかし、4年生という大事な時期に、

丸山泰資投手は肩を怪我!

これによって投球フォームが不安定に…。

結果、評価を落とすこととなってしまい、中日がドラフト下位となる6位で指名することで、丸山泰資投手は、プロ野球選手への道を進むこととなったのです。

ただ中日は、丸山泰資投手を6位指名という下位での指名にはしたものの、東邦高校時代から追いかけ続け、

「丸山が6位まで残っていたのは大きかった」

と評価しています。

また、2016年のドラフトでは、5位で東邦高校の後輩・藤嶋健人投手も入団しています。

丸山泰資投手と藤嶋健人投手の東邦出身ルーキーコンビで、2017年の中日ドラゴンズを盛り上げてほしいですね!

 

丸山泰資の完全試合

丸山泰資投手が、野球ファンの間で有名となったのは、2015年5月3日の日体大戦のことではないでしょうか?

丸山泰資投手はなんと、この試合で、

完全試合

という偉業を達成しました。

東海大学では、上田次朗(元阪神)投手以来、46年ぶり2人目の快挙ということで、各スポーツ新聞のネットニュースでも、大きく取り上げられました。

完全試合とは、エラーなども含めて、相手に一つも塁に歩かせることなく、27人のバッターを全てアウトにすることです。

四球やエラーなどでランナーを出してしまった場合は、ノーヒットノーランとなってしまいます。

これを聞けば、完全試合がいかに難しいことか、おわかりいただけるでしょう。

完全試合の難しさは、プロであろうと高校・大学であろうと同じであり、それを達成したのはとても素晴らしい偉業です。

ちなみに、プロ野球での完全試合は、

たった15回

しかありません。

完全試合を達成するというのは、ある意味、年俸数億円のプレーヤーになることよりも難しいのではないかと思います。

丸山泰資投手の所属する中日では、2007年の日本シリーズに、

山井大介投手→岩瀬仁紀投手

の完全試合リレーがありました。

あの試合は、中日ファンにとっては忘れられないものとなっているはずです。

この時は、落合監督(当時)の采配が話題となりましたが、筆者としては、この継投は仕方なかったと思っています。

なぜなら、この試合、山井投手は4回の時点で指のマメがつぶれており、出血しながらも投球をしていたそうなので、肉体的な限界が近かったことが伺えます。

実際、山井投手のほうから、降板を申し出たという話ですからね。

 

少し話が脱線してしまいました。

それはさておき、丸山泰資投手の完全試合達成後のインタビューによると、どうやら丸山泰資投手は、7回ごろから完全試合を意識し始め、9回にはかなり緊張していたそうです。

また、『バック(守備)にも助けられた』と丸山泰資投手は言っていました。

これは本当のことで、守っている野手も、よく最後まで守りきりましたよね。

エラーで完全試合が消えてしまう、ということもあったりするため、完全試合ムードだと、投手のみならず、守っている野手も、プレッシャーが半端なかったことでしょう。

エラーをしてしまったら、その時点で終わりです…。

まぁ中には、中日のレジェンド・山本昌さんのノーヒットノーランのように、

エラーでなければ内野安打となっていた

というような、記録としてはエラーになって助かった、というケースも…。

丸山泰資投手の場合は、エラーが足を引っ張ってしまうケースなので、野手としてはヒヤヒヤものです。

このように完全試合の達成は、投手だけで達成する記録だと思われがちですが、実際は、守っている野手も、褒めたたえられるべきなのです。

 

まとめ

2016年に、中日にドラフト6位指名されて入団した丸山泰資投手について紹介しました。

丸山泰資投手といえば、東海大時代の完全試合が有名です。

しかし、それだけではなく、丸山泰資投手は愛知県常滑市出身、東邦高校卒ということもあり、地元選手として、中日ファンから注目されています。

筆者も、丸山泰資投手には注目しています。

将来は、先発ローテーションを1年守れる投手として、活躍してほしいですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-プロ野球

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.