星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ゲーム

スパロボBXの登場作品一覧!評判や感想まとめ!反応は微妙?

更新日

バンダイナムコの人気シリーズである通称スパロボこと『スーパーロボット大戦』。

ロボットアニメのクロスオーバー作品となっており、多数のロボットアニメの登場人物・メカが夢の共演をする、ある種のお祭りゲームでもありますね。

筆者も少しではありますが、これまでにプレイしたことのある作品です。

そんなスパロボですが、最新作の発表がありました。

その名も『スーパーロボット大戦BX』。

ニンテンドー3DSでの発売となるらしく、さらには早くもスパロボBXの参戦作品も判明しました。

当記事では、スパロボBXの参戦作品や、公開情報のネット上での評判や感想をまとめてみました。

スポンサーリンク

アドセンス

『スパロボBX』の参戦作品紹介!

聖戦士ダンバイン

ダンバイン

ダンバイン

異世界ファンタジー系ロボット作品の始まりともいえるのが、この『聖戦士ダンバイン』という作品です。

スパロボでは旧シリーズから、何度も登場している作品で、過去に『EX』『第四次』『F』『COMPACT』シリーズで登場、さらにはニンテンドー3DSの『UX』でも登場しています。

New Story of Aura Battler DUNBINE

『聖戦士ダンバイン』の続編となる作品で、総集編OVAに特典として同梱され、全3話まであります。

スパロボでの歴史としては『第4次』で隠し要素として機体のみが登場しています。

その後は、『COMPACT3』でキャラクターも登場しています。

絶対無敵ライジンオー

ライジンオー

ライジンオー

エルドランシリーズ第1作となる『絶対無敵ライジンオー』は『OE』以来の登場となります。

過去のスパロボでは、『GC』『XO』『NEO』で登場しています。

他のエルドランシリーズが登場しないので、なぜライジンオーのみを登場させたのかが少し疑問に思いますが…。

この作品だけ人気が高いということでしょうか?

勇者王ガオガイガー

ガオガイガー

ガオガイガー

勇者シリーズでは権利の問題やバンダイナムコのライバル、タカラトミーが手がけているためゲームに登場することは難しい状態でした。

そんな中、勇者シリーズで唯一登場したことのある作品が『勇者王ガオガイガー』です。

これまでのスパロボには、『第2次α』『第3次α』『W』『モバイル』で登場しています。

しかし、続編にあたる『勇者王ガオガイガーFINAL』が登場しないようなので、筆者的には少し残念ですね。

ただ、ガオガイガーFINALまで登場させてしまうと、主役級の強力ユニットになることは間違いないので、ゲームバランス的な問題が考慮されて本作のみということかもしれません。

機動戦士ガンダムUC

ガンダムUC

ガンダムUC

バンダイとの契約があり、必ずスパロボシリーズに1作品以上登場するのが、お馴染みのガンダムシリーズです。

今回のガンダムUCは全7話が劇場で公開され、宇宙世紀シリーズファンの間では大きく話題になりました。

スパロボにおいては『第3次Z』で初登場、時獄篇・天獄篇の両方に登場しています。

ガンダム作品はスパロボのストーリーの主軸に絡んでくるケースが多く、今回はガンダムUCが大きく関わってきそうですね。

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-

ガンダムOO

ガンダムOO

ガンダムOOは劇場版のみの登場となります。

スパロボにおけるガンダムOOは『第2次Z』が初登場(テレビシリーズ)し、その後『第3次Z』では劇場版の人物や機体が登場することになります。

劇場版自体の初登場は『UX』です。

最近のスパロボでは宇宙世紀以降のシリーズの登場は、ガンダムOOが多い気がしますね。

『第2次Z』以降全てに登場しているといってもいいくらいの登場頻度です。

劇場版 マクロスF

マクロスF

マクロスF

「マクロスFの劇場版が登場」とあるので、おそらくは『虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~』『恋離飛翼~サヨナラノツバサ~』の劇場版二部作の両方を扱うということなのでしょう。

スパロボにおいては『第2次Z』が初登場となっていますが、ここでは機体のみです。

劇場版のストーリーが再現されたのは『UX』に登場した時のみとなります。

マクロスFも最近のスパロボシリーズではかなりの登場頻度だと思います。

真マジンガー 衝撃!Z編

真マジンガー

真マジンガー

スーパーロボットの代表的作品ともいえる『マジンガーZ』のリメイク版として放送されたのが『真マジンガー 衝撃!Z編』です。

真マジンガーは『第2次Z』で、『マジンガーZ』と入れ替わる形で登場、その後『第3次Z』にも登場し主役級のロボットとして活躍します。

ガンダムシリーズ・ゲッターシリーズと並ぶ、スパロボ御三家ともいわれるマジンガーシリーズですが、ゲーム上ではマジンカイザー以外あまり強くなく、活躍の機会に恵まれませんでした。

