星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

家電

ガラホ・スマホ・ガラケーの機能の違いとは?価格はガラケーがお得

更新日

Appleが2007年に発売したiPhoneから、8年の月日が経とうとしていますが、その間アンドロイド系スマートフォン(スマホ)が登場したことで、ガラパゴスケータイ(ガラケー)という言葉も流行語になりつつ有りました。

そして、今度はスマホの機能を持ちながらガラケーのような折りたたみができる『ガラホ』という新機種が登場すると話題になっているようです。

そこで、本記事では、スマホ・ガラホ・ガラケーの特徴の違いに触れながら、新機種の価格の違いなどもご紹介していきます。

是非、今後スマホ・ケータイを買い換えるときの参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

アドセンス

ガラケーとスマホの特徴や違いとは?

ガラケーとスマホの違い

ガラケーとスマホ

現在、どこに行くにも連絡するツールとして手放せなくなってしまった携帯電話。

その形も時代とともに進化し、日本国内のみで発展を遂げてきたと言われる折りたたみ式のガラパゴスケータイ(ガラケー)と、ネット機能が進んでタッチパネル式で主に操作するスマートフォン(スマホ)の2系統のケータイ機種を軸に使われてきました。

ガラケーは、スマホのようなLTE通信などもなく、ネットが出来ると言っても、機能的には若干物足りなさを感じてしまうような機能しかありません。

その分、おサイフケータイやワンセグなどのスマホにはない独自機能が充実していて、さらに折りたたみができるタイプが多いので、画面が傷つきにくく安定性も高いです。

一方でスマホは、携帯電話というよりも、ネット端末と言った意味合いが強く、LTE通信機能も加わり、外出先でのインターネットを目的とするユーザーには画期的な携帯電話といえるでしょう。

また、ネット上で展開されているアプリを導入することで、よりカスタマイズ性も高く、自由度の高いネット端末と言っていいほど、携帯電話として機能性は高く、タッチパネルで操作できるのも魅力的です。

ただし、iPhoneはアプリもAppleが開発しているので、まだ安定稼働しますが、Androidに関しては、非常に自由度が高過ぎるOSのため、ウイルスなどセキュリティー面での不安もあり、時折不具合が発生することもありました。

この様にガラケーとスマホには違いがあり、本来の目的である携帯電話が確実に使いたいという方や、視覚的に操作が分かりやすい方が良いという方は、ガラケーを好んで使い、ネットライフを重視しているユーザーは、ガラケーよりも安定性の面で劣るものの、多少のリスクを承知でスマホを使っているといった感じです。

そのため2極化しながらも、どちらもユーザー達から愛された携帯電話として、今なおその人気を定着させているのです。

 

新たに登場したガラホの存在とは?

ガラホ

ガラホ

スマホ・ガラケー時代に、新たな形式の機種が登場し、今話題になっています。

その名も『ガラホ』というタイプの新しい携帯機で、デザインそのものは、ガラパゴスケータイそのもので、タッチパネルで操作するものではなく、テンキーやボタン操作による折りたたみケータイです。

ただし、中身は完全にAndroidOSが搭載されたスマホと同じで、画面は多少小さいものの、インターネットやオンラインゲームなど、スマホと同様の機能を持ち合わせているため、両方のいいとこ取りと言った言い方もできます。

もちろん、『ガラホ』が両方の良いとこ取りをしたといっても、画面はスマホより小さいですし、AndroidOSになっていることでガラケーより安定性は希薄となるでしょう。

結局は中途半端という印象も強いので、特化したメリットを得たい方には不向きかもしれません。

ただガラケーを求めるユーザーの中にも、スマホのような機能を満喫したいという方はいらっしゃいます。

そういったユーザー達のための新たなケータイとしては申し分なしと思いますし、今後第3のケータイとして注目されていくと期待しています。

 

スマホ・ガラホ・ガラケーの価格の違いは?

お金

ガラケーからスマホに変わることで、毎月のケータイ代が、割高になったというユーザーは多いと思います。

実際にネット上でもそういう意見を持つユーザーをよく目にします。

価格は、機種によっても変わりますが、スマホではLTEフラットが5,700円程割高(ガラケーで一切パケット通信しない場合の価格と比較して)でした。

実際、筆者の場合でも、スマホのことが分からず、LTEフラットで契約し、その結果5000円近く割高になり、結局毎月1万円程のケータイ料金となってしまいました。

今は、色々と知識を身に付け、LTE通信機能を最低の料金で済ますことができていますが、もし何も知識を持たずにいると、おおまかに言って、ガラケーなら月額2000円~5000円、スマホなら月額最低でも7000円~最高1万1000円ほどの価格になってしまうようでした。

そのため少なくとも筆者には、かなり割高で、なおかつ機能が安定しない『スマホ』という印象だけが強く残るようになってしまいました。

そんな中で『ガラホ』が第3のケータイとして登場するわけですが、多くのユーザーたちの意見は、

「何故か価格がスマホと変わらぬ割高なままであるのでは?」

と不安視する意見が集中しているように思います。

はたして『ガラホ』は、価格的に、ユーザーを満足させられるのか、今後の展開を楽しみにしていきたいと思います。

 

まとめ

いかがでしたか?

ガラケーや、スマホという今の時代に欠かすことの出来ない携帯電話が生活必需品として定着している今、新たにガラホという携帯電話が登場しようとしています。

まだ価格などは、はっきりしていませんが、ガラケーのデザインでタッチパネルではなくテンキーなどのボタン操作できるものの、AndroidOSを搭載しているので、本当に安定した操作が期待できるのか不安になります。

その上で料金も割高という話もあるので、期待をしているユーザーたちの不安の声も大きいですが、それは今後の展開次第で変わるでしょう。

筆者個人の意見としても、是非少しでもスマホより価格を抑えめにして、『ガラホ』がユーザーの期待に応えられる機種となることを祈ります。

スマホの記事はコチラもよく読まれています!

スマホは高温になると危険?夏場の使い方や注意点をチェック!

スマホの水没故障から9割復活させる方法とリバイバフォンの使い方

iPhone6Plusの爆発事故の原因はiPadの充電器?今後の対策は?

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-家電