星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

視力回復の新技術?バイオニックレンズの効果とデメリットの存在

更新日:


パソコンや、スマートフォンなどの電子機器が普及するとともに、現代人の視力は低下傾向にあると言われています。

メガネや、コンタクトレンズは装着が面倒ではありますが、かといって、視力を回復するためにレーシック手術に踏み切る勇気もなかなか出ませんよね。

そんな人たちのための新しい視力回復の方法として、

『バイオニックレンズ』

と呼ばれるものが、現在開発されているとのこと。

一体、どんな視力回復方法なのか気になりますよね。

今回は、この『バイオニックレンズ』について、その方法やメリットなどについて調査してみました。

スポンサーリンク

バイオニックレンズによる視力回復の方法とは?

失われた視力を取り戻す方法としては、メガネやコンタクトレンズといった、医療機器の装着による矯正が一般的です。

ただ、これらはあくまで、器具によって見え方を変えるだけの対処療法であり、メガネやコンタクトをしているだけでは、もちろん視力が自然に回復することはありません。

一方で、最近では角膜に処置を施すことで、視力そのものを回復させるレーシック手術も普及してきています。

こちらは、そのリスクや副作用が問題視されていることも事実です。

そんな中、新しい視力回復の方法として、

『バイオニックレンズ』

が注目されています!

『バイオニックレンズ』とは、カナダの医師が開発した視力回復法です。

なんと…

わずか8分の施術で、視力を3.0まで回復させる

ことができるというのです。

具体的には、

  1. 人体に無害なポリマー素材のレンズを眼球の上に固定
  2. 特殊な紫外線射出装置によってレンズを削り、視力を調整

するようです。

簡単に言えば、

今までのメガネヤコンタクトといったレンズを、眼球の上に直接固定してしまう


次のページへ >

-雑学

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.