しかし、真マジンガーはかなりの強ユニットとなっているので、これからのマジンガーは、こちらが主流になっていくかもしれませんね。

マジンカイザーSKL

マジンカイザーSKL

マジンカイザーSKL

マジンカイザーシリーズの最新作ではありますが、これまでのマジンカイザーシリーズと設定上のつながりはなく、登場人物や機体デザインなどもオリジナルの作品です。

スパロボにおいては『UX』が初登場。

上記の真マジンガーと、どのような絡みを見せるのか楽しみです。

機動戦艦ナデシコ

機動戦艦ナデシコ

機動戦艦ナデシコ

90年代のロボットアニメといえば、真っ先に思い浮かぶ方も多い名作『機動戦艦ナデシコ』。

スパロボでは声のつかない携帯機シリーズの登場が多く、多くは劇場版とともに扱われることが多いです。

『BX』ではテレビシリーズのみの登場ということなので、少し残念に思います。


 

ここからは、新規参戦作品を紹介していきます。

機甲界ガリアン

ガリアン

ガリアン

80年代のロボットアニメで『太陽の牙ダグラム』『装甲騎兵ボトムズ』の高橋良輔氏が監督を務めた作品です。

中世騎士物語風のファンタジー物であり、壮大なSFでもあるという凝った世界観であり、本来は1年間放送する予定でした。

しかし、プラモデルの売り上げ状況の事情により、たったの半年間の放送となってしまった不運な作品です。

巨神ゴーグ

巨神ゴーグ

巨神ゴーグ

『機甲界ガリアン』と同じ80年代の作品で、全26話が放送されました。

ロボットアニメと銘打っているものの、主人公が操縦する、敵を倒し平和を守るといったロボットアニメのお約束が全くと言っていいほど存在せず、ストーリー重視の冒険物語という異色のアニメです。

『巨神ゴーグ』は、作風が玩具を売るという路線ではなかったために実現した、隠れた名作といってもいい作品で、マイナーながらも高評価をうけているようです。

SDガンダム外伝

SDガンダム外伝

SDガンダム外伝

SDガンダムが、まさかのスパロボ参戦となります。

というのも、『UX』での『SDガンダム三国伝』が好評だったことによる急遽の参戦決定らしく、『BX』で大きくストーリーに絡んでくるということはないのかもしれませんね。

詳細は不明ですが、おそらく『SDガンダム外伝』は、4編全てを扱うのではないかと思われます。

機動戦士ガンダムAGE

ガンダムAGE

ガンダムAGE

ガンダムシリーズとしては久しぶりの1年放送作品だったガンダムAGEが初参戦です。

筆者的に、アニメはあまり良い出来だったとはいえず、子供向け・従来のガンダムファン向けの両取りを目指したものの、そのどちらからも不評で中途半端だったという印象が未だに残っています。

ただ、スパロボではガンダムSEEDのように、ゲーム内でファン納得のストーリーにリメイクされることが多いので、どのように『スパロボBX』の世界と絡んでくるのか楽しみです。

ちなみに、ストーリーは第3部となるキオ編以降を扱うそうです。

マクロス30 ~銀河を繋ぐ歌声~

マクロス30

マクロス30

こちらはアニメではなく、PlayStation3用のゲームソフトです。

マクロスシリーズオールスターのようなゲームとなっており、全てのマクロスシリーズ主要キャラクターが参戦すると言っていいのではないでしょうか。

『BX』では『劇場版 マクロスF』のストーリーに、その他のマクロスシリーズキャラクターが関わる形になるだろうと予想されます。

 

スパロボBX参戦作品のネットの評判や感想は?

さて、スパロボBXの参戦作品が一通り判明しましたが、ネット上ではどのように受け止められているのでしょうか?

どうやらスパロボユーザーにはあまり評判はよくないようです。

多く聞かれた意見としては、

「参戦作品が地味すぎて全く買う気が起きない」

「BXは中年世代向け」

「よくこのラインナップで企画が通ったな」

というものでした。

確かに、筆者からしても今回の参戦作品ラインナップは地味であり、売る気があるのだろうか?とさえ思ってしまうほどでした。

特に、『機動戦艦ナデシコ』『勇者王ガオガイガー』は続編が登場せず、スパロボ的には中途半端さが目立ちます。

スパロボ関係者のインタビューで、

「ストーリーはBXだけで完結する」

と述べていたそうなので、続編も期待できません。

また、メインストーリーに絡みそうな作品も全くないため、内容がひどく薄いものになってしまいそうな予感がしますね。

ネット上の評判や感想を見ていると、全体的に地味なラインナップであることから、

「濃厚かつファンが納得するようなストーリー構成ができるのか?」

という不安を抱いている方が多いように感じました。

 

おわりに

いかがでしたか?

スパロボシリーズ最新作となる『スーパーロボット大戦BX』は8月20日に発売。

価格は6,640円となっています。

ネット上では、価格の割に登場作品も地味ということで、あまりいい評価は得られていないようでした。

筆者としても、スパロボBXはうーん…と思わず唸ってしまいました。

「登場作品を見てここまで食指が動かされないシリーズも初めてだ…」

と思ってしまったくらいです。

元々、思い切ったラインナップにすることが多い、スパロボの携帯機作品ですが、その思い切りの良さも失われてしまっている気がしますね。

スパロボBXは、今後明らかになっていくであろう情報でファンの心を掴むことができるのでしょうか?

是非良い続報を期待したいものです。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ゲーム