星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

ビリギャル本人の小林さやかの現在とお嬢様高校に通っていた真実

更新日:

小学校4年生程度の学力しかない女子高生が、一気に偏差値を40も上げて慶應大学の受験に合格した!

という実話を元にした映画『ビリギャル』。

一種の感動エピソードとしても大きな話題になりましたね。

しかし、実はこの話に衝撃の事実が隠されていたことを、みなさんご存じですか?

どこか感動系の世界観をぶち壊すような話ですが、この映画『ビリギャル』のモデルとなった、本人の小林さやかさんの学年ビリは、本当の意味でのビリではなかったというのです。

まさに

「え?嘘だったの?」

という衝撃的な事実が、『ビリギャル』の原作となった著書の中でも記載されているそうです。

当記事では、これが一体どういうことなのか、『ビリギャル』本人の小林さやかさんの現在を追いかけながらその真実を探ります!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

多くの人に感動と希望を与えたビリギャルの奇跡

有村架純が金髪ギャルに大変身を遂げた!

有村架純

あの清純派女優から衝撃的な姿に変身した!と驚かれたファンもたくさんいたことでしょう。

もちろんこれは、映画『ビリギャル』のヒロインを演じるための大変身です。

これには有村架純さん本人も、そういう経験はないらしく戸惑った部分もあったとか…

さて、気になる映画『ビリギャル』で描かれたストーリーについてです。

これはある女子高生の奇跡の物語を描いたストーリーとなっています。

映画の原作は、

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』

という本。

この中で描かれた"ある女子高生"の物語は、

実話

と言われています。

この本の著者は、個別指導の学習塾・坪田塾の塾長であり、塾講師でもある坪田信貴先生。

彼は、心理学を組み合わせた指導法で、塾生たちの偏差値を短期間で上げることに成功させた講師として有名な人だそうです。

その坪田先生が、

金髪で全く勉強のできない女子高生の偏差値を1年間で40も上げて慶応大学への受験を合格させた

という奇跡を描いたストーリー。

誰しも諦めず頑張り通すことができれば、夢を実現させることができる!と勇気づけてくれる素晴らしい映画というわけです。

金髪かどうかは別にして、常識的に考えて、小学校4年生程度の学力の人を1年で慶應大学に合格させるなんて、途方もない夢物語でしょう。

実現なんて不可能に近いと考えてしまいますよね。

本当にこの『ビリギャル』のストーリーは、奇跡としか言いようがなく、それを実際にやってのけたからこそ、

『多くの人達に感動を与えたビリギャルの奇跡』

としてスクリーンに映し出される結果となったのです。

もし挫折を繰り返し、人生に少し疲れたという方は、ビリギャルの奮闘劇を見るために映画を観てみても良いかもしれませんね。

きっともう一度、あなた自身の夢に向って頑張ろう!って気になれるのではないでしょうか。

追記情報

映画『ビリギャル』で主演を務めた有村架純さんが、映画の舞台挨拶の中で、こんなコメントをされていました。

(オファーを受けて…)まさか自分がやるとは思わなくて…。

台本を読んだらこんな魅力的な女性が残っているのかと感じた

彼女自身、清純派女優として通ってきた部分があっただけに、『ビリギャル』制作サイド以外、誰も想像もしなかったキャスティングでしょうね。

ただ、有村架純さんにオファーするくらい、『ビリギャル』のモデルとなった小林さやかさんが魅力的な女性であったことは事実のようです。

だからこそ、勉強ができなかった女子高生が慶応大学に入学したという話だけではなく、人間味溢れる魅力的な一面も見られ、映画化までされるほど話題になったのだと思います。

人によっては、"ギャル"というだけで嫌悪感を露わにする方もいるかと思います。

しかしそれは外見的なものでしかありません。

考えていることや、価値観は、私達と大きくは変わらないのだと、この『ビリギャル』という作品を通じて感じた次第です。

 

『ビリギャル』の奇跡は嘘?その真相とは

小学校4年生の学力しかないところから慶応大学入学までのサクセスストーリーを描いた映画『ビリギャル』。

『ビリギャル』の原作で、モデルとなった女子高生の小林さやかさんの大学受験から現役合格までの奇跡が綴られているわけですが、実は、その奇跡にある疑いが浮かんでいるのです。

これは原作の中でも書かれていることなので、ネタバレしても大丈夫だと思いますが、モデルとなった小林さやかさんは、

名古屋のお嬢様学校出身

なんです。

名古屋のお嬢様学校といえば、

  • 金城学院
  • 愛知淑徳学園
  • 椙山女学園

のいずれかとなるでしょう。

どの学校も中学受験をパスし、高校はエスカレーターで進学します。

中学受験を合格した頃は、とても小学校4年生の学力ではなかったのではないかと思います。

そもそも中学受験に必要な偏差値が

60

と言われていました。

中学入学とともに学力が低下していき、大学受験を考えた時には小学校4年生程度の学力になった、という可能性もなくはないです。

しかし、少なくとも

偏差値の低い学校でのビリではなかった

ことだけは事実です。

この話を知った時、本当に驚きました。

なぜなら、学力の低い学校のビリギャルが慶応大学に合格したと思い込んでいたわけですから。

あくまで、小林さやかさんは、

私立のお嬢様学校でのビリギャルでしかなかった

ということになります。

さらに言えば、

本当に小学校4年生程度の学力だったかどうかも疑わしい

というのです。

そして、ビリギャルを根底から覆す衝撃の事実はまだ続きます。

 

