星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

フィギュアスケート

浅田真央の引退理由を考察!佐藤コーチや高橋大輔のコメントも紹介

更新日

浅田真央選手は、現在、スポーツ界に限らず超有名な存在ですよね。

チョコレートや風邪薬など、多くのテレビCMにも出演し、話題の人なので、日本で知らない人はほとんどいないでしょう。

そんな浅田真央選手が、2017年4月11日、遂に現役を引退すると発表されました。

世間では、信じられずにいる人もたくさんいるみたいです。

そこで本記事では、浅田真央選手が、ソチ五輪終了後に休養に入った当時のことや、現役引退の理由、そして、コーチや仲間たちのコメントをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

浅田真央の長期休養・現役引退の理由

浅田真央

浅田真央

トリノオリンピック女子フィギュア金メダリストの荒川静香さん。

2014年2月に開催されたソチ五輪後終了後に現役引退された鈴木明子さん。

彼女たちと同じように女子フィギュアスケート界を大きく牽引し続けてきた浅田真央選手。

バンクーバー五輪で、長年ライバルだったキム・ヨナ選手選手に敗れて金メダルを取り逃し、そのリベンジとして、また、浅田真央選手自身の集大成として望んだソチ五輪。

ショートプログラムで、まさかの躓きを見せてしまい、フリーで大きく挽回するも結果は6位…。

本来ならば、ここで浅田真央選手の選手生命も終わっていたのだと思います。

しかし

「現役復帰するか引退するかはハーフ・ハーフ」

とコメントし、しばらく休養した後、再びリンクに戻ってきた浅田真央選手。

彼女は間違いなくリンクに愛され、女子フィギュア界を大きく牽引し続けた立役者と言って良いでしょう。

ただ、筆者も予想していたのですが、ソチ五輪終了後(とくに2016-17シーズン)では、過去の輝きを取り戻すことはできず、怪我などにも苦しみ、思うような結果を残すことはできませんでした。

2017年の全日本選手権も12位と惨敗。

平昌オリンピック出場の可能性が厳しくなったことで、目標を見失い、浅田真央選手が引退を表明しました。

やはり一度切れてしまった糸を、また元に戻すことは難しい、ということなのでしょう。

ずっとフィギュア漬けだった浅田真央選手が、ソチ五輪を一つの集大成として、期待を背負って戦い抜き、ソチ五輪終了後は、一人の女子大生として一般の生活を送りたいと休養宣言。

1年ちょっとの間、競技としてのフィギュアスケート(アイスショーなどのイベントは別)から離れていた…。

この休養期間は、浅田真央選手にとってフィギュアスケート以外での貴重な経験を積む場でもあって、休養の中で大きな財産を得たと思います。

しかし、『天は二物を与えない』という言葉が指し示すかのように、一般生活でたくさんの物を得られた分、フィギュアスケートに関して、失うものが大きかったのかもしれません。

これは姉である浅田舞さんが語っていたことです。

フィギュアスケーターが少し練習を休み、あとから遅れを取り戻すなら、普段の練習の何倍の努力を積まなければ取り戻せないそうです。

当然、浅田真央選手もそのことは理解していたのでしょう。

本来ならば引退でもおかしくなかったけど、やはりフィギュアが大好きだったからこそです。

平昌五輪をラストに、もう一度集大成を魅せて引退したかったというのが、浅田真央選手の本音だったと思います。

だからこそ、2015年5月に休養から現役復帰したわけです。

しかし浅田真央選手の想いは平昌五輪に届かなかったのか、思うように身体は動きませんでした。

2015年10月に開催された、ジャパンオープン2015で3位入賞するも、先程お話したように、2016-17シーズンでの不信が続き、遂に平昌オリンピックを前に、現役を引退することとなったようです。

 

失礼と受け取られるかもしれませんが、率直なところ、浅田真央選手の現役引退は驚くことでもありませんでしたし、むしろ遅すぎたくらいだと思っています。

普通なら、荒川静香さんのように、有終の美を見せたらスパッと未練を捨てて引退表明しても良かったわけです。

それが、浅田真央選手の場合は、やはりソチ五輪の悔しさが未練だったのではないかと思うのです。

正直、ソチ五輪のショートで大失速した瞬間、完全に浅田真央選手のソチ五輪は終わったと誰もが思ったでしょう。

しかし、浅田真央選手は諦めず、フリーで見事に立て直し、総合6位まで順位を押し上げ、なおかつ自身の代名詞ともなるトリプルアクセルもしっかり成功させました。

もうこれだけで、ファンの多くは

『真央ちゃんお疲れ様、感動をありがとう!』

と胸いっぱいになっていたはず…。

なのに浅田真央選手は、引退を告げることなく、不格好であることも覚悟していたのか、しばし休養は取った後、また現役続行を決めたわけです。

筆者を含め、浅田真央選手の現役続行には多くの人が耳を疑ったくらいで、この復活劇は、同時に多くのファンを明るくしてくれました。

 

