星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

漫画

銀の匙の休載理由は作者・荒川弘の家族が原因?連載再開時期も考察

更新日

週刊少年サンデーの人気漫画『銀の匙 Silver Spoon』(以下、『銀の匙』)。

2015年あたりから休載が増えはじめ、現在では、

長期休載→再開→数号後に長期休載

という状態を繰り返してしまっています。

一体、『銀の匙』作者の荒川弘先生になにがあったのでしょうか?

度重なる休載によって、ネットからは、悲しみの反応が数多く寄せられているようですが…。

気になった筆者は、早速、人気漫画『銀の匙』の休載理由と、連載の再開時期などについて調べてみることにしました。

スポンサーリンク

アドセンス

人気漫画『銀の匙』の休載理由は?

銀の匙

漫画『銀の匙』は、週刊少年サンデーで連載されている学園漫画作品です。

作者は、あの『ハガレン』こと『鋼の錬金術師』で有名な荒川弘先生。

『銀の匙』は、北海道の農業高校を舞台にしたバラエティ漫画で、

酪農家の生まれであり、農業高校に通っていた作者・荒川弘先生の経験

が漫画で描かれているみたいですね。

そんな『銀の匙』ですが、現在は休載中です。

そして、休載と連載再開を繰り返している状態なのです。

そもそも、『銀の匙』は、

  • 荒川弘先生にとって初めての週刊誌連載作品であること
  • 『銀の匙』の他にも『百姓貴族』を連載していたということ
  • 第二子・第三子の出産をしていること

などの理由から、ちらほらと休載自体はあったのです。

しかし、長期休載というのは珍しく、最初に『銀の匙』の長期休載となったのは、2014年のことでした。

この時は、

「このたび家族が体調をくずしてしまいまして、そちらの療養をサポートするため執筆ペースを調整することにしました」

という理由で、荒川弘先生は不定期連載を発表。

事実上の長期休載となりました。

ネット上では、休載理由が家族のサポートということから、

「おそらく、介護ではないか?」

との噂がありましたが、詳しいことはわかっていません。

その後、2015年4月に、約8か月ぶりとなる連載が再開されましたが、その後何号か連載した後、再び休載に。

2016年1月に再び連載を再開。

そして、またもや数号連載した後に長期休載へ入ってしまい、次に『銀の匙』が連載再開となったのは、2016年8月のことです。

「今度こそは大丈夫だろう…」

そう思っていた『銀の匙』ファンですが、残念なことに、2016年8月に、

「次号より、しばらくお休みします」

と、またもや長期休載となってしまうのです。

これには、『銀の匙』ファンも非常にがっかりしたことでしょう。

では、なぜ、2016年8月に、またもや『銀の匙』が休載になってしまったのでしょうか?

その理由を推察してみることにしました。

おそらく、『銀の匙』の度重なる休載の理由は、連載再開後、再び休載に入るまでの期間が非常に短いため、はじめての長期休載となった、

家族の病気が影響している

ことが考えられるのは、自然なことだと思います。

これまでに『銀の匙』作者の荒川弘先生は、

「寝ないで頑張る」

「妊娠しても漫画を描いた人」

と言われるほどに、漫画の連載を続けることに対する執念・根性がある人でした。

そんな荒川弘先生の休載ということであれば、よほどの理由があるのではないでしょうか?

ネット上の情報では、

夫か子供が難病や障害を患ってしまっているのではないか?

との見方があるみたいですね。

荒川弘先生のご両親に何かあったということであれば、実家にいると思われる荒川弘先生の姉や弟がどうにかしているはずですし…。

となると、こうも連続して長期休載をするという背景には、

荒川弘先生の夫や夫の家族、または荒川弘先生の3人の子供が、なにか重大な病気にかかっている

としか考えられません。

まぁこれはあくまでも推測です。

なぜ『銀の匙』の連載を休載しているのか、その明確な理由はわかりません。

 

『銀の匙』の再開時期に関しては、公式にはまだ発表されていませんので、

いつになるのかは、わからない

というのが現状です。

7~8か月の休載期間を経て、連載再開というケースがこれまでに多いので、もしかすると、

2017年3月頃

に、『銀の匙』に何らかの動きがあるかもしれませんね!

 

休載について『銀の匙』ファンの反応は?

『銀の匙』の度重なる休載に、ネット上ではどういった反応を見せているのでしょうか?

とくに『銀の匙』を楽しみにしていたファンからは、やはりというべきか、残念な声が数多く挙がっているようです。

しかしながら、

「家族の体調なら仕方がない」

「この人が休載するのはよほどのことだ」

という『銀の匙』の休載に関しての、作者・荒川弘先生への批判的な声はあまり見られていません。

 

ただ、荒川弘先生は、別冊少年マガジンの『アルスラーン戦記』の連載においては、連載を続けており、

「こっちの方も一緒に休載するのであれば納得ができるが、『銀の匙』だけとかありえないだろ」

「『アルスラーン戦記』の方が好きじゃないからこっちを休載してほしい!」

といった、若干批判めいた声も。

『アルスラーン戦記』といえば、『銀英伝』こと、『銀河英雄伝説』で有名な田中芳樹先生原作の小説です。

そんな田中芳樹先生の『アルスラーン戦記』を、荒川弘先生が作画を担当し、一部ストーリーの改変もしながら、別冊少年マガジンで連載をしているのです。

この状況について『銀の匙』ファンからは批判が飛び交っているわけですが、正直なところ、『銀の匙』よりも、『アルスラーン戦記』が優先されてしまうのは、仕方のないことだと思います。

なぜなら、『銀の匙』は荒川弘先生オリジナルの作品ですが、今触れたように、『アルスラーン戦記』は、田中芳樹先生原作の作品です。

つまり、自分の作品ではないものを手がけているわけですから、自分のものよりも優先されるのは当然と言えるでしょう。

もちろん、『銀の匙』ファンとしては、『銀の匙』の連載を優先して続けて欲しいとは思いますが…。

まぁ、『銀の匙』は、週刊少年サンデーの看板漫画であり、サンデーの支えになっている漫画でもあります。

おそらく打ち切りになることはないと思われますし、最悪の事態については考える必要はないでしょう。

しかし休載について、詳しい理由が明かされないままでは、きっと『銀の匙』ファンはヤキモキしているはず。

ぜひ一度、荒川弘先生に、何らかの説明をしてほしい…

そう思う次第です。

 

まとめ

週刊少年サンデーの人気漫画『銀の匙』の休載理由や、再開時期については、

公式では何も発表はありません。

ただ、おそらくは以前からの休載理由である、

作者の荒川弘先生の家族に何か異変があり、体調が再び悪くなってしまい、荒川弘先生はその看病に追われているのではないか?

というのが、ネット上の『銀の匙』休載理由のようです。

実際はどういった理由で『銀の匙』を休載しているのかは不明ですが、『銀の匙』ファンとしては、いち早い連載の再開を祈りたいところですね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-漫画