星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

丸山泰資(中日)の出身高校や身長を紹介!大学時代に完全試合の実績

更新日:


中日ファンの筆者の中として、2017年のドラフト加入ルーキーの一人で気になっている投手がいます。

それは、東海大からドラフト6位で加入した丸山泰資(まるやまたいすけ)投手。

もちろん、ドラフト1位の柳裕也投手も気になってはいるのですが、丸山泰資投手は、愛知出身の地元選手です。

それだけに、ドラフト5位の藤嶋健人投手同様、気にならずにはいられない存在なのです。

実は、この丸山泰資投手、大学時代には、

東海大史上2人目となる完全試合

も達成しているのだとか。

そこで本記事では、中日ドラゴンズにドラフト6位で指名された丸山泰資投手について、出身高校やプロフィールなどを紹介していきます!

スポンサーリンク

丸山泰資の身長や出身高校など経歴プロフィール

それでは、丸山泰資投手の経歴プロフィールを簡単に紹介します。

丸山泰資のプロフィール

生年月日:1995年2月5日

出身:愛知県常滑市

身長:176cm

体重:75kg

ポジション:投手

年俸:720万円

右投右打

経歴:東邦高校→東海大→中日ドラゴンズ(2016年ドラフト6位)

丸山泰資投手は、愛知県常滑市出身で、中日ドラゴンズにとっての地元選手です。

最速151キロのストレートを中心に、スライダーやカーブ、フォークを織り交ぜたピッチングが特徴。

今でこそ投手ですが、丸山泰資投手はもともとは外野手だったらしく、常滑市の鬼崎中学校時代は、リトルリーグで外野手としてプレーしていました。

その後、高校に入ると投手へ転向。

エースとして活躍し、東邦高校を、愛知県大会優勝へ導きました。

しかし、3年生の夏の甲子園・愛知大会では、同じく地元選手であり、2012年のドラフト2位で中日に入団した浜田達郎投手率いる愛工大名電に敗北。


次のページへ >

-プロ野球

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.