引退によって、競技者としての浅田真央選手の演技を見られなくなるかと思うと寂しくなりますが、いつしか引退は訪れるものです。

これだけ女子フィギュア界を牽引し続けてくれたわけですから、今はただゆっくり休んで、将来、後進たちを指導する立場として、念願の金メダルを目指してほしいですね。

スポンサーリンク

アドセンス

浅田真央の引退に恩師・山田満知子コーチは…

浅田真央選手が19歳の頃から現在に至るまで、彼女のコーチとして務めていたのは佐藤信夫コーチです。

しかし、佐藤コーチ以上に、今の浅田真央選手があるのは、15歳の頃まで彼女を指導してきた山田満知子コーチがいてこそだと思います。

歴代コーチの中でも縁の深い山田満知子コーチが、浅田真央選手の引退発表を受けて、こんなコメントを残してくれました。

本当にご苦労さま。

ブログで発表する前に電話で話した。

引退してからもそのままの真央で頑張ってほしい。

このコメントは、きっと山田満知子コーチにしか言えないコメントだったと思います。

山田満知子コーチが、浅田真央選手を指導していた頃、周囲に振り回されることがない天真爛漫な女の子で、フィギュアスケーターとして成長していっても、この天真爛漫さだけは失くさないでほしい、と想い続けてきたそうです。

 

山田満知子コーチは、他でもこんな話をしてくれています。

実は、浅田真央選手は

決めたことは最後までやり通そうとする性格

で、バンクーバー五輪で金メダルを獲れなかったときも、彼女の母が

「ここまで頑張ったんだからもう引退してもいいよね」

と言っていたにもかかわらず、

『絶対に続ける』

と意志を貫き通し現役続行したんだそうです。

どんなに苦しくても、自身で決めたことは最後までやり抜こうとしたからこそ、悩み苦しみながらも、ここまでフィギュアと向き合ってこられたのでしょう。

 

浅田真央のフィギュア引退に周囲のコメントは…

浅田真央選手が、現役引退を表明したことに、多くのファンが衝撃を受けています。

それでは浅田真央選手の周りの関係者や、後輩の選手たちは、どのようなコメントを残されているのでしょうか?

実際に調べてみると、やはり浅田真央選手を愛している選手は多く、ねぎらいの言葉などが続々報道機関を通じて寄せられていることが分かりました。

では具体的に、どんなコメントが寄せられているのか見ていきましょう。

村上佳菜子のコメント

以前、気持ちが折れかかり引退をも考えていた時に、

『最終的にどうするかは自分が決めること』

と前置きしながら、

『(現役を続ける続けないどちらにしても)続けたい気持ちがあるならやったほうがいいし、悔いの残らない選択をしたほうがいい』

とアドバイスされ、現役を続けることができた村上佳菜子選手。

村上佳菜子

村上佳菜子

彼女は、

真央ちゃんの背中を見て、追いかけるようにしてやってきた。

一緒に出場したソチオリンピックが、いちばんの思い出です。

と振り返りながら

「感謝とお疲れ様という気持ちでいっぱいです。」

とコメントを残されていました。

ただの後輩ではなく、家族のように絆を深めあってきたからこそ、浅田真央選手を姉のように慕い、感謝の気持ちと労いの気持ちをコメントしたのでしょうね。

宇野昌磨選手のコメント

自身のフィギュア人生のスタートのきっかけを作ってもらった宇野昌磨選手は、

自分が今こうしていられるのは、浅田真央選手が声を掛けてくれたからこそで、彼女は、世界と戦えている人生を支えてくれた恩人であり、アスリートとしても尊敬する一番のアスリート!