みなさんは、『ビリギャル』の原作書籍の表紙に掲載されている『金髪ギャル』のイメージもあるでしょう。

しかし表紙のモデルとなった方は、金髪でも何でもなかったというのです。

この女性は、ファッション誌『JELLY』などで活躍する

石川恋

というモデルであったことが判明しています。

ビリギャルの石川恋

ビリギャルの石川恋

小林さやかさんとは、完全に全くの別人です。

とくに金髪にしていたという事実もなく、素行もそれほど荒れてはいなかったというのです。

 

これらは一部の情報を元にした話ではあるので、どこまでが本当かは定かではないです。

しかし、小林さやかさんが名古屋のお嬢様学校に進学していたことが事実として書かれているだけに、

そこに通っている小林さやかさんが金髪にしようものなら退学

ということもありえたでしょう。

小林さやかさんは、きちんと高校を卒業されているわけですから、

『実は金髪になってはいなかったのではないか?』

という見方をされてしまっています。

追記

ちなみに、『ビリギャル』の原作表紙モデルとなった石川恋さんですが、彼女自身、この話を全く知らず、ただ表紙モデルの仕事としてオファーを受けていたことが判明しました。

何かしら関わりがあって表紙モデルをオファーしたのかと思っていたのですが、そのような事実は全くありません。

また、一部では人気もあったのだとは思いますが、当時それほど有名ではなかった石川恋さんが、この表紙をきっかけに一気にブレイク。

現在ではグラビアはもちろん、ドラマ・映画にも出演するようになり、女優として活躍しています。

たとえば、ドラマ『東京タラレバ娘』では、主人公の一人である鎌田倫子(役:吉高由里子さん)を慕うAD・芝田マミ役で出演しています。

大きな役ではないものの、随所に登場しているみたいですし、無名の頃を考えたら大ブレイクと言えるでしょう。

さらに、ゲスト出演という形でありながらも、石川恋さんはバラエティ番組に出演する機会にも恵まれています。

このように、モデル業を軸に、女優・タレントとしても大きく飛躍されるようになりました。

あくまで『ビリギャル』の原作本は、モデルとなる小林さやかさんの大きな転機を綴っている一冊となっているわけですが、決してそれだけにとどまらず、そこに関わる色んな人達の転機にもつながる

奇跡の一冊

と言えそうですね。

 

『ビリギャル』モデルの小林さやかの現在は?

小林さやか

映画『ビリギャル』のモデルとなった本人の小林さやかさんは、慶応大学を卒業後、サービス業を志望。

多くの女性が憧れを抱く結婚式を演出する

ウェディングプランナー

として活躍されているそうです。

さらに、小林さやかさんは慶応大学卒業後に彼氏と結婚。

その結婚式の演出として、小林さやかさんの大ファンであるSMAP香取慎吾さんが、『慎吾ママ』に変身し、サプライズ登場する演出もあったようです。

さすがに、この演出は小林さやかさんが手がけたものではなく、友人が香取慎吾さんMCのバラエティ番組『おじゃマップ』に依頼。

27時間テレビスペシャル企画として実現されたものみたいですね。

追記

映画『ビリギャル』が公開されたのが2015年5月。

そして、この映画の原作本が発売されたのが、2013年12月…

現在の小林さやかさんは、ウェディングプランナーとして、さらには自身も結婚するほど、公私共に順風満帆な生活ぶりを見せています。

さらには、

子供

もいるのでは?という噂もちらほら…

ただ残念ながら、そこまでの話はまだなく、あくまで噂として囁かれているみたいですね。

もちろん、周囲の人たちは、彼女の子供が生まれることを楽しみにされていることと思いますが…

 

まとめ

映画『ビリギャル』の題材になった本人の小林さやかさん。

お嬢様学校の出身ということで、本当の意味でのビリギャルという話は、フィクションの可能性が非常に高いと噂されています。

もちろん、全て嘘と言うわけではありません。

ただ、原作本の表紙モデルは石川恋さんであり、彼女自身は、ビリギャルとは全くの無関係です。

そのことを考えると、多少脚色した部分はあるのかもしれません。

ただ、小林さやかさん自身、厳しい受験戦争を乗り越え、慶応大学に合格し、現在の仕事としてウェディングプランナーになりました。

さらには素敵な男性と結婚して、公私共に充実させているのは事実です。

そんな小林さやかさんの人生は、多くの人達に夢を与えてくれることに違いありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-映画

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.