星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

菅田将暉の真の性格と演技の評価を紹介!出演CMやプライベートは?

更新日:

菅田将暉という俳優は、とにかく誤解を受けやすく嫌われやすい!

そんな風に感じている菅田将暉ファンや、一般ドラマ視聴者は多いでしょう。

もちろん菅田将暉さんの人間性による問題ではなく、過去に演じた不良役などから、そういった印象を持つ人が多いのかも…

そんな菅田将暉さんは、とにかく演技力が素晴らしいと思える俳優さんです。

それだけに役柄のイメージで、演じているご本人まで嫌われてしまうのは、まさに役者冥利に尽きるところなのかもしれません。

しかし、プライベートの菅田将暉さんは、どんな性格の男性なのでしょうか?

またCM出演なども気になりますので、本記事で菅田将暉さんの演技の評価やCM出演、そして性格を探っていきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

菅田将暉の性格は超真面目で演技の評価は最高!

菅田将暉

菅田将暉

菅田将暉の性格は超真面目…

それは菅田将暉さんの演技を見れば一目瞭然です。

 

菅田将暉さんが出演し、ブレイクするきっかけとなった、米倉涼子さん主演のドラマ『35歳の高校生』。

そのドラマでの菅田将暉さんの演技を見て、正直、菅田将暉さんのことが大嫌いになりました。

それもそのはず、菅田将暉さんの役柄が、

超不良でどうしようもないクズ(極悪人)

といった印象の生徒(土屋正光)役だったからです。

本当に言葉遣いから、カースト制度が施行されていたクラス内で、権力を振りかざす辺りなど。

どの言動をとっても腹が立ちました。

…一応、誤解のないように言っておきますが、菅田将暉さんが演じた役が、そのようなキャラクターだっただけであり、それだけ彼は

不良生徒を演じることに真面目に向き合っていた

のでしょう。

多くの不良系の出演者が出てくるドラマは、どこか中途半端なイメージもありますが、菅田将暉さんに演じさせたら見事にはまっていく…

きっと筆者だけでなく、多くの人たちが、このドラマを通じて、菅田将暉さんに対するイメージが一気に悪くなったことと思います。

それだけ、菅田将暉さんの演技力と努力、そして、真面目さがこのような結果をもたらしているのでしょう。

 

菅田将暉さんは、その後、全くキャラが異なる真面目で好青年の役を演じ、好感度を一気に上げていきます。

その役こそが、2014年放送のNHK朝ドラ『ごちそうさん』で演じため以子(役:杏さん)の長男:西門泰介役でした。

菅田将暉さんが演じた西門泰介は、ストーリー上、

「(戦時中で)、いつ赤紙がくるかもわからない」

と後ろ向きになったこともありましたが、め以子や先輩の諸岡の生き様に後押しされて前向きな気持ちになり、野球に情熱を注ぎながら戦争に招集された後も、必死に生き抜いていったキャラクターです。

もし、素の菅田将暉さんが不良系のヤンチャな性格なら、ここまで見事に好青年を演じられないでしょう。

ただ無難に演じるだけで終わったのではないかとも考えられます。

しかし、菅田将暉さんは、役に対してひたすら真摯に向き合い、そのキャラクターに入り込んで、時に熱く好青年で優等生な泰介を見事に演じ抜きました。

そんな菅田将暉さんを見て、この方は"役者バカ"というか、どんなキャラクターであっても真摯に向き合い、演じる役柄に憑依し、実在に存在している人物であるかのように演じている。

まさに俳優が天職といえるべき才能あふれる役者であるといえるでしょう。

 

これまでに共演している東出昌大さん、高畑充希さん、二階堂ふみさんが、菅田将暉さんに対して、このようなコメントを出されていました。

高畑充希の菅田将暉の印象

「作品によって顔つきが変わって、いつもすごいなと思います」

東出昌大の菅田将暉の印象

「休日は舞台を見に行くなど、演技の糧になるようなことばかりしていて勉強家だなと思う」

二階堂ふみの菅田将暉の印象

「お芝居がすごい素敵で断トツです!本当に素晴らしい!」

 