僕もいつかみなさんにそう思ってもらえるような選手になりたいと思います。

と、コメントを残されていました。

このコメントも、浅田真央選手と宇野昌磨選手の縁の深さを物語っているコメントです。

彼の才能を最初に見抜いたのが、他ならぬ浅田真央選手で、彼女がいなければ、今の宇野昌磨選手はいなかったことでしょうし、男子フィギュア界も変わっていたでしょう。

本田真凜のコメント

浅田真央選手とは、2016年12月に開催された全日本選手権が、唯一の(直接という意味合いで)接点だった本田真凜選手。

彼女は浅田真央選手の背中を追いかけフィギュアを続けてきたらしく、

「やっと念願の、いつか同じグループで滑りたいという夢が叶ったところだったのに、もう試合にでないのは凄く寂しい」

と語っていました。

本田真凜選手自身、浅田真央選手について

「格好良くて強くて本当に憧れた選手…真央ちゃんのファイルを作って写真も溜め込んでいた」

という話もしていて、心底憧れていたことがよく分かります。

これまでに若い世代に数え切れない影響を与え、今の光り輝くフィギュア人生の道を切り開いてきた浅田真央選手。

本当にフィギュア界になくてはならない選手だった、と改めて気付かされたような気がしますね。

織田信成のコメント

現在、『あさチャン』の木曜コメンテーターとしても活躍している織田信成さんは、自分のように号泣しながら、

「真央ちゃんがどんな決断をしても応援していこうと決めていたんだけど、やっぱり引退と聴いて凄く寂しい」

とコメント。

さらにTwitterでは、

「お疲れ様でした。これからも真央ちゃんのスケートが大好きです」

とツイートしています。

まぁ、織田信成さんは涙もろい人で有名ではあるのですが、思わず

「どこまで泣くんだよ!」

とツッコんでしまうほど泣いていましたよね。

それだけ彼にとって家族のように慕っている浅田真央選手であり、彼女の引退は我が子のように感じていたと思いますよ。

安藤美姫のコメント

浅田真央選手と共に、大きく女子フィギュア界を牽引し続けてきた安藤美姫さん。

「真央と同じ日本代表選手としてスケートできたことを誇りに思う」

とコメントを残し、そのコメントの最後として

「これからも世界中に愛と優しさを届けてね、本当にお疲れ様、そしてありがとう」

と締めくくられていました。

年齢こそ3歳違いますが、同じリンクで戦い合ってきた仲間だからこそ、浅田真央選手の引退の決意を受け入れ、気遣うコメントも見せてくれたのでしょう。

高橋大輔のコメント

男子・女子の違いこそあるものの、お互いフィギュア界を大きく盛り上げ続けてきた、高橋大輔さん。

「競技から離れることになりましたが、僕は浅田真央のスケートが大好きですし、いつか一緒にアイスショーでスケートしたい」

とコメント。

「お疲れ様。まずは、ゆっくり休んでください」

と労をねぎらっていらっしゃいました。

浅田真央選手の滑走(演技)は、多くのファンを釘付けにするだけの魅力を持っています。

そんな滑りが高橋大輔さんも大好きだからこそ、また一緒に滑りたいと思えるんでしょう。

今すぐには無理だと思いますが、いつの日かアイスショーで二人が滑走し、魅力あふれるプログラムを見せてくれることを期待しています。

姉・浅田麻衣のコメント

誰よりも浅田真央選手のことをよく知り、自身もフィギュアスケーターとして活躍していた姉・浅田舞さん。

「ついにこの日が来たんだな、という気持ちでいっぱい」

とコメントしています。

ソチ五輪終了後、浅田真央選手が『現役を続けるか引退するか』で悩んでいたときも、一番の良き理解者として相談に乗っていたのが他ならぬ姉の舞さん。

姉妹として、お互いを支え続けてきたからこそ、万感の思いでコメントしていたのでしょう。

一時期は妹の才能に嫉妬し、不仲な時期もありました。

しかし、やはり姉妹の絆は強いということを改めて気付かされたような気がします。

まだまだ、他にも荒川静香さん、山田満知子コーチ、羽生結弦選手など、たくさんのコメントが寄せられています。

いずれにしても、浅田真央選手が多くの人たちから愛されている選手なのか改めて分かりました。

 

まとめ

ある程度、見えていた話なので驚いてはいませんが、

「やはり遂にこの日が来たな…」

という気持ちを抱かせる浅田真央選手の引退発表の日。

とくに2016-17シーズンの浅田真央選手は、怪我の影響もあり、思うような結果を出せず、全日本選手権でもまさかの12位。

平昌五輪出場も、ほぼ可能性なしとなってしまったので、浅田真央選手が引退となるのは仕方ありません。

これまで、多くのファンを感動させ、後輩たちをも牽引し続けてきた功績は大きいでしょう。

とにかく今は、ゆっくり休んで、いつの日か第2の人生を考え、再スタートを切ってほしいですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-フィギュアスケート