星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ゲーム

スプラトゥーンのコントローラー操作方法まとめ!感想と評判も!

更新日:

WiiUで2015年5月28日に発売された『Splatoon(スプラトゥーン)』。

このページを開いたってことは、みなさん知っていますよね。

インクを打ち合うアクションゲームとのことですが、実際にはTPSのようなゲームです。

タイトル発表当時の動画から

「これは面白そう」

という声が多く挙がっていた『スプラトゥーン』。

実際、発売後もネット上で、ユーザーの生放送配信や、ゲーム実況などから人気が過熱。

一躍、WiiUの看板ゲームにまで成長を遂げました。

そして、『ニンテンドースイッチ』向けに、『Splatoon2(スプラトゥーン2)』が発売されることも決定しており、

「夏にスイッチと一緒に買おう!」

と思っている方も多いのではないでしょうか?

当記事では、そんな大人気ゲームの『Splatoon(スプラトゥーン)』について、操作方法などを紹介していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

任天堂のTPS『スプラトゥーン』の内容

スプラトゥーン

まず、『Splatoon(スプラトゥーン)』について説明します。

『Splatoon(スプラトゥーン)』は、

人の姿に変身することの出来るイカ

であるインクリングというキャラクターを操作して、フィールドにインクを塗った面積の広さで競い合うゲームです。

基本的に4対4で行うチーム戦です。

これまでになかったようなコンセプトのTPS(サードパーソン・シューティングゲーム)となっています。

その他にも、1人用モードも充実しており、多人数ではなくても楽しめるようにゲームモードも豊富だそうです。

この『Splatoon(スプラトゥーン)』は、WiiUのゲームパッドの機能を活かし、ジャイロセンサーを用いて視点を動かすことができます。

WiiUPROコントローラーや、クラシックコントローラー、クラシックコントローラーPROは、オフラインモードのみ対応しており、オンラインモードでは使用不可となっています。

プレイヤー全員が、WiiUのゲームパッドでプレイすることになります。

従来のTPSの腕前は関係ない…

とまではいきませんが、みな最初は同じスタートラインに立つ、ということからネット上で大人気になっていくのです!

『Splatoon(スプラトゥーン)』の売上は、

累計150万本目前

まで伸び、目も当てられない売上だったWiiUを、最後の最後で救ってくれたタイトル。

(全世界と言う意味では、200万本を突破しているようです。)

これまでライトゲーマー層にはハードルが高く、あまり浸透していなかったシューティングゲームの入り口を切り開いた、そんなゲームになったような気がしますね。

実際、筆者の周りでも、『Splatoon(スプラトゥーン)』にハマっている方が非常に多いです。

先日の『Splatoon2(スプラトゥーン2)』が発表された際、

「スイッチ今のうちに予約しておこ」

「イカ2楽しみだー」

という声が多く聞かれましたし、本当に『Splatoon(スプラトゥーン)』は人気なんだな、と改めて感じさせられたほどです。

 

『スプラトゥーン』のコントローラー操作方法!

今でも人気のある『Splatoon(スプラトゥーン)』ですが、気になる操作方法についてもまとめてみました。

『スプラトゥーン』のカメラ視点

ジャイロセンサー

ジャイロセンサー

視点移動は、ジャイロ操作の場合は、ゲームパッドのジャイロセンサーを利用するので、

ゲームパッドを傾けて視点移動

をさせていきます。

スティック操作の場合は、

Rスティック

を使用することで視点が移動できます。

ちなみに、このRスティックでの視点移動は、ジャイロ操作の際も可能となっており、自分の好みの方法を選択することができます。

また、

Yボタンでカメラリセット

を行うことができ、カメラリセットをすると視点が正面に戻ります。

『スプラトゥーン』のアクション

Lスティック:移動

移動

移動

ZRボタン:インクショット

インク発射

インク発射

ZLボタン:イカモード

イカになる

イカになる

人間の姿から、イカに戻ることでインクの中を泳ぐことができます。

インクのないところや自分の色と違う部分も泳げますが、その場合は、スピードが低下します。

基本的には、インクが切れた際に、この

イカモードで隠れながら補充を行っていく

というのが、『Splatoon(スプラトゥーン)』の戦術におけるセオリーです。

イカモードは、『Splatoon(スプラトゥーン)』というゲームの大きな特徴の一つですね。

なかなか、イカしています!