三人共、菅田将暉さんを酷評することは一切なく、彼の演技力や演技に取り組む姿勢を高く評価されています。

この評価を仮に話半分で捉えたとしても、ミュージカルなどで演技力を身に着け、その後、『ごちそうさん』をきっかけに様々なドラマ・映画・舞台で脚光を浴びた高畑充希さんまでも高く評価されているわけですから、菅田将暉さんの演技力は相当高いのだと思います。

また一方で、ネット上でも、2014年公開の映画『海月姫』で演じた女装キャラ(鯉淵蔵之介)など、そのキャラの世界を完全に演じきれる才能あふれる俳優という声が非常に多く聞かれました。

この『海月姫』という映画では、政治家にさせられることを拒み、あえて女装して女らしく振る舞うキャラクターという難しい役を演じられています。

その役作りのために、菅田将暉さんは、

  • 10kgダイエット
  • 剃毛
  • エステに通い骨格矯正

までして、さらに、ヒールで歩く練習もされていたそうです。

この徹底した役作りを通じて、菅田将暉さんの真面目で真摯な演技に対する取り組み方が、『海月姫』の原作者である漫画家・東村アキコ先生にも伝わった模様。

彼女自身、菅田将暉さんのことを、

蔵之介役の菅田くんは、本当にキレイで、可愛くって。

メイクした姿を初めて見たときは、うちのアシスタント一同、超感動して本当に奇跡のキャスティングだと思っています。

とコメントし大絶賛!

さて、そんな菅田将暉さんの性格を改めて探ってみると、プライベートでは実に気さくでフレンドリーな方であることがわかります。

一見、真面目で一直線(猪突猛進)タイプだと、何事にも譲ることが少ないことが多く、自分の意志をはっきり貫き通すため、気さくに触れ合うことのできない性格という風に受け取られてしまうこともあります。

確かに、役においては、演技力というよりも、菅田将暉さん自身の一直線の真面目さが、キャラに当てはまっているように映っています。

だからこそ憑依型という印象すら与え、どんなキャラクターにおいても菅田将暉さんの演技がハマっていくのでしょう。

しかし、菅田将暉さんの場合、プライベートでは、猪突猛進な融通の利かない真面目一本槍な性格ではありません。

気さくでフレンドリーな心が広い性格

の持ち主らしく、その部分でも多くのファンや共演者・スタッフなど、周囲の人たちからも愛されていると言われています。

 

たとえば、菅田将暉さんの性格の良さを物語るこんなエピソードがあります。

大人になれば、親友など、ごく親しい身内とだけ接点を持つという人は多いのですが、菅田将暉さんの場合、意気投合できれば、たとえ

一般人のファンとも一緒に銭湯に行く

ことがあるんだそうです。

ある意味、

お笑い芸人の千原せいじさんを、ものすごく真面目で若い好青年にした感じ

とイメージすることもできるでしょう。

菅田将暉さんは、本当に生粋の大阪人であり、真面目で役者一筋という将来有望な好青年です。

今後、どんどんいろんなキャラクターを演じながら、大物役者として、ファンを魅了する演技を期待していきたいですね。

追記

演技の才能だけでなく歌唱力の才能も高いことが、2017年1月28日公開の映画『キセキ - あの日のソビト -』を通じて分かりました。

実は、菅田将暉さんは、『au BLUE CHALLENGE』のテレビCMソングを歌っているのです。

当初はノンクレジットだったため、ネット上では『誰が歌っているんだろうか?』と話題になっていたようです。

パッと聴いた印象だと、映画『君の名は。』で大ブレイクした『RADWIMPS』、あるいは、『BUMP OF CHICKEN』が歌っているという印象。

ネットでも筆者と同様の評判でした。

これが菅田将暉さんだったことが分かり、

ストレートでピュアな声質

が、がむしゃらに走り抜けるサッカー日本代表とリンクして胸に響きましたね。

この声を聴いて、改めて菅田将暉という俳優が、多彩な才能を持つ俳優であることが伺えた次第です。

 

菅田将暉はプライベートも幅広い!

