星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

窪塚洋介出演の沈黙(映画)のストーリーとキャストをチェック!

更新日

「ホント、今俺スタートラインにも立ってないから…」

俳優の窪塚洋介さんが、あるインタビューで語ったフレーズ。

過去に引き起こされた自身の転落事故など、奇抜でマイナス部分が目立つイメージの窪塚洋介さんが、このような客観的で謙虚な姿勢をみせるのは驚きです。

窪塚洋介さんのファンや理解ある人からは、筋を通す立派な俳優という話も聞かれます…。

さて、窪塚洋介さんが、なんとハリウッド映画『沈黙』に出演するとあって、再び注目されています。

ここで気になるのは、映画『沈黙』のキャストや、ネタバレだと思います。

今回は、それらの情報を中心に紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

表舞台から姿を消しつつあった窪塚洋介!

窪塚洋介

窪塚洋介

俳優の窪塚洋介さんといえば、近年は、『卍ライン名義のDJ』『空水という名のPV監督』という形で、たまに活躍を耳にします。

正直な話、以前の数々のドラマ・映画で見かけた窪塚洋介さんが姿を見せなくなった印象です。

一時期、騒動を引き起こしたこともあっただけに、窪塚洋介さんは役者としての活動を控えていた部分もあったかもしれません。

『しばらく俳優としての窪塚洋介さんの姿を見かけない…』

そう思っているファンも少なくないと思います。

窪塚洋介さんは、姿を見えなくなった後も、たまには映画に出演されているみたいですが、どちらかと言えば、DJやPV監督としての仕事が忙しいようでした。

そして、さらに3年もの間、あるハリウッド映画のオーディションを受け続けていたとも言われています。

この3年間があったからこそ、窪塚洋介さんは、あまり役者として表舞台に立っていなかったのでしょうね。

追記

現在、窪塚洋介さんは、先程もお話したように、俳優・DJ・カメラマン及び監督業(主にPV撮影)と、それぞれの名義で立場を変えながら活動されています。

2007年には、所属していた事務所も辞めています。

事務所の後ろ盾も何もなく、すべて一人でこれだけのことをされているというのは、それだけの才能あふれる方である証拠なのかもしれません。

窪塚洋介さんの人生は波乱万丈です。

一見、異端児という風にも見られがちですが、才能あふれる人というのはエジソンにしろアインシュタインにしろ、奇抜で異端児という印象は拭えません。

そのことを考えれば、窪塚洋介さんも得てしてそういう運命だったと考えることもできるでしょう。

まだまだ窪塚洋介さんには平穏な人生は訪れず、紆余曲折な人生が待ち受けているのではないかと思います。

けれど、それに打ち勝てる強さを持っている方だと思いますので、思うままにドンドンやっていってほしいものですね。

 

窪塚洋介出演のハリウッド映画『沈黙』

さて、窪塚洋介さんが受け続けたハリウッド映画のオーディションについてです。

それは作家の遠藤周作著書『沈黙』を原作として、マーティン・スコセッシ監督が手がける映画作品らしく、現題は『Silence(沈黙)』。

マーティン・スコセッシ監督

マーティン・スコセッシ監督

映画『沈黙』の内容は、島原の乱が終結して間もなくの江戸時代初期。

なんとか長崎に潜入して、再びキリスト教布教に努めようとした若きポルトガル宣教師達。

彼らが窪塚洋介さん演じる案内役の

日本人:キチジロー

に騙され苦悩しながらも、神の存在やキリスト教信仰の本当の意味を知っていくストーリーです。

映画『沈黙』の中で、若きポルトガル人宣教師の一人が、長崎奉行所に追われる身となってしまい、やがて処刑されてしまいます。

そして、もう一人の宣教師であるロドリゴも、キチジローの裏切りによって、長崎奉行所に捕らわれてしまい、最終的に"踏み絵"まで踏まされてしまうのです。

いくらキリスト教弾圧のためとは言え、これ以上ない強烈な仕打ちに屈したロドリゴとしては、キチジローの裏切り行為を許すことはできません。

キチジローが、何度面会に来ても会おうとはしませんでした。

しかし、ロドリゴが、踏み絵を踏んだ後、再び面会に来たキチジローを通して、神の声が聞こえてくることになるのです。

「私は何も沈黙していたわけではない!共に苦しんでいたのだ。弱いものが強いものより苦しまなかったといえるのか」

もしかしたら、キチジローも世の中のキリスト教弾圧の勢いに押され、苦しみながらロドリゴを裏切っていたのかもしれない。

そのことがきっかけで、ロドリゴは本当の神の姿や信仰の意味を知っていくことになります。

これだけ聞くと、とても複雑な話にも見えます。

しかし、じっくり味わいながら観ていけば、すごく奥深く、歴史とともに文化の違い・宗教の違いによる争いの意味も見えてくるようなストーリーだと思います。

また、窪塚洋介さんが演じるキチジローも、彼がこれまでに演じてきた、裏切りや悪態を平気でつくようなヒールといえるキャラにも見えます。

まさに窪塚洋介さんが演じるにピッタリのキャラでしょう。

ぜひ窪塚イズム満載のキチジローの裏切りぶりを熱演してほしいものですね。

追記

窪塚洋介さん演じるキチジローの裏切りを、ロドリゴは神の声をきっかけに

『彼も苦しみながら裏切った』

と話しましたが、実はその裏側には、キチジローの裏切りについて、こんな説が囁かれています。

話によると、マーティン・スコセッシ監督や、原作者の遠藤周作さんは、この映画『沈黙』の中で、

自分の立場によって手のひらを返した態度を取る人間の弱さ

を描こうとしていたのではないかというのです。

確かに人間は非常に弱い生き物です。

戦争反対と言いながら、非国民と言われ迫害されていくことを恐れ、戦争に加担してしまう人がいれば、差別反対と言いながらも自分たちの立場を護るために何の罪もない人たちを差別しています。

