星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

アニメ

冴えない彼女の育てかたのアニメ2期放送決定!キャラクター紹介!

更新日

富士見ファンタジア文庫の丸戸史郎氏が原作で、2015年1月に放送され人気を博した深夜アニメ『冴えない彼女の育てかた』通称『冴カノ』が待望のアニメ第2期を制作することが決定しました。

2015年3月にアニメの放送を終了し、5月になって、アニメ2期の発表というのは、本当に早い決定ですね。

これも『冴カノ』のあまりの人気に、テレビ局側もすぐにアニメ2期の企画に取り掛かったのかもしれません。

オリジナルとかではなく"続編の2期"となりますので第、アニメ1期を見ていた『冴カノ』ファンの方は喜びを隠せないでしょう。

まだ『冴えない彼女の育てかた』を知らない人、最近知った人などもいると思います。

そこで、当記事では、そんな『冴カノ』初心者さん達にも、この作品の様々な魅力や、面白さを伝えていきたいと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

『冴えない彼女も育てかた』のストーリーとは?

冴えない彼女の育て方

冴えない彼女の育てかた

この『冴えない彼女の育て方』というタイトルだけを見てしまうと、

「自分の冴えない恋人を少しずつ変えていくお話」

に見えるかもしれませんがそうではありません。

この『冴カノ』ストーリとしては、オタクの安芸倫也(あきともや)が、桜が舞い散る坂道である少女と運命的(だと倫也が思い込む)な出会いをします。

安芸倫也は、そこからインスピレーションを受け、なぜかその出会った少女をメインヒロインにしたギャルゲーを作ろうと思いつき、美術部のエースの「澤村・スペンサー・英梨々」と、学年トップの学力を持つ霞ヶ丘詩羽をスタッフに迎え入れようと邁進していきます。

そんなある日、運命的な出会いをした少女が、実は特に目立たないクラスメイトの「加藤恵」だったことに驚く安芸倫也。

しかし、それでも安芸倫也は、加藤恵を自身が作るギャルゲーの絶対的ヒロインにしようと決意します。

そこで、さらに様々な問題に直面していく…

というのが、アニメ1期のストーリーです。

 

『冴えない彼女の育てかた』のキャラクター!

安芸 倫也(あき ともや)

安芸倫也と松岡禎丞

安芸倫也と松岡禎丞

本作の主人公であり『Blessing software』の代表で、且つプロデューサー兼ディレクターを担当しています。

また、一部ではありますが、シナリオ・スクリプトも。

好きなアニメのBD(ブルーレイディスク)や、ゲームの為ならバイト(本作の学校ではバイトは許可を受ける必要があり、倫也は入学早々に担任教師とやり合う事態に)も厭わないほどの筋金入りのオタクです。

学力・運動能力は平均並。

学園祭ではアニメ上映会のために、毎日職員室に通い、教頭とやり合った結果、周囲から注目を浴びるようになり、校内でもトップ5に入るほどの有名人。

このように筋金入りのオタクではありますが、物怖じしない性格な為、オタク仲間以外のグループやメンバーにも自然と溶け込めるので、恵からは「コミュ能力が高いオタク」と称されています。

『桜舞う坂道で少女と運命的な出会い』をしてゲーム制作を決意しますが、それが目立たないクラスメイトの加藤恵だと知って驚愕しますが、ゲーム作りを諦めない信念の強さも持っています。

声優は、松岡禎丞(まつおかよしつぐ)さんが担当です。

加藤 恵(かとう めぐみ)

加藤めぐみと安野希世乃

加藤めぐみと安野希世乃

倫也が運命的な出会いをした少女です。

『Blessing software』では、メインヒロイン担当でスクリプト作成も一部担当していました。

メインヒロイン担当となっていますが、倫也の彼女という意味ではありません。

目鼻立ちが整っていて、そこそこ可愛く、そこそこ綺麗であるというような女の子であり、初登場時は特徴のないボブカットでした。(その後はポニーテールやロングなどにする)

