星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

AKB

SNH48の中国メンバーが超絶かわいい!?画像と選抜総選挙まとめ

更新日:

結成当初は、日中関係の冷え込みも影響し、ある意味で見向きもされていなかったSNH48。

そんな彼女たちが、ようやく本格始動し始めると、ファンもSNH48メンバーを

『かわいい』

と大絶賛し始め、異様なブレイクを見せていきました。

そんな印象も与えるSNH48の現在の人気ぶりは、AKB48グループのファンとしては実に嬉しい話です。

その一方で、問題が起こったためにグループから除外されてしまったという話も…

そこで本記事では、SNH48メンバー達の魅力や、グループから外されるまでの経緯、そして当時所属していた宮澤佐江さん・鈴木まりやさんのAKB48選抜総選挙の結果などをまとめていきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

SNH48が『超絶かわいい』というのは本当?

AKB48グループ総合プロデューサーの秋元康氏の提案により、海外で二つ目のAKB48姉妹グループとして中国に誕生したSNH48。

(一応、計画としては台湾拠点のTPE48が先に動き、位置づけでは3番目ですが、TPE48の活動がないため、事実上2番目)

当時、ジャカルタを拠点とするJKT48に続く、海外姉妹グループを結成するということ、それに

宮澤佐江さん、鈴木まりやさんが、AKB48から移籍する

というニュースで、一気に注目された姉妹グループという印象を持っていました。

ただ悲しいことに、政治的要素がここで大きく絡みます。

日本人である宮澤・鈴木の二名は、中国の就労ビザが降りずに、劇場公演にも立つことができず、完全にサポーターとしてしか活動ができない状況。

当時は、尖閣問題など日中の仲が非常に悪く、中国人達の反日感情があまりにも高まっていました。

そんな中で、とても日本人アイドルが中国の舞台に立つことは、考えられないことだったのです。

さらに日本人メンバーたちを襲ったのは、中国と日本の文化の違いでした。

劇場公演を支え続けてきた宮澤佐江さんは、結成当初のSNH48のメンバーたちの行動を見て、挨拶やプロとしての仕事への取り組みが全くできておらず、激怒していたことも度々あったみたいです。

ようやく就労ビザが降り、宮澤佐江・鈴木まりやの二名が劇場に参加するようになると、二人のパフォーマンスに良い刺激を受けたSNH48メンバー達が激変していきました。

中国のスマホゲーム『魔天記』の主題歌にもなっている『縁尽世間』が、初のSNH48オリジナル楽曲。

そして、中国国内でメキメキと頭角を現し、ただのAKB48の姉妹グループとしてだけでなく、SNH48としての独自性も持ち始めていきます。

もちろんAKB48と比較すれば、まだまだ未熟なところはあるかもしれません。

それでも結成して3年ほどが経過し、AKBの海外グループの中では、勢いも増してきました。

その象徴とも言えるべきニュースが、ネットに流れ、盛り上がりを見せていきます。

2013年に加入したSNH48の2期生:鞠婧禕(ジュー・ジンイー)が、

4000年に一人の美少女

として注目を浴びるのです。

他のメンバーたちも、AKB48のカバーシングル『盛夏好聲音(真夏のSounds good !)』のリリースと共に、

『超絶かわいい』

と大絶賛されるようになったのです。

鞠婧禕

鞠婧禕(ジュー・ジンイー)

それは、中国のファンだけでなく、日本国内のファンをも巻き込んでニュースになっているのですから、その盛り上がり方は尋常です。

中には、

「本家AKB48よりもかわいい」

「今日からSNH48ヲタになります」

という人達もいるそうですし、ただただ驚くばかりですね。

今でこそ、海外の姉妹グループという位置づけですが、もしSNH48のメンバーたちが、日本国内のAKBメンバー達と一緒に選抜総選挙に出ていたら、結果もどうなっていたか分からないでしょう。

 

第1回SNH48選抜総選挙の結果に基づいた話ですが、日本のAKB48ファンなら、誰もが選抜入りに宮澤佐江・鈴木まりやの名前が入ると予想すると思いますが、意外にも、

