星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

フィギュアスケート

浅田真央の休養から復帰の理由は村上佳菜子?復帰試合はいつ?

更新日

浅田真央選手は、現在スポーツ界に限らず超有名ですよね。

最近は、チョコレートや風邪薬など、多数CMにも出演し、話題の人なので、知らない人はほとんどいないのではないでしょうか。

そんな浅田真央選手が、「現役を引退するのか、現役を続けるのか、ハーフハーフ。」と公表してから、早くも1年が過ぎ、そろそろ進退をはっきりさせて欲しいと関係者も考えているようです。

それにしても、本当に月日が経つのは早いものだと実感させられますね。

さて、浅田真央選手の進退に関してですが、なにやら水面下で動きがあったらしく、浅田真央選手が復帰の方向で決意を固めたと耳にします。

それにしてもなぜ、浅田真央選手が復帰に向けて前に進もうとしているのか、また復帰時期や次の試合も気になりますので、本記事で探っていきます。

スポンサーリンク

アドセンス

浅田真央の長期休養とその理由とは?

浅田真央

浅田真央

元女子フィギュアスケーターでトリノオリンピック女子フィギュア金メダリストの荒川静香さんや、昨年のソチ五輪後現役引退された鈴木明子さん達と共に、女子フィギュアスケート界を大きく牽引し続けてきた浅田真央選手。

彼女は、ソチ五輪後、一時休養宣言し、現在もフィギュアから離れた生活をされていますよね。

もともと大学生活とフィギュアスケートとの両立も難しかったということもあるでしょうし、もしフィギュアスケートしか知らないまま現役引退となると、その後の人生に不安を感じてしまったとしても、別に変な話ではないでしょう。

まぁ現役のアスリートがあれだけCM出演されているというのもどうかと思いますが、浅田真央選手の姉である舞さんの様に、引退後はキャスターやタレントの道に進む可能性を考えたら、今のうちから、そういった経験も必要なのかもしれませんね。

一方で浅田真央選手自身、決してフィギュアスケートが嫌になって休養するわけではありません。

姉の舞さんや高橋大輔さんらとともに、『ディズニー・オン・アイス』などでもよく見られるアイスショーなどには出演されています。

競技としてのフィギュアスケートは、一時的に休んで、その間にいろんな経験をしたいというのが浅田真央選手の考えだったようです。

そして、あの「ハーフハーフ」という言葉を残して、現在に至ります。

多くのファンや関係者が、浅田真央選手の進退がどうなるのか気にしているのは間違いないでしょう。

休養期間も1年ほど経過し、浅田真央選手は、日本スケート連盟からも進退をはっきりさせるようにいわているそうなので、そろそろ彼女から現役続行か引退か、はっきりした答えが聞けると思います。

はたして浅田真央選手は、どんな進退を発表させるのか。ドキドキしながら見守りたいものですね。

 

浅田真央が復帰を固めたきっかけは?

実際には、具体的にまだ「ハーフハーフ」から表面的には話が進んでおらず、ファンには浅田真央選手が復帰するのか、はたまた引退するのか、全く分かっていないといったところです。

ただ、一部報道では、浅田真央選手が復帰する決意を固めたのでは?とも言われているようです。

まだ完全に復帰すると公に宣言しているわけではありませんが、浅田真央選手が復帰を固めただろうと思われるきっかけは2つあります。

ひとつは浅田真央選手がパーソナリティを務めたTBSラジオの番組『浅田真央のにっぽんスマイル』の公開収録で、元フィギュアスケーターの伊藤みどりさんからある一言を助言されたことです。

そしてもうひとつは、鈴木明子・浅田真央の二人が、日本のフィギュアスケート界から離れてからは、日本のメディアは、村上佳菜子選手を日本の女子フィギュアスケートのエースとして推すようになりました。

そんな村上佳菜子選手が注目された2015年3月の世界選手権では、なんと7位惨敗という結果になりました。

村上佳菜子

村上佳菜子

このことで責任を感じてしまった村上佳菜子選手から、浅田真央選手は『もう引退したい…』と相談されたことにあります。

まず、伊藤みどりさんからは、

『(現役を続ける続けないどちらにしても)続けたい気持ちがあるならやったほうがいいし、悔いの残らない選択をしたほうがいい』

と助言をされたそうです。

彼女も1992年に一度プロスケーターとしてアイスショー中心の生活を送るため、競技としてのフィギュアスケートからは3年離れ、その後に復帰をはたしています。

それだけに、浅田真央選手の気持ちは痛いほど分かっているのだと思いますし、浅田真央選手のファンの声はともかく、彼女自身が後悔しないように伊藤みどりさんなりの助言をしたというところだと思います。

そして浅田真央選手が、村上佳菜子選手の相談に乗った時も、気持ちが折れかかっていて苦しんでいる村上佳菜子選手に寄り添いながら、最終的にどうするかは自分が決めることと前置きしながら、伊藤みどりさんから頂いた言葉をそのまま助言として、村上佳奈子選手に話し、相談に乗りながら精神的に支えてあげたそうです。

この2つのことで、浅田真央選手は精神的にも、なにか吹っ切れたと関係者は語っているようです。

おそらく二人とのやりとりを通じて、浅田真央選手自身も現役復帰の気持ちを固めたという説が濃厚ですね。

 

浅田真央の復帰時期はいつ?復帰試合は?

浅田真央

浅田真央選手に対して、日本スケート連盟は5月中に引退か、復帰か、はっきりするように迫っているらしく、おそらくGW開けには、浅田真央選手の復帰宣言が聞かれるのではないかと言われています。

ただ、具体的にフィギュアスケートの試合への復帰となると、これまでのブランクを取り戻すためにトレーニングも積まなければいけませんので、すぐ復帰試合は難しいでしょう。

おそらく年末か年明け辺りまでは、復帰に向けたトレーニングに要する時間が必要になるのではないかと思われます。

そういう風に考えると、やはり来期復帰は難しく、16-17シーズン以降に本格復帰という形になりそうですね。

いずれにしても、まずはじっくり休養前までに戻れるように身体のコンディションを整えて、元気な姿でファンの前で華麗ないつもの真央ちゃんスマイルを見せながらの滑走を期待したいと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ソチオリンピックまでフィギュア漬けだった浅田真央選手が、一人の女性として、フィギュア以外のことも経験したいと、オリンピック以降しばらく休養し、大学も無事卒業するなど、一人の女性として一般生活も楽しんでいるように思えます。

ただ、ファンとしては、浅田真央選手の進退問題は気になるところで、関係者の話を聴く限りでは、伊藤みどりさん、村上佳菜子選手との関わりの中で、浅田真央選手自身が復帰の決意を固めたそうなので、GW明けくらいには復帰宣言もあるのでは無いかと言われています。

もちろん、試合に復帰となると、戦える身体に戻すにも時間が掛かるので、試合は来年以降の話となると思います。

いろんな意味で今後の浅田真央選手に期待したいですね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-フィギュアスケート