星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

視力回復の切り札バイオニックレンズ!そのメリットとデメリット!

投稿日

パソコンやスマートフォンなどの電子機器が普及するとともに、現代人の視力は低下傾向にあると言われています。

この記事を読んでいる皆さんの中にも、メガネやコンタクトを常備している方が多いのではないでしょうか?

メガネやコンタクトレンズは装着が面倒ではありますが、かと言って、視力を回復すべくレーシック手術を受ける勇気も、なかなか出ませんよね。

そんな方たちのための、新しい視力回復の方法として、『バイオニック・レンズ』と呼ばれるものが先日発表されました!

もしかしたらレーシック手術よりも安全に視力を回復できるかもしれない『バイオニック・レンズ』。

どんな視力回復方法なのか気になりますよね?

今回は、この『バイオニック・レンズ』について、その方法やメリットなどについて調査しました!

スポンサーリンク

アドセンス

バイオニック・レンズによる視力回復の方法とは?

バイオニックレンズ

失われた視力を取り戻す方法としては、メガネやコンタクトレンズといった、医療機器の装着による矯正が一般的です。

これらはあくまで、器具によって見え方を変えるだけの対処療法であり、当然メガネやコンタクトをしているだけでは、視力が自然に回復することはありません。

一方で、最近では角膜に処置を施すことで、元の視力そのものを回復させる「レーシック手術」も普及してきていますが、そのリスクや副作用が問題視されていることも事実です。

そんな中、新しい視力回復の方法として、「バイオニック・レンズ」がいま注目されています!

バイオニック・レンズとは、カナダの医師が開発した視力回復法であり、なんとわずか8分の施術で、視力を3.0まで回復させることができるというのです!

具体的には、人体に無害なポリマー材料でできたレンズを眼球の上に固定し、特殊な紫外線射出装置によってレンズを削り、視力を調整するようです。

簡単に言えば、今までのメガネヤコンタクトといったレンズを、眼球の上に直接固定してしまおう、ということですね。

 

バイオニック・レンズのメリットとは?

喜ぶ女性

眼球に対して直接手術をおこなう方法といえば、「レーシック手術」とどこか似ているような気がしますが、視力回復方法としてバイオニック・レンズが優れている点は何なのでしょうか?

第一に、レーシック手術のように直接角膜に手を加えるわけではないので、痛みはほとんど無いということです。

レーシック手術は、受けた人の4割が術後に「目に激しい痛みを感じる」などの違和感を訴えている、という調査もあり、バイオニック・レンズにはそういった後遺症のリスクが少ないのかもしれません。

また、レーシック手術は、場合によっては術後に再び視力が低下してしまう恐れがありますが、バイオニック・レンズでは経年による視力の再低下も起こらないとのこと。

さらに、レーシック手術が10~30分掛かることに比べて、バイオニック・レンズの手術はわずか8分で全ての行程が完了します。

以上のように、レーシック手術よりも目に対する負担が少ないのが、バイオニック・レンズのメリットのようです。

現在はまだ遠視や白内障の治療にしか用いられていませんが、今後開発が進めば、日本人に多い近視の治療への応用も期待できますね!

 

バイオニック・レンズの価格は?

お金

そんな最先端の医療を駆使したバイオメカニック・レンズですが、いざ手術を受けようとなると、どれくらいの価格になるのか、気になりますよね?

残念ながら、現段階ではバイオニック・レンズに関する価格の情報は無く、どれくらいの金額で手術を受けられるのかはわかりません。

参考として、他の視力回復手段の大体の価格を調べてみました。

メガネ 5000円~5万円
コンタクトレンズ 一ヵ月2000円
レーシック手術 両目10万~24万円

 

メガネは、レンズの素材や度数、あるいは遠近両用か近視用か、など、メガネの性能や品質によって価格が大きく変化します。

コンタクトレンズはハードやソフト、使い捨てなど様々な種類がありますが、おおむねどのサービスであっても月額2000円程度で使用することができそうです。

レーシック手術は、使用する機器や技術の違いによって値段に差がありますが、メガネやコンタクトに比べればとても高額であると言えます。

まして、バイオニック・レンズとなると、特殊な素材でできたレンズや、繊細に動作する紫外線射出装置など、高度な器具と手順が必要となります。

ですから、レーシック手術より施術時間が短時間であるとはいえ、導入すべき物品が多いことから、レーシック手術より高価となる可能性も否定できません。

したがって、バイオニック・レンズの価格は、安くても20万円程度に見積もっておくのが妥当でしょう。

少なくとも、メガネやコンタクトのように、気軽に導入できる価格ではない可能性が高く、そうなると、バイオニック・レンズは経済的なデメリットがある、とも言えますね。

 

バイオニック・レンズにデメリットは無いの?

不安

そんなバイオニック・レンズですが、価格以外のデメリットは無いのでしょうか?

現在のところ、後遺症や副作用といった重大なデメリットは報告されていないようで、視力回復法の中では比較的安全な部類に入っています。

ただし、1つ気をつけなければならないのは、手術の影響による視力低下が無いとはいえ、自然な視力低下を防ぐことはできない、ということです。

バイオニック・レンズで視力を取り戻しても、また視力が低下してしまっては。せっかく手術をした意味が無くなってしまいますよね?

さらに、バイオニック・レンズの特性上、もう一度視力が低下してしまっても、その上からさらにレンズを追加する、というのは難しいと考えられます。

暗い部屋でスマホを見ていたり、一日中パソコン画面に目を近づけすぎていたり……

視力を回復させる前に、自分の視力がどうして下がってしまったのかをしっかり考えて、バイオニック・レンズの手術を無駄にしないように心掛けることも、大切かもしれませんね。

また、現在は表立ったデメリットが無いにしても、今後バイオニック・レンズが普及するにつれて、様々なリスクが表面化する恐れもあります。

実際、レーシック手術が登場したのは2000年頃でしたが、そのリスクや危険性が明らかになってきたのは2013年になってからでした。

今は安全と考えられているバイオニック・レンズですが、術後の安全も確かに保障されているのか、臨床実験や手術の結果に注目しておく必要はありそうです。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、先日話題になった新しい視力回復方法、「バイオニック・レンズ」について解説してきました。

レーシック手術のようなリスクが少なく、夢のような治療技術ではありますが、まだまだデメリットが不明瞭であることも事実。

ネット上でも半信半疑といった声が多く見られ、実際に日本で普及するまでには、まだまだ時間が掛かりそうです。

しかし、こういった視力回復の技術が安全に確立されれば、メガネやコンタクト無しで視力が回復できるような、すばらしい時代が訪れるかもしれませんね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-雑学