外出などの誘いに気安く応じて会話もよく弾んでいる様子が伺えます。

ギャルゲーでよくみられるフラグ展開を簡単にへし折る言動を見せます。

手空きの時はスマートフォンをいじっているようです。

倫也が運命的な出会いをした少女でありますが、元々の印象が薄いので、クラスメイトであるにも関わらず、倫也に気づかれるのに、時間がかかったという女の子です。

倫也からは、「女子クラスメイトその2」「ドラマにならない」などと、印象の薄さを皮肉っぽく言われています。

また恵には、オタクについての知識が全くないので、倫也の言動や、行動に理解できずドン引きしてしまう事もありますが、それを理由に疎遠にならないようにしている一面も。

そして、倫也の誘いで、『Blessing software』に参加、あまり深く考えずにメインヒロインを担当することになりました。

声優は、安野希世乃(やすのきよの)さんが担当です。

澤村 スペンサー 英梨々(さわむら スペンサー えりり)

澤村スペンサー英梨々と大西沙織

澤村スペンサー英梨々と大西沙織

イギリス人の父と日本人の母を持つ小柄な美少女という設定です。

美術部のエースであり、入学直後には市の展覧会に入選するほどの実力者。

実家はお金持ちですが、それを自慢するような素振りもなく、誰にでも優しく可憐な行動を取るので、校内での人気は高いです。

倫也とは、幼馴染であり倫也をオタクの道に引き込んだ張本人でもありますが、小学生の時にそれが原因の悲しい過去があり、それを乗り切るために彼女はオタクをやめたフリをして過ごしていました。

表立って、オタクから縁を切ったあとは、アニメなどオタクの接点がない女の子と仲良くするように。

その結果、倫也とは疎遠になってしまいます。

以降、隠れオタクとして創作活動に励み、努力をし続けた結果、コミケにて『壁サークル』として参加するにまで実力を伸ばします。

彼女が実はオタクであると知らない人には、言葉遣いなど可憐な美少女キャラになりきりますが、彼女がオタクだと知っている人には、高慢な態度と、本性を見せるツンデレっ娘です。

英梨々が、イラストレーターとして活動するときのペンネームは、「柏木エリ(かしわぎエリ)」と名乗ります。

このことを学校の関係者でそれを知っている人はあまりいません。

声優は、大西沙織(おおにしさおり)さんが担当です。

霞ヶ丘 詩羽(かすみがおか うたは)

霞ヶ丘詩羽と茅野愛衣

霞ヶ丘詩羽と茅野愛衣

長く艶やかな黒髪を持つ美女です。

常に学年一位を取るほどの学力を持ち、下級生の憧れの存在として知られています。

物静かで、表情を変えることはほとんどありませんが、口を開けば問題発言が多く飛び出すので、それを聞いた同級生・教師などには恐れられています。

学校関係者には、ほとんど知られずにライトノベル新人賞のファンタスティック大賞に選ばれており、既にライトノベル作家としても活動をしています。

倫也とは、彼女のペンネームである霞詩子(かすみうたこ)として活動している時に、初めて開催したサイン会の会場で、一番乗りしていた倫也と言葉を交わし、倫也のことを「初めてのファン」と認識します。

それがきっかけで、たびたび倫也と出会っては、『恋するメトロノーム』について語り合うようになるが、ある事がきっかけで3ヶ月音信不通になってしまいます。(物語開始前)

物静かで、何事にも動じないように見えますが、書店で自分の作品を目立つところに移動したりする部分や、演劇部のゲスト脚本を書いてみては、厳しく指導したりする一面を見せます。

自他ともに認めるヤンデレであり、倫也とは下ネタ爆弾発言を多用するキャラクターです。

声優は、茅野愛衣(かやのあい)さんが担当です。


 

『冴カノ』には、」この他にも後輩キャラの波島出海(はしまいずみ)や氷堂美智留(ひょうどうみちる)など魅力あるキャラクターが、数多く出てきます。

『冴カノ』2期では新キャラクターも出るという噂がありますので、期待して待ちましょう!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

『冴えない彼女の育てかた』2期は、続編製作決定が決まったばかりですので、まだ公式サイトはありません。

そのため、2期の放送時期などもまだ未定ではありますが、続編決定が決まった時に多くのファンがそれを喜び、Twitterなどで書き込みをしているようでした。

続編であるので、『冴カノ』1期を見ないと、『2期』を楽しむことが難しいところですが、放送まではまだ時間がありますので、是非一度1期を観てみてくださいね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-アニメ