星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

AKB

SNH48の中国メンバーがかわいいと評判!画像と総選挙予想まとめ

更新日

ジャカルタを拠点にしているJKT48と異なり、結成当初は、日中関係の冷え込みも多大に影響し、ある意味で見向きもされていなかったSNH48。

しかし、現在はあの頃と全く形勢が変わり、日本国内でグラビアアイドルとして登場するなど、ファンもSNH48メンバーを『かわいい』と大絶賛しているらしく、そのブレイクぶりは尋常ではない様子。

SNH48が、ここまで評判が高くなると、結成当時は誰が予想していたのか…

そんな印象すらも与えるSNH48の現在の人気ぶりは、AKB48ファンなら気になる話なので、彼女たちの可愛らしさや魅力、兼任メンバーが参加している総選挙の予想なども含めて、本記事でまとめていきます。

スポンサーリンク

アドセンス

SNH48に絶賛の嵐!『超絶かわいい』というのは本当?

AKB48グループ総合プロデューサーの秋元康氏の提案により、海外で2つ目のAKB48姉妹グループ(一応計画としては台湾拠点のTPE48が先に動き、位置づけでは3番目ですが、TPE48の活動が無いため、事実上2番目)として中国に誕生したSNH48。

当時、ジャカルタを拠点とするJKT48に続く、海外姉妹グループが結成されるということと、宮澤佐江、鈴木まりやが、AKB48から移籍するというニュースで一気に注目された姉妹グループという印象を筆者は持っていました。

ただ悲しいことに、政治的要素が大きく絡み、日本人である宮澤・鈴木の二名は、中国の就労ビザが降りずに、劇場公演にも立つことが出来ず、完全にサポーターとしてしか活動が出来ない状況。

今も問題は続いていますが、当時は尖閣問題など日中の仲が非常に悪く、中国人達の反日感情があまりにも高まっていたため、とても日本人アイドルが中国の舞台に立つことは考えられないことだったのです。

さらに日本人メンバーたちを襲ったのは、中国と日本の文化の違いでした。

実際に、筆者は中国人の方と、一緒に働いたことがあるのでよく分かりますが、良くも悪くも中国人はいい加減なところがあり、その価値観の差がもどかしさを生んでしまい、遂に日本人メンバーが爆発する日が訪れます。

劇場公演を支え続けてきた宮澤佐江は、結成当初の彼女たちの行動を見て、挨拶やプロとしての仕事への取り組みが全く出来ておらず、激怒していたことも度々あったみたいです。

政治的背景により、ボロボロになりかけていたメンバーたちでしたが、ようやく就労ビザが降り、宮澤佐江・鈴木まりやの二名が劇場に参加するようになると、二人のパフォーマンスに良い刺激を受けたSNH48メンバー達が激変していきました。

中国のスマホゲーム『魔天記』の主題歌にもなっている、『縁尽世間』が、初のSNH48オリジナル楽曲として、今年の1月に発表されるなど、中国国内でメキメキと頭角を現し、ただのAKB48の姉妹グループとしてだけでなく、SNH48としての独自性も持ち始めています。

もちろんAKB48と比較すれば、まだまだ未熟なところはあるかもしれませんが、結成して3年ほどが経過し、AKBの海外グループの中では、かなり勢いも増してきているように思います。

その象徴とも言えるべきニュースが、今ネットに流れ、盛り上がりを見せています。

2013年に加入したSNH48の2期生:鞠婧禕(ジュー・ジンイー)が、4000年に一人の美少女として注目を浴びると、他のメンバーたちもAKB48のカバーシングル『盛夏好聲音(真夏のSounds good !)』のリリースと共に、超絶かわいいと大絶賛されるようになったのです。

鞠婧禕

鞠婧禕(ジュー・ジンイー)

