星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

漫画

とよたろうを鳥山明が指名?ドラゴンボール超の作画担当の経緯とは

更新日

鳥山明先生のドラゴンボールシリーズ最新作『ドラゴンボール超』。

この『ドラゴンボール超』は、Vジャンプでも連載されているのですが、その作画を手がけているのは、実は、

鳥山明先生ではありません。

なんと、とよたろうさんなのです。

『ドラゴンボールAF』という同人作品を知っている人ならば、toybleという名前を聞いたことがあるかもしれません。

実は、このtoybleさんこそが、現在『ドラゴンボール超』のコミカライズ版で作画を担当している、とよたろうさん!

では一体なぜ、とよたろうさんは、公式に作画を担当されるまでに至ったのでしょうか?

当記事で、とよたろうさんが、『ドラゴンボール超』の作画を担当するまでに至った経緯をお話していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

『ドラゴンボール超』の作画担当・とよたろうとは?

とよたろう

鳥山明先生の大ヒット作品である『ドラゴンボール』。

すでに『ドラゴンボール』の連載そのものは、かなり前に終わっていますが、『ドラゴンボール』人気は、今もなお続いていますよね。

アニメに関しても、魔人ブウとの戦いの後を描く『ドラゴンボール超』がアニメ放送されていますし、コミカライズ版も連載されています。

実は、この『ドラゴンボール超』、コミカライズ版ですが、鳥山明先生は、原案・監修をしているだけで、実際に絵を描いているわけではありません。

『ドラゴンボール超』の作画は、とよたろうさんが担当しているのです。

『ドラゴンボール』なのですから、てっきり鳥山明先生が作画をしているとばかり思っていたのですが、絵の全てはとよたろうさんが手がけているという事実に驚いた次第です。

今では知る人ぞ知るといった、とよたろうさんですが、ここで改めて、とよたろうさんについて紹介していきますね。

とよたろうさんは、もともとは同人作家で、toybleという名前で活動していました。

有名なのは、『ドラゴンボールGT』のその後の世界を描いた

『ドラゴンボールAF』

という同人漫画を描いていたことですね。

『ドラゴンボールAF』自体は、一説によると、アメリカの同人作品らしいです。

要するに、とよたろうさんは二次創作作品を作っていた作家だったわけです。

 

しかし、とよたろうさんが普通の同人作家と違ったのは、ここからです。

なんと、たまたまとよたろうさんの作品が鳥山明先生の目に留まり、作風があまりにも鳥山明先生の描いた『ドラゴンボール』の作風に似ていることから、

鳥山明先生自身が、とよたろうさんを作画担当として引き抜いた

のです。

その後、toybleから、とよたろうに改名し、

Vジャンプで掲載された映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』のコミカライズ版の作画を担当

することに!

さらには、鳥山明先生とタッグを組んで、

『ドラゴンボール超』の作画を任される

までになったのです。

ただ、鳥山明先生がとよたろうさんを引き抜いた話は、

あくまでも噂でしかない

そうで、実際は、どういった経緯で、とよたろうさんが『ドラゴンボール超』の作画担当に指名されたのかは不明です。

 

どちらにせよ、現在『ドラゴンボール超』の作画を担当している、とよたろうさんは、

もともとは同人作家だった

という、プロではない人物だったのです。

そんなとよたろうさんが、公式に『ドラゴンボール超』の作画担当にいるわけですから、とんでもないサクセスストーリーでしょう。

どんな経緯があって、現在の地位におさまったのかわからないので、とよたろうさんには、公式の作画担当に至るまでのストーリーも、ぜひ漫画化してほしいところです。(笑

 

とよたろうは『ドラゴンボール超』のキャラデザも担当!

ドラゴンボール

今回の『ドラゴンボール超』のとよたろうさんによる作画は、どれを見ても鳥山明先生がドラゴンボールで手がけた作風にそっくりです。

できるだけ、鳥山明先生の作風を忠実に再現したかったのでしょうね。

そしてこれが、とよたろうさんの作風を鳥山明先生にアピールするには十分だったようです。

2017年2月21日にVジャンプ4月号で掲載された、『ドラゴンボール超』全破壊神のイラストでは、全12宇宙の破壊神たちの中で、

鳥山明先生が4体

とよたろうさんが6体

合同デザインが2体

と、実に半数もの破壊神を、とよたろうさんがデザインしているのです。

ただ作画を担当していただけではなく、とよたろうさんはついに、キャラクターデザインまで一部任されるようになったわけですね。

しかも、破壊神と言えば、劇場版の『復活のF』でも登場したビルスのような、ストーリーでは非常に重要なキャラクターです。

そんな重要なキャラクターの半数を、とよたろうさんが手がけていることになります。

(ちなみに、ビルスは鳥山明先生がデザインしています。)

これには、ネット上でも驚きの声が続出!

「ついに重要なキャラまでとよたろうが手がけるのか!すごいな!」

「昔の鳥山明のデザインっぽいし、いい感じ」

「同人作家が公式の描き下ろしを任されるとか、出世しすぎでしょ!」

と、多くの人がとよたろうさんを祝福していました。

また、鳥山明先生も、

「最も僕に近いかもしれない」

「とよたろう先生みたいに、お話としてもっていける作家さんというのはなかなかいない!」

「ネームがしっかり描けているのが素晴らしい!」

と、とよたろうさんのことを絶賛!

これで鳥山明先生公認の『ドラゴンボール』の後継者と言っても過言ではありません。

今後も、とよたろうさんには、ぜひ、『ドラゴンボール』シリーズを数多く手がけてほしいところですね!

 

まとめ

『ドラゴンボール超』のコミカライズ版の作画を手がけているとよたろうさん。

もともとは、toybleという同人作家でした。

そんな同人作家だったとよたろうさんが、現在では『ドラゴンボール超』の作画を担当することになりましたし、さらにはキャラクターデザインも一部は任されているのです!

プロではなかった作家が、たまたま鳥山明先生の目に留まり、そしてここまでの大出世を果たす…。

本当に、人生は何が起こるかわからないものですね。

ドラゴンボールの記事はコチラもよく読まれています!

ドラゴンボール超のストーリーや放送日と時間!声優に変更は?

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-漫画