日本人メンバーたちは圏内にも入っていません

もちろん中国での活動がほとんどないことと、日中関係が大きく影響したため、このような結果を招いているのだと思います。

同時に、これまで無名だったSNH48メンバーたちに人気が集中するのは、彼女たちの努力と人気の証だと思います。

現在日本では、HKT旋風が巻き起こっているように、SNH48が、AKB48グループの今後の波乱を巻き起こす最大要因となる日も近いかもしれませんね。

追記

宮澤佐江さん・鈴木まりやさんが、留学生という形で移籍し、ニュースとしても取り上げられていたSNH48。

どうやら宮澤佐江さんの卒業後、母体であるAKB48グループの知らないところで、勝手に北京市を拠点とする

BEJ48

広東省・広州市を拠点とする

GNZ48

を結成し、AKB48グループの怒りを買ってしまうことに…

当然、AKB48グループ側はSNH48を訴え、AKB48と無関係と発表します。

しかし、さすが中国というべきか、悪いことをしても、我関せずといった感じで謝る気配は一切ありません。

AKB48グループ側も、運営の見直しを図り、グループから

SNH48を完全に外す

ことになったそうです。

そして、当時所属していた鈴木まりやさんが、兼任としての契約解除となり、SNH48を離れます。

これで、SNH48は完全に独立した状態で活動しているとか…

ただ、独立と言っても、一度美味しいビジネスを知った中国です。

SNH48というグループ名は変えることなく、また、選抜総選挙のシステムもそのまま利用。

今後も勝手に48グループの乱立を図っていくだろうと思われます。

今になって思えば、やはり自分勝手に反日運動までもやらかし、平気で日本の技術も盗む文化を持った中国と、ビジネスパートナーになる事自体が間違っていたのかも…。

今後は、中国と提携することを止めて、二度とこのような被害に遭わないことをただ願うばかりです。

 

SNH48総選挙上位メンバーをチェック!

日本のネットでも取り上げられるほど、SNH48メンバーが

『かわいい』

と大絶賛されているわけですが、ここで簡単にSNH48総選挙上位メンバーを紹介します。

呉哲晗

呉哲晗(ウー・ヅァハン)まず、第1回SNH48総選挙1位は、呉哲晗(ウー・ヅァハン)。

ニックネームはレンレンで、年齢は19歳。

ロングヘアがチャームポイントで、ツインテールにした画像がネットで公開されると、多くのファンが

『胸キュンした』

という話もある隠れ美女として人気の高いSNH48の"元"初期メンバーです。

残念ながら選抜総選挙で1位になりながらも、ファンとの私的連絡を取っていたことで降格処分を受けてしまいます。

現在、4期生扱いになっていますが、それでも根強いファンはいるみたいですね。

邱欣怡

邱欣怡(チョウ・シンイー)

次に2位の邱欣怡(チョウ・シンイー)は、台湾出身の18歳。

SNH48の1期生でチームSⅡメンバー。

ニックネームはワンワン。

イメージ的には、元AKB48メンバーの板野友美のような

ツンデレキャラ

中国では、結構ツンデレ系キャラに胸キュンするファンも多いみたいで、総選挙でも彼らの票が後押しし、2位にランクインしたみたいですね。

趙嘉敏

趙嘉敏(ヅァオ・ジャーミン)

3位の趙嘉敏(ヅァオ・ジャーミン)は、広東省深圳市の16歳。

彼女も1期メンバーであり、現在チームSⅡに所属しています。

ニックネームはサボキ。

元AKB48メンバーの大島優子に憧れ、ダンスの得意なアクロバティックなメンバーとして、ファンから高い支持を受けています。

ヘビーローテーション(ダイジェスト版)では、センターを務めていたこともあるらしく、今後も期待されているメンバーと言えそうですね。

鞠婧禕

鞠婧禕(ジュー・ジンイー)

