星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

家電

ガラホ・スマホ・ガラケーの機能の違いと料金がお得なのは?

更新日:

Appleが2007年に発売したiPhoneから、10年の月日が経とうとしています。

その間にAndroid系スマートフォン(スマホ)が登場したことで、ガラパゴスケータイ(ガラケー)という言葉も流行語になったり。

そして、次にスマホの機能を持ちながらガラケーのような折りたたみができる『ガラホ』という新機種が登場。

『ガラホ』の利用を検討しているユーザーも増え始めているようです。

そこで本記事では、スマホ・ガラホ・ガラケーの3つの特徴の違いに触れながら、新機種の価格の違いなども紹介していきます。

ぜひ今後のスマホ・ケータイを買い換えるときの参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ガラケーとスマホの特徴や違い

ガラケーとスマホの違い

ガラケーとスマホ

現在、どこに行くにも、連絡手段としても手放せなくなってしまった携帯電話。

その形も時代とともに進化し、

  • 日本国内のみで発展を遂げ続ける折りたたみ式のガラパゴスケータイ(ガラケー)。
  • ネット機能が進んでタッチパネル式で主に操作するスマートフォン(スマホ)。

この2系統を軸に発展を遂げてきました。

ガラケーは、スマホのようなLTE通信などもなく、ネットができると言っても、機能的には若干物足りなさを感じてしまう機能しかありません。

その分、おサイフケータイやワンセグなど、スマホにはない独自機能が充実しています。

さらに折りたたみができるタイプが多いので、画面が傷つきにくく安定性も高いです。

一方でスマホは、携帯電話というよりも、ネット端末と言った意味合いが強いです。

外出先でのインターネットを目的とするユーザーには、画期的な携帯電話といえるでしょう。

また、ネット上で展開されているアプリを導入することで、カスタマイズ性もガラケーに比べ、圧倒的に高く、タッチパネルで操作できるのも魅力的です。

ただし、自由度が高過ぎるため、ウイルスなどセキュリティー面での不安もあり、時折不具合が発生することもありました。

このようにガラケーとスマホには、言葉が分かれたように違いがあります。

本来の目的である携帯電話として確実に使いたいという方や、視覚的に操作が分かりやすいほうが良いという方は、ガラケーを選択。

ネットライフを重視しているユーザーは、ガラケーよりも安定性の面で劣るものの、スマホを選択。

という住み分けになっている感じです。

どちらもユーザー達から愛された携帯電話として、今なおその人気を定着させています。

 

スマホでもガラケーでもないガラホ

ガラホ

ガラホ

スマホ・ガラケー時代に、新たな機種が登場し、話題になっています。

その名も『ガラホ』というタイプの新しい携帯電話。

デザインそのものは、ガラパゴスケータイそのもので、タッチパネルで操作するものではなく、テンキーやボタン操作による折りたたみ式ケータイです。

ただし、中身は完全にスマホと同じで、インターネットやオンラインゲームなど、スマホと同等の機能を持ち合わせています。

なので、『ガラホ』というのは、

『スマホ』と『ガラケー』のいいとこ取り

と言った見方もできるでしょう。

ただし、画面はスマホより小さい機種ばかりですし、AndroidOSになっていることもあって、ガラケーより安定性は劣るでしょう。

結局は、中途半端という印象も強いので、特化したメリットを得たい方には不向きかもしれません。

ただガラケーを求めるユーザーの中にも、スマホのような機能を使いたいという方もいます。

そういったユーザー達のための新たなケータイとしては『ガラホ』は申し分なし!

今後の第3のケータイとして、大注目されていく可能性を秘めていますね。

追記

まだスマホと比較して数は少ないのですが、キャリア系(ドコモ、au、ソフトバンク)から、それぞれガラホが発売されています。

⇒auはコチラ

⇒ソフトバンクはコチラ

⇒ドコモはコチラ

そして、一部では

『次第にガラケーが消えていく』

という噂も耳にしています。

ガラケーユーザーは、ガラホにスライドしていくことで、これまでの操作性を変えることなく使用できるので、さらにガラホが流行りそうな予感がしますね。

 

スマホ・ガラホ・ガラケーの価格の違いは?

お金

ガラケーからスマホに変わることで、毎月のケータイ代が、割高になったというユーザーは多いと思います。

実際にネット上でもそういう意見をよく目にしますね。

それもそのはず…。

機種や料金プランによっても変わりますが、

キャリア系(ドコモ、au、ソフトバンク)で契約すると、だいたい月額5,000円前後(ドコモは6,000円ちょっとが最低プラン)が最低料金。

割高になりますが、充実した無料通話や、キャリアメールを使いたかったら、キャリア系で契約するしか道がありません。

⇒auはコチラ

⇒ソフトバンクはコチラ

⇒ドコモはコチラ

また、別の選択肢として、格安スマホの場合、音声通話付きで月額2,000円前後が標準的です。

ただし、格安スマホは無料通話などがほとんどありません。

通話料も割高で、サポートがキャリア系と比較して悪いことも耳にします。

それを踏まえた上で格安スマホを選択するのならそれで良いでしょう。

⇒おすすめの格安スマホならコチラ

一方、ガラケーに関しては、だいたい月額2,000円前後といったところで、格安スマホと同等か、若干安いといったところでしょうか。

こちらは通話料も安く、サポートも充実しています。

そのため、総合的にあえてガラケーの方が良いという方もいるようです。

とくにオンラインゲームやインターネットをそれほど重視していないのであれば、ガラケーでも十分満足できるでしょう。

 

このようにキャリア系スマホと比較すると、格安スマホ・ガラケーは月額3,000円~4,000円ほど安くなる(プランによって多少額は変わりますが…)わけです。

さて、このことを踏まえて、ガラホの料金がどうなるのか。

ガラホは、見た目がガラケーであっても中身がスマホです。

そうである以上、スマホと契約プランは同じとなるのです。

ガラケー・格安スマホと比較して、かなり割高になってしまうことは否めないでしょう。

 

一応、Docomoを例に上げると、ドコモ携帯(実質ガラホ用)に、『ケータイパック(2GB)(300円~4,200円)』というプランもあるみたいです。

ただ話によると、すぐに定額まで容量を使いきってしまうため、月額3,500円の定額データパックSプランのほうが割安とか…。

つまり、いずれにしても割高なのは変わらず、できるだけ安くしたいのであれば、格安スマホを賢く使うというのがベストかもしれませんね。

 

まとめ

ガラケーやスマホという今の時代に欠かすことのできない生活必需品となった携帯電話。

新たにガラホという携帯電話が登場しはじめていますよね。

スマホよりも、これまでの折りたたみのガラケーの方が使いやすいという人も少なくなく、折りたたみが可能なガラホにスライドしているユーザーも増え始めているようです。

ただし、格安スマホと比較すると、若干の割高感は否めません。

今後は、更なるサービス改善を図りながら、ガラホが広まっていくことを期待したいですね。

スマホの記事はコチラもよく読まれています!

スマホは高温になると危険?夏場の使い方や注意点をチェック!

スマホの水没故障から9割復活させる方法とリバイバフォンの使い方

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-家電

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.