星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

視力回復の新技術?バイオニックレンズの効果とデメリットの存在

更新日:

パソコンや、スマートフォンなどの電子機器が普及するとともに、現代人の視力は低下傾向にあると言われています。

メガネや、コンタクトレンズは装着が面倒ではありますが、かといって、視力を回復するためにレーシック手術に踏み切る勇気もなかなか出ませんよね。

そんな人たちのための新しい視力回復の方法として、

『バイオニックレンズ』

と呼ばれるものが、現在開発されているとのこと。

一体、どんな視力回復方法なのか気になりますよね。

今回は、この『バイオニックレンズ』について、その方法やメリットなどについて調査してみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

バイオニックレンズによる視力回復の方法とは?

失われた視力を取り戻す方法としては、メガネやコンタクトレンズといった、医療機器の装着による矯正が一般的です。

ただ、これらはあくまで、器具によって見え方を変えるだけの対処療法であり、メガネやコンタクトをしているだけでは、もちろん視力が自然に回復することはありません。

一方で、最近では角膜に処置を施すことで、視力そのものを回復させるレーシック手術も普及してきています。

こちらは、そのリスクや副作用が問題視されていることも事実です。

そんな中、新しい視力回復の方法として、

『バイオニックレンズ』

が注目されています!

『バイオニックレンズ』とは、カナダの医師が開発した視力回復法です。

なんと…

わずか8分の施術で、視力を3.0まで回復させる

ことができるというのです。

具体的には、

  1. 人体に無害なポリマー素材のレンズを眼球の上に固定
  2. 特殊な紫外線射出装置によってレンズを削り、視力を調整

するようです。

簡単に言えば、

今までのメガネヤコンタクトといったレンズを、眼球の上に直接固定してしまう

という考え方ですね。

 

バイオニックレンズのメリットとは?

『バイオニックレンズ』は、眼球に対して直接手術をおこなう方法になりますが、それだけ聞くと、レーシック手術と似ているような気がします。

視力回復方法として、『バイオニックレンズ』がとくに優れている点は何なのでしょうか?

これは第一に、レーシック手術のように直接角膜に手を加えません。

よって、

痛みはほとんどない

ということです。

レーシック手術は、受けた人の4割が術後に

「目に激しい痛みを感じる」

などの違和感を訴えている調査結果もあります。

『バイオニックレンズ』には、そういった

後遺症のリスクが少ない

のかもしれません。

また、レーシック手術は、場合によっては術後に再び視力が低下してしまう恐れがあります。

一方で『バイオニックレンズ』では、

経年による視力の再低下も起こらない

とのこと。

さらに、レーシック手術が10~30分の時間がかかることに比べて、『バイオニックレンズ』の手術はわずか

8分

で終了します。

以上のように、レーシック手術よりも目に対する負担が少ないことが、『バイオニックレンズ』のメリットのようです。

現在は、まだ遠視や白内障の治療の開発しか進んでいませんが、今後、『バイオニックレンズ』が実用化となれば、日本人に多いとされる近視の治療への応用も期待できますね!

 

バイオニックレンズにかかる費用・料金は?

そんな最先端の医療を駆使した『バイオニックレンズ』ですが、いざ手術を受けると、どれくらいの費用・料金になるのか、気になりますよね?

ただ残念ながら、まだ『バイオニックレンズ』は開発中です。

そもそも実用化していないことから、費用や料金を語る以前の問題です。

厳密に言えば、『バイオニックレンズ』の製品化まではできているようですが、臨床実験のデータが足りていないようです。

この『バイオニックレンズ』が一般的に普及することになった場合、

3200ドル前後

になるだろうとのこと。

日本円に換算すると、約36万円ですね。(2017年3月)

かなりの高額と言えそうです。

レーシック手術より高めの料金設定であると考えるべきでしょう。

 

バイオニックレンズにデメリットはある?

さて、新しい視力回復に有効な『バイオニックレンズ』ですが、費用や料金以外のデメリットはないのでしょうか?

調べてみると、現在までにデメリットは確認されていないと報告が出ています。

…というよりも、『バイオニックレンズ』の臨床実験のデータが足りていないため、

デメリットがあるかどうかすらわからない

というのが適切でしょうか。

つまり、どんなデメリットが起こるかすらわかっていない段階のため、まだまだ『バイオニックレンズ』の実用化には時間がかかるわけです。

また、臨床実験が進んで、デメリットがないと断言されたとしても、油断は禁物。

レーシック手術が登場したのは、2000年頃でした。

そして、そのリスクや危険性が明らかになってきたのは、初登場から10年も経過した2013年になってからでしたよね。

『レーシック難民』

という人たちまで現れてしまったわけですし、今回の『バイオニックレンズ』の利用は慎重にならざるをえないでしょう。

また、この『バイオニックレンズ』は、眼球が完全に育ち切ってからでないと行えないそうです。

目の成長が落ち着く25歳以上

が治療の対象とのこと。

年齢制限があることにも注意が必要です。

さらに、実用化されたとしても、最初はおそらくカナダを中心として行われると思います。

そのため、

日本での実用化は当分先が予想される

ということも、デメリットになるでしょうね。

そもそも、まだ臨床実験のデータが足りていないわけですし、この『バイオニックレンズ』に、今から期待するのは早すぎるわけで…。

利用の計画については、日本で『バイオニックレンズ』が実用化されるようになってからにしましょう。

現段階で存在しないものについて、あれこれ考えたところで意味はないでしょう。

 

まとめ

今回は、新しい視力回復方法として期待されている『バイオニックレンズ』について解説してきました。

この『バイオニックレンズ』は、レーシック手術のようなリスクが少なく、夢のような治療技術ではありますが、まだまだデメリットが不明瞭であることも事実。

ネット上でも半信半疑といった声が多く見られます。

そもそも、『バイオニックレンズ』が実用化されても、はじめはカナダを中心に広まると予想されます。

実際に日本で普及するまでには、まだ数年以上の時間がかかりそうですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-雑学

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.