菅田将暉

菅田将暉

菅田将暉さんは生粋の大阪人でフレンドリーな性格の持ち主。

それだけに交友関係も幅広く、趣味特技なども多才で、プライベートも幅広く充実されているみたいです。

菅田将暉さんとの交友関係を見ていくと、NHK朝ドラ『梅ちゃん先生』でブレイクした俳優、

松坂桃李さんとはプライベートでよく食事に行くほど大の仲良し

とくに菅田将暉さんが4つ年上の松坂さんを兄のように慕っている

らしく、菅田将暉さんのブログでも、よく松坂桃李さんの話題が出てきているようです。

映画『キセキ - あの日のソビト -』では、兄弟役(菅田将暉さんがHIDE役、松坂さんがJIN役)を演じていますし、そこでも深い縁を感じます。

その他には、ドラマ『35歳の高校生』では、両極のタイプにあたる役を演じていた

山崎賢人さんとも大の仲良し

だそうです。

また、新川優愛さんとは雑誌『Seventeen』のデート特集で、仲良くいちゃついている様子が映し出されています。

まるで本当に菅田将暉さんが熱愛しているのでは?と噂になっていました。

さらに熱愛の噂としては、新川さん以外に二階堂ふみさんとも、一時期に噂になったことがありましたよね。

写真週刊誌にもWデートしていた様子がスクープされたりしていたそうです。

ただ、本人たちは

『友達以上恋人未満』

と熱愛を否定されていました。

とくにその後の進展も見られていないので、あくまで二階堂ふみさんは、菅田将暉さんの仲の良い友人の一人なのでしょうね。

菅田将暉さんの趣味・特技を見てみると、

ピアノやダンスだけでなく、アメフト・漫画・サッカーと、文化系からスポーツなど幅広い趣味

を持っている方であることが分かりました。

きっとそれらの多彩な経験が役者としての幅広さや奥行きを与えてくれているのだと思います。

 

菅田将暉の出演CMをチェック!

菅田将暉

菅田将暉

菅田将暉さんの出演CMのひとつは、『toto BIG』のCM。

そして、もうひとつはヤマハ発動機『TRICITY(トリシティ)』のCMです。

とにかく菅田将暉さんの存在感がある印象ですね。

大島優子さんと共演した『TRICITY』のCMでは、ただ突っ立っているだけで、一言二言のセリフを言うだけの役どころですが、彼女との掛け合いでコミカルにボケる菅田将暉さんの演技が、実に面白く強烈に印象に残ります。

『前の二つのタイヤがこんな風にリーンとなるんですよ』

という大島さんのセリフに対して、

『音が鳴るんですか?』

と真顔で質問する菅田将暉さんの演技には、テレビの前で思わず

『音なんて鳴るか!』

とツッコミを笑いながら入れたくなるほどです。

たった一言でも、これだけ印象に残る演技ができるのですから、本当に菅田将暉さんは将来に期待が持てる役者だと思います。

このCMもネットで配信されていますので、機会があればぜひ一度見てくださいね。

追記情報

菅田将暉さんは、上記に挙げたCM以外に、さらにCM出演を続けていきました。

リクルートライフスタイル『ホットペッパービューティー』、AU『三太郎シリーズ(鬼ちゃん役)』など。

過去の2本を含め、11本(11社)のCMに出演されています。

スマホオンラインゲームとして、爆発的人気の『グランブルーファンタジー』のテレビCMでは、高校生役としても出演されていました。

現在、菅田将暉さんは23歳ということもあり、まだまだ今旬俳優として、多彩な役を演じられていくと思います。

これまでは、テレビドラマや映画などの主演が多く見られた菅田将暉さんですが、今後は、さらに多くのテレビCMで、様々なキャラを演じる菅田将暉さんの姿が見られることも期待したいですね。

 

まとめ

俳優:菅田将暉さんの性格は、一言で言うと超真面目で一直線に突き進むようなタイプだと言われているようです。

しかし、それは役者として演技に向き合う姿でしかありません。

菅田将暉さんのプライベートでは、男女・立場関係なく誰とでもフレンドリーになれる気さくな性格みたいです。

そのため、二階堂ふみさんとの熱愛ということで、写真週刊誌でスクープされ噂になっていました。

これあくまで

二人は友人同士

という関係で、菅田将暉さんが気さくで誰とでも仲良くなれることの証拠のようなものです。

さらに、純粋でピュアなところを持っているらしいです。

今後、菅田将暉さんの演技を通じて、演技に対する想いが伝わる素敵な作品をたくさん見られることを期待しています!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-芸能人

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.