そして、最後に総選挙4位で、今最も注目されている超絶かわいいメンバーの、鞠婧禕(ジュー・ジンイー)。

彼女は、先程もお話した通りSNH48の2期生メンバーで、現在19歳。

ニックネームはキクチャン。

現在、チームNⅡに所属しています。

日本の橋本環奈さんが、『1000年に一度の美少女』と言われたのも、当時14歳で、あどけない可愛らしさが魅力的だったからこそ、一気に注目されたと考えています。

それと比べて、ジュー・ジンイーは19歳なので、厳しく言ってしまえば、年齢の割に子供っぽさが残っているようにも見えます。

ただ、そのギャップがファンの心に響き渡り、

『4000年に一人の美少女』

として注目されているようです。

中国版Twitter『ウェイボー』では、すでに

86万人程のフォロワー

がいるらしいので、その人気ぶりは絶大です。

次回のSNH48総選挙(7月25日開票予定)では、1位になるのではという話も耳にします。

今回の紹介はここまでですが、紹介したSNH48メンバー以外にも、まだまだ、他にもかわいらしく魅力的なメンバーはたくさんいます。

キクちゃんを筆頭に、今後の期待ができるメンバーがSNH48に加わり、ますます人気に拍車がかかっていくでしょう。

今後もSNH48の活躍が楽しみになりそうです。

追記

本来ならば、既にAKB48グループから除名されているので、SNH48の存在そのものがありえないものとなりました。

予想通り、勝手にAKB48グループのビジネスモデルを利用し、2016年7月には第3回選抜総選挙を開催。

1位は、230,752.7票を獲得した

鞠婧禕(ジュー・ジンイー)

彼女は、13thシングル(EP)『公主披風』のセンターに…

ちなみに、2位は、李艺彤(リー・イートン)さん、3位は黄婷婷(ホアン・ティンティン)さんで、それぞれ10万票以上を獲得しています。

まぁ、今となってはAKB48グループと何の関係もないアイドルグループです。

メンバーには気の毒ですが、違反をして運営しているアイドルグループを応援する気には到底なれません。

もう勝手にやってください、という感じではありますが…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

兼任メンバーのAKB48選抜総選挙の順位!

宮澤佐江

宮澤佐江

SNH48のメンバーには、AKB48選抜総選挙に参加資格がなく、唯一あるのが日本国内のAKB48グループとの兼任メンバーである宮澤佐江さんと鈴木まりやさんの二人のみとなっています。

総選挙の速報を見る限りでは、鈴木まりやさんは圏内に入っておらず、これからの巻き返しも難しそうです。

事実上のSNH48兼任メンバーで総選挙の戦いを繰り広げていくのは、

宮澤佐江一人

となりそうです。

鈴木まりやさんは、2015年もそれ以降もずっと圏外で、一度も圏内にランクインしたことはありません。

残るは、宮澤佐江さんだけということになりますが、当時彼女は、SKE48チームSリーダーとしても、かなり目立った活躍しているので、選抜入りの可能性は高いだろうと、ファンは思っていたはず…

実際に、速報順位でも、

12,225票で13位

でした。

最終順位が、10位以内もありえると期待していたくらいです。

ちなみに、当時の筆者個人の見解としては、速報7位の島崎遥香さんとの票差も約5,700票しか差がありません。

もしかしたら、どんでん返しもありえるかもしれないと思う反面、第1回の14位を除いて、毎回9位から12位の辺りを常にウロウロしている宮澤佐江さんが神7には入れないかも…という不安もありました。

そのことも踏まえ、

2015年の選抜総選挙の宮澤佐江さんの最終結果の順位は10位

と予想したのが正直なところです。

希望で言えば、神7入りして欲しいとは思っていますが…。

追記

あくまで、当時10位と予想していた話にすぎないのですが、今振り返ってみると、この年の総選挙が、宮澤佐江さんにとってのラストだった感慨深い気持ちを覚えます。

これまで、なかなか10位の壁を突破することができず、あと一歩で神7の座をつかむことができなかった宮澤佐江さん。

最後の総選挙で、8位と自己最高位をマークしたのです。

結局、神7には届いていないわけですが、

『有終の美を飾った』

ということでしょう。

既にAKB48グループを卒業し、ソロとして活動されている宮澤佐江さん。

今後、女優・タレントとして活躍されることを願っています。

 

それにしても、結果的に、SNH48に振り回されることとなった宮澤佐江さん、鈴木まりやさんは、

SNH48のAKB48グループからの除外

をどのように感じているのでしょうか?ちょっと気になりますね。

 

まとめ

『4000年に一度の美少女』という触れ込みで人気の鞠婧禕(ジュー・ジンイー)。

彼女を筆頭に、紆余曲折していたSNH48は、中国で大ブレイクするようになりました。

『AKB48以上にかわいらしくて魅力的』

という人もいるそうで、一気にファンの数も増大しているみたいです。

ただ、中国と日本の溝は埋まらず、文化の違いか、勝手に姉妹グループを立ち上げるなどしたことで、SNH48はAKB48グループから除外されています。

それだけに元メンバーの宮澤佐江さんや鈴木まりやさんは、複雑な心境なのだろうと思う、今日このごろです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-AKB

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.