星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

救急車が無料から有料になる理由原因とその料金はいくら?

更新日

人の命を救命病棟に運び、そして命を救うために存在する救急車。

そんな救急車の有料化をするべきだという声が、医師からも多数の賛成を得ているそうで、そのニュースが時折流れてきます。

ネット上では、救急車の有料化に対しては、おおむね賛成の意見が多いらしく、それどころか、

「今更かよ」

という、『検討が遅すぎる』という意見すら出ているみたいです。

それにしても、なぜ、救急車の有料化が検討されているのでしょうか?

当記事では、救急車の有料化が検討されている理由について、調べてみました。

スポンサーリンク

アドセンス

救急車が有料化する可能性!

救急車

救急車と言えば、『119』で呼ぶことのできる、"動くことのできない傷病者"を医療施設まで迅速かつ安全に搬送してくれる車のことですよね。

たまに、

「ピーポーピーポー」

というサイレン音が遠くから聞こえたりもするでしょう。

このサイレン音を聞くと、どこかで人が倒れたのだろうか?と思ったりもするわけですが…。

そんな救急車。

実は、有料化するかもしれない、という話がちらほら囁かれています。

しかも、医師の86%が、

救急車を有料化することを検討するべき

という意見を持っているというのです。

では一体なぜ、救急車を有料化するべきだという声が挙がってしまっているのでしょうか?

 

救急車を有料化にする理由とは?

なぜ救急車を有料化するという話になっているのか、その理由を調べてみると、とんでもない事実が判明しました。

2016年の救急車出動は、過去最多の数となったそうで、しかも、その呼び出し理由に、

救急車をタクシー代わりに利用するために呼ぶ

という、あまりにも非常識な理由で119番する人がいるというのです。

こんな非常識な人間のせいで、本当に救急車を必要とする人の命が助からなかったら…

そう思うと、筆者も救急車の有料化には大いに賛成せざるを得ません。

また、救急車の1回の出動には、

4万5000円ほど

の費用がかかっていると言われています。

大切な税金が、タクシー代わりに利用しようという非常識な人のために使われていると思うと、救急車を有料化すべきだと思えてきませんか?

少なくとも、筆者はそう思います。

さらに、救急車出動の実態を調べてみると、

入院不要の軽症にもかかわらず、救急車を呼んだというケースが49.4%

と、ほぼ半数を占めていたことも判明しました。

どうやら、本来は救急車を必要としないにもかかわらず、

『安易に救急車を呼ぶ人達のみの出動に対して、救急車を有料化しよう』

という思惑があるみたいです。

本当に救急車を必要としている急患に対しては、お金を請求することはしないみたいです。

救急車の不急の出動を減らすため、総務省もついに動き始めました。

総務省消防庁は、統計を見直し、

  • 無料であること
  • 医療機関で優先的に診てもらう
  • 何処に診てもらえばよいのかわからない
  • 軽いけが

といった理由の要請については、

「救急車の必要性が低い」

と位置づけて集計するようですね。

総務省としても、何とかして救急車の効率的な運用を目指そうとしており、最悪の救急車有料化という事態を防ごうとしているみたいです。

筆者なら、まず

タクシー代わり > どこで診察を受ければいいかわからない > 搬送不要の軽症

のようにランク付けをします。

そして、より救急車を必要としない事例だった場合の費用負担を高額にする。

こうすることで、救急車が不要なのに119番通報をするという動きにブレーキをしていくべきだと思いますけどね。

あまりにも愚か者に対して罰金を科すのは、至極当然のことです。

 

救急車の有料化に対するネット上の反応は?

ネット上では、救急車の有料化検討に対し、冒頭でも少し触れたように、賛成意見が多数みられました。

「タクシー代わりにする奴にも無料とか、税金の無駄」

「医師の認定などがあれば無料にするシステムとかでいいよ」

「非常識な奴は問題になってることすら知らなさそうだから、いっそのこと法整備して有料化させるべき」

「使えるべき時に使えるよう、有料化には賛成」

と、有料化賛成の中でも、様々なアイデアが出ていることがわかりました。

また、

「総務省仕事遅すぎでしょ…」

「かなり前から言われてるのにやっと統計から見直しなの? 遅くない?」

と、総務省に対し、対応が遅すぎるとの厳しい意見も。

総務省としても、『7119』という相談窓口を用意したりと、色々手を打ってはいるみたいです。

しかし、何事も性善説で考えることから、やめてみてはいかがでしょう?

そもそも、軽症だったり、タクシー代わりに救急車を呼ぶなどという非常識な愚か者は、『7119』なんて利用しません。

筆者としては、

無料であることをいいことに、不正利用しようとする人間しかいない!

くらいの考えでやってほしいですね。

 

救急車の有料化で料金はいくらかかる?

お金

肝心の有料になった場合の救急車を呼ぶ料金についてですが、まだ検討というだけで、具体的な金額の話に発展しているわけではないみたいですね。

そのため、救急車の料金がいくらになるのかは、全くわかっていません。

ネットユーザーの中には、救急でもないのに気軽に救急車を呼んだ人へのペナルティとして

1万円くらい

にしてはどうかという意見もあるそうです。

そもそも、軽症の場合に救急車を呼ぶという行動は、結局、その人の不利益だったります。

救急受診をするとその分費用が上乗せになり、休日だった場合はさらに加算

されるからです。

やめた方がいいと思うのは、筆者だけでしょうか?

自己負担3割だったとしても、通常より数千円高い診察費になってしまうのです。

救急出動不要の軽症で119をしても、結局は、救急受診で自らの財布は薄くなり、将来的に救急車の有料化を招く原因になり、近い将来さらに財布が薄くなる…

デメリットしかないので、まずは自身の軽率な行動から控えてみて欲しいですね。

 

まとめ

救急車の有料化が検討されているわけですが、その原因を調べてみると、タクシー代わりに救急車を呼ぶなどという、

「これは有料化しても仕方ないわ」

と言いたくなりました。

また、非常識な人間がいたり、軽症にもかかわらず、何かあればとにかく救急車を呼ぶという人までいることが判明しました。

もちろん、救急車の有料化はまだ検討中の話です。

総務省は救急車の有料化を防ぐため、統計の基準を見直すことで、救急車の効率的な運用を目指す方針を固めました。

とは言っても、前々から問題になっていたのに、少し対応が遅すぎる気もします…。

非常識な人間に対して有料化することには、非常識な人間以外の全員が喜ぶくらい支持される案だと思います。

一刻も早い救急車の有料化を検討すべきだ…と思った次第です。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-時事