Xボタン:ジャンプ

ジャンプ

ジャンプ

イカモード時に、

インクの中を泳ぎながらジャンプするとダッシュジャンプ

になり、飛距離が伸ばすことができます。

人間の姿でも、ある程度のジャンプは可能です。

Rボタン:サブウェポン

ボム

ボム

チュートリアルの説明では、『ボムを投げる』となっていますが、このボムが、サブウェポンになるようです。

ゲージが溜まってから押し込むと、スペシャルウェポン

が使えるようになります。

このボムは、インクの消費量が大きいので、使用する際には注意が必要です。

タッチパネル(仲間のアイコンをタッチ):スーパージャンプ

スーパージャンプ

スーパージャンプ

タッチパネルで仲間をタッチすることで、その地点までスーパージャンプすることができます。

たとえば、

自分の陣営が有利で、全員で相手の陣地に攻め入っている際にやられてしまい、スタート地点に戻されてしまったとしましょう。

この時、スーパージャンプでその位置まで移動することで、仲間のいる地点までショートカットでき、再び攻め入ることができるようになります。

しかし、むやみやたらとスーパージャンプを使うのは注意が必要です。

潜んで出方を伺っている味方の位置に飛んでしまったりすると、

味方がその付近に潜んでいるということがバレてしまう

のです。

圧倒的有利で、押せ押せムードの中ならばまだ良いですが、戦いが拮抗している中でスーパージャンプを使う際は、戦況をよく見極めることが大切になります。

 

『スプラトゥーン』のネット上での評価や感想は?

WiiUの『スプラトゥーン』は、爆発的ヒットを記録するまでになったわけですが、具体的にはどこが好評だったのでしょうか?

ソーシャルゲームが流行り出し、コンシューマゲームが落ち目にある今の時代。

新規で150万本近い売上を記録するというのは、正直なところ、かなり異常な事態と言っていいほどです。

そこで『Splatoon(スプラトゥーン)』が好評だった理由を調べてみると、主に2つの理由があったと推察することができました。

まず1つ目の理由は、

初心者でものめり込みやすいシステム

だったということ。

TPSと言うと、やはりPCやPS4と言ったコアゲーマーのゲームというイメージが強く、洋ゲーが中心です。

そこでは、オンラインプレイも初心者狩りも横行していて、初心者は近寄りがたいという印象があると思います。

しかし、『Splatoon(スプラトゥーン)』は、ルールが4対4です。

そして、敵を多く倒せば勝ちというわけではなく、いかに自陣営の色でステージを塗りつぶしたかです。

つまり、敵を狙い撃つ能力(エイム)が苦手でも、ある程度戦力となり、味方の勝利に貢献することが可能なのです。

また、TPSやFPSといったジャンルのゲームはコアゲーマー向けのものばかりです。

最近は、ライトゲーマー向けのゲームがあまりありませんでした。

そんな中、『Splatoon(スプラトゥーン)』は、ライトゲーマー向けのルールでもあるTPSという、ジャンルの中では珍しいゲームだったことも影響したでしょう。

そして、ゲームパッドを用いたことにより、TPSというジャンルにおける、一般的な初心者と上級者の壁が撤廃されました。

誰もが最初は同じスタートラインに立っているということも、『Splatoon(スプラトゥーン)』好評の理由でしょうね。

 

まとめ

WiiUの『Splatoon(スプラトゥーン)』は、累計150万本に迫る売上を記録する大ヒットゲームとなりました。

ライトユーザー向けのルールや、ゲームパッドという、FPSやTPSの歴戦のプレイヤーが選択しないようなコントローラーで操作させる。

全員ができるだけ同じラインから『Splatoon(スプラトゥーン)』をスタートできるように配慮したことが、大ヒットにつながったのでしょう。

これまでは、全体的にWiiUのゲームパッドの評判は良くありませんでした。

しかし、『Splatoon(スプラトゥーン)』に関していえば、ゲームパッドをうまく活用できているゲームになったと感じました。

2017年夏には『Splatoon2(スプラトゥーン2)』も発売になるので、予習として、今からでもプレイしてみてはいかがでしょう?

スプラトゥーンの記事はこちらもよく読まれています!

スプラトゥーンをテザリングでオンラインするメリットと対戦マナー

スプラトゥーン初心者向け攻略!簡単おすすめブキを動画で紹介!

スプラトゥーンの評判と人気の理由!今後は無料アップデート次第!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ゲーム

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.