イエスキリストの処刑に関しても、まさに人間の身勝手な行動が招いた結果だと言われています。

まさに、キチジローの行動は、私達弱い人間を象徴としているものだと言えるでしょう。

もちろん、映画『沈黙』を通じて、糾弾しようと考えているわけではないと思います。

人としての弱さに立ち向かう勇気の大切さ

を一つのメッセージとして伝えようとしていたのだとしたら、キチジローというキャラクターは、実に重要な役回りを持ったキャラクターでしょうね。

そういった裏に隠されたメッセージを汲み取りながら、映画『沈黙』を味わい深い作品として観てほしいものです。

単純に楽しい・面白いだけでなく、それを超えた味わい深さがある作品だと思いますね。

 

ハリウッド映画『沈黙』のキャストをチェック

窪塚洋介さん主演の映画『Silent(沈黙)』。

予告映像などもネットやテレビCMで公開され、多くの方から注目を受けました。

では、早速そのキャストを紹介していきます。

映画『沈黙』出演者キャスト

映画『沈黙』は、ハリウッド映画というだけあって、キャストも非常に豪華です。

アンドリュー・ガーフィールド(左)とリーアム・ニーソン(右)

アンドリュー・ガーフィールド(左)とリーアム・ニーソン(右)

『アメイジング・スパイダーマン』シリーズで、ピーター・パーカーとスパイダーマンを演じた

アンドリュー・ガーフィールド

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』で主役:クワイ=ガン・ジンを演じた

リーアム・ニーソン

が起用されています。

イッセー尾形(左)と浅野忠信(右)

イッセー尾形(左)と浅野忠信(右)

もちろん豪華キャストは彼らだけではありません。

いぶし銀の役者として有名な

イッセー尾形さん

幅広く多彩なドラマ・映画・舞台で活躍する

浅野忠信さん

2015年公開のスター・ウォーズシリーズ最新作『スター・ウォーズ:フォースの覚醒』に出演する

アダム・ドライバー

など、若手からベテランまで豪華絢爛です。

アダム・ドライバー

アダム・ドライバー

ここに、窪塚洋介さんがキチジロー役としてキャストに加わります。

ここまでにお話したように、キチジローは、 アンドリュー・ガーフィールドさん演じるロドリゴ神父と、 アダム・ドライバーさん演じるガルペ神父の長崎での案内人を務めます。

一方で、イッセー尾形さん演じる井上筑後守と裏で繋がり、二人を裏切っていく役どころです。

そして、その裏切りは先程お話したように人間の弱さを象徴とします。

一見、頼りない成年という印象ですが、実に重要なキャラクターを窪塚洋介さんが演じることになったのです。

窪塚洋介さんのような波乱万丈な人生を歩んできた人だからこそ、きっとキチジローというキャラクターを演じることができるのだとは強く考えています。

彼は、その期待に対して応えられる役者です。

果たして俳優・窪塚洋介が裏切り者であるキチジローをどのように演じていくのか…

その答えを、ぜひ一度目にしてくださいね。

追記

既に日本でも公開された映画『沈黙』の他のキャストも実に豪華です。

とりあえず、キャスト一覧をここにまとめておきます。

主要人物・メインキャラクター

『外国人キャラクター』

セバスチャン・ロドリゴ神父役:アンドリュー・ガーフィールド
フランシス・ガルペ神父役:アダム・ドライバー
クリストヴァン・フェレイラ神父:リーアム・ニーソン
ヴァリニャーノ院長役:キーラン・ハインズ

『日本人キャラクター』

通辞役:浅野忠信
キチジロー役:窪塚洋介
井上筑後守役:イッセー尾形
モキチ役:塚本晋也
モニカ役:小松菜奈
ジュアン役:加瀬亮
イチゾウ役:笈田ヨシ
Tomogi Wife役:美知枝
キチジローの母役:洞口依子
Old Goto Man 役:江藤漢斉

その他役名詳細不明

遠藤かおる
井川哲也
PANTA
松永拓野
播田美保
片桐はいり
山田将之
伊佐山ひろ子
三島ゆたか
竹嶋康成
石坂友里
佐藤玲
累央
藤原季節
菅田俊
寺井文孝
大島葉子
西岡秀記

以上が、ハリウッド映画『沈黙』のキャストとなっています。

公開したにもかかわらず、役名が判明していない人がいるのはおかしな話ですが、エキストラに近い配役として出演されているのだと思います。

その中には、片桐はいりさんや、大島葉子さんなど、名脇役の名も連なっているだけに、実に豪華なキャスト起用と言えるでしょう。

 

この映画『沈黙』は、2016年12月23日にアメリカで先行公開。

日本では遅れながら、2017年1月21日に公開されています。

なんと1991年からこの映画の構想はあったらしく、具体化し始めたのが2009年。

そして、撮影は2015年1月から行われていた作品とあって、関係者にとっては念願の映画と言えるでしょうね。

 

まとめ

俳優の窪塚洋介さnが、自身のTwitterで映画出演のことを公表し、大きな話題として注目されてきたハリウッド映画『Silent(沈黙)』。

撮影は、2015年1月から台湾で行われていたそうです。

長期に渡り、構想が練られてきた作品であることがひしひしと伝わってきます。

このハリウッド映画は、作家・遠藤周作先生の『沈黙』を原作として手がけられた映画作品です。

単純に原作をなぞっているだけでなく、その中で展開された味わい深さやメッセージ性も感じることができ、実に面白い作品と言えるでしょう。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-映画