パックンの年収と自宅豪邸の場所は?アメリカに帰らない理由も紹介

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


パックンと言えばアメリカ出身で日本でお笑い芸人やナレーターなどとして活躍していますよね。

もともと『パックンマックン』というお笑いコンビとして活躍していましたが、最近ではパックンこと、パトリック・ハーラン一人での活動が目立っています。

ペラペラな日本語を生かして、コメンテーターや、ナレーターとして活動しているパックンですが、彼の年収がすごいと話題に…。

本記事では、パックンの仕事や年収、自宅の場所、アメリカに帰らない理由などを探っていきます。

『パックンマックン』としてデビューしたパックン

TBSの朝の情報番組『あさチャン!』でコメンテーターを務め、今では、お笑い芸人より報道などに特化したコメンテーターという印象が強いパックンことパトリック・ハーラン。

『ハーバード大学卒業』という輝かしい経歴もあって、英語に関する番組だけでなく、政治・ニュースのコメンテーターも務め、キャスターあるいは文化人という印象もありますよね。

お笑いコンビ『パックンマックン』としてデビューしましたが、最近はピンでの活躍が目立っています。

そのため『パックンマックン』を解散したのかと思いきや、コンビ解散はしていないとのこと。

この『パックンマックン』は、日本人と外国人というコンビの斬新さがウケ、徐々に頭角を表し、今もラジオ番組や舞台などを中心に活躍しているそうです。

ただ、今ではそれぞれピンでの仕事が多く、コンビでの露出が少ない傾向にあります。

お笑いコンビ『パックンマックン』としての活動が見えず、『仲違いして解散した』という噂までも飛び交ってしまったようです。

ちなみに、パックンの相方であるマックンこと吉田眞は、MC業を中心に、声優や俳優としても活動しているのだとか。

アニメ『名探偵コナン』の劇場版『異次元のスナイパー』では、パックンとも共演。

さて、肝心のパックンの現在の仕事内容ですが、冒頭からお話ししている通り、ナレーター・コメンテーターが軸となっているようです。

その他には、NHKの英会話番組への出演や、バラエティ番組などでタレントとしても活躍。

また、ラジオ番組などで交流を持つようになった池上彰氏の推薦で、東京工業大学の非常勤講師としても活躍しているのだとか。

パックンは同大学で『コミュニケーションと国際関係』について講義しました。

このようにパックンは日本とアメリカの架け橋となるような仕事をしているわけです。

テレビ番組でアメリカが関係する政治についてコメントしている姿もよく見かけますよね。

お笑い芸人『パックン』の現在の年収は?

そんなパックンの現在の年収はというと、

年収2000万円以上は少なくとも稼いでいる

と推測されています。

パックン自身、投資について語っていたこともあります。

おそらく、テレビで活躍するだけでなく、投資でも成功しているのでしょう。

自身の将来について、パックンは、『ニュースキャスターになりたい』という目標があるらしく、池上彰氏が憧れの人物という話も…。

パックンは政治経済にも精通し、現在何かと賑わいを見せているトランプ大統領に関しても、アメリカ人代表としてしっかりコメントしています。

すごく真面目な印象を持つパックンなので、キャスターとして活躍する姿が見られるように、今後の活躍を期待したいですね!

パックンの住む自宅は豪邸!?その場所は?

パックンが、ある日、都心の上り坂をママチャリで全力疾走し、その後、1軒の建売住宅の前で自転車を止め、

営業マンと軽快に話し込む姿が目撃され、まるで自宅の購入を検討している風に見受けられた光景だったそうです。

実は、パックンは豪邸を購入していたことが判明しました。

近くに住む居酒屋の店主の話では、鯉のぼりが立っている大豪邸を指さし、『あの家がパックンの住む家』だと語ったそうです。

その自宅豪邸は、都心の一等地に建てられている3階建の大豪邸なんだとか。

価格として、およそ二億円はするであろうと推測されています。

一般人からしてみれば、夢の様な大豪邸といえるでしょう。

そのパックンの自宅豪邸の場所は、噂では坂道の多い四谷周辺だと噂されています。

パックンの妻は元モデルの鯉沼芽衣!子供は二人!?

パックンは2004年3月に、元モデルの鯉沼芽衣と結婚。

2007年には長男が誕生し、2009年には長女が誕生しました。

パックンは二児の父親なのですね。

そんな日本で仕事も子育てもしているアメリカ出身のパックンですが、あるインタビューで、「アメリカには帰らない」と語っていました。

いずれにしても都心でマイホームを持つとなると、一般的には、何十年もローンを組んで、やっと購入できるかどうかという話になるでしょう。

自宅豪邸を建てたというのは、日本に骨を埋める覚悟を持った、ということなのかもしれませんね。

パックンが母国アメリカに帰らない理由

先程もお話しましたが、本職がお笑い芸人である『パックン』。

どうやら、母国であるアメリカに帰る気は全くないのだとか。

確かにパックンは、日本でナレーターやコメンテーターとしての仕事が充実しています。

『パックンマックン』としての活動だけでなく、ピンとしての活動が充実しているので、あえて現在の仕事を捨ててまで、母国であるアメリカに帰る必要はないということでしょうか。

『アメリカに帰国するのは、芸能界を引退するまでない』と断言していたくらいですから、パックンの中で何があったのか非常に気になるところです。

そこで、色々調べてみたところ、パックンの様々な心理が見えてきました。

パックンがお笑い芸人として来日してきた当初は、文化の違いにかなり戸惑っていたのだそう。

とくに日本のお笑い文化に関しては、パックンを含むアメリカ人にとっては、デリケートな部分に触れるらしく、激しいツッコミで、頭を叩かれることを極端に嫌うところがあったのだそうです。

当時、そのことで『パックンマックン』のコンビ解散の危機もあったとか…。

パックン自身は、過去にはハリウッド進出を夢見ていたこともありました。

ただ現在では、全くハリウッドへの夢は持っておらず、「芸能界引退するまでアメリカに帰国せずに、日本に骨を埋め仕事を続けたい」とあるインタビューでも語っています。

日本で愛する人と結婚し子供ができ、また日本で活動していく中で、日本が『第二の故郷』に。

パックンは『日本に骨を埋めよう』と気持ちが変わっていったのだそう。

つまり、パックンがアメリカに帰らない理由は、

  • 日本を第二の故郷として愛している
  • 子供たちがアメリカと日本の架け橋になるような人に育ってほしい

と、願っていることが大きな理由のようです。

パックン自身もコメンテーター・タレントとしての仕事を通じ、アメリカの素晴らしき文化や、魅力を伝えたり、母国語である『英語』の面白さ・魅力も伝えていますよね。

まさに日本とアメリカの架け橋として活躍中。

自身の子供たちにも、そんな自分の背中を追いかけてほしいと願っているのでしょうね。

まとめ

お笑いコンビ『パックンマックン』のパックンことパトリック・ハーラン。

東京都心の某所に二億円もの大豪邸を建てて、現在住んでいることが判明しています。

パックンは、芸能界引退するまで日本に骨を埋める覚悟をしたのだとか。

その理由は、パックン自身が日本を『第二の故郷』として愛していることが大きな理由となっているようですね。

そして、自身の子どもたちもパックンと同じ様に、日本とアメリカを股にかけながら、『両国の架け橋になってほしい』と願っているようです。

日本人以上に日本を愛しているパックンには、これからも日本でたくさん活躍してほしいですね。

ページトップへ