それは、中国のファンだけでなく、日本国内のファンをも巻き込んで、ニュースにまでなっているのですから、その盛り上がり方は尋常とはいえないでしょう。

中には、

「本家AKB48よりもかわいい」

「今日からSNH48ヲタになります」

という人達もいらっしゃるそうですし、ただただ驚くばかりです。

今でこそ、海外の姉妹グループという位置づけですが、もし彼女たちが、日本国内のAKBメンバー達と一緒に選抜総選挙に出ていたら、結果もどうなっていたか分からないでしょう。

これは、昨年開催された第1回SNH48選抜総選挙の結果に基づいた話ですが、日本のAKB48ファンなら、誰もが選抜入りに宮澤佐江・鈴木まりやの名前が入ると予想すると思いますが、意外にも、日本人メンバーたちは圏内にも入っていません

もちろん中国での活動がほとんど無いことと、日中関係が大きく影響したためこのような結果を招いているのだと思いますが、それにしてもこれまで無名だったSNH48メンバーたちに人気が集中するのは、彼女たちの努力と人気の証だと思います。

現在日本では、HKT旋風が巻き起こっているように、SNH48が、AKB48グループの今後の波乱を巻き起こす最大要因となる日も近いかもしれませんね。

 

SNH48 総選挙上位メンバー紹介

ネットニュースでも取り上げられるほど、SNH48メンバーが『かわいい』と大絶賛されているわけですが、ここで簡単にSNH48総選挙上位メンバーをご紹介します。

 

 

呉哲晗

呉哲晗(ウー・ヅァハン)

まず、昨年1位は、呉哲晗(ウー・ヅァハン)。

ニックネームはレンレンで、現在19歳。

ロングヘアがチャームポイントで、ツインテールにした画像がネットで公開されると、多くのファンは胸キュンしたという話もあるほどの隠れ美女として人気の高いSNH48の"元"初期メンバーです。

残念ながら昨年、選抜総選挙で1位になりながらも、ファンとの私的連絡を取っていたことで降格処分を受け、現在4期生扱いになっていますが、それでも根強いファンはいらっしゃるみたいですね。

邱欣怡

邱欣怡(チョウ・シンイー)

次に2位の邱欣怡(チョウ・シンイー)は、台湾出身の18歳。

SNH48の1期生でチームSⅡメンバー。

ニックネームはワンワンで、イメージ的には元AKB48メンバーの板野友美のようなツンデレキャラです。

中国では、結構ツンデレ系キャラに胸キュンするファンも多いみたいで、昨年総選挙でも彼らの票が後押しし2位にランクインしたみたいですね。

趙嘉敏

趙嘉敏(ヅァオ・ジャーミン)

昨年3位の趙嘉敏(ヅァオ・ジャーミン)は、広東省深圳市の16歳。

彼女も1期メンバーであり、現在チームSⅡに所属しています。

ニックネームはサボキ。

元AKB48メンバーの大島優子に憧れ、ダンスの得意なアクロバティックなメンバーとしてファンから高い支持を受けています。

ヘビーローテーション(ダイジェスト版)では、センターを務めていたこともあるらしく、今後も期待されているメンバーと言えそうですね。

鞠婧禕

鞠婧禕(ジュー・ジンイー)

そして、最後に昨年の総選挙4位で、今最も注目されている超絶かわいいメンバーの、鞠婧禕(ジュー・ジンイー)。

彼女は、先程もお話した通りSNH48の2期生メンバーで、現在19歳。

ニックネームはキクチャンで、現在、チームNⅡに所属しています。

橋本環奈が1000年に一度の美少女と言われたのも、当時14歳であどけない可愛らしさが魅力的だったからこそ、一気に注目されたと筆者は考えています。

それと比べて、ジュー・ジンイーは19歳なので、厳しく言ってしまえば、年齢の割に子供っぽさが残っているようにも見えます。

ただ、そのギャップがファンの心に響き渡り、『4000年に一人の美少女』として注目されているようです。

中国版Twitter『ウェイボー』では、すでに86万人程のフォロワーがいるということらしいいので、その人気ぶりは絶大で、今年のSNH48総選挙(7月25日開票予定)では、1位になるのではという話も耳にします。

今回の紹介はここまでですが、紹介したSNH48メンバー以外にも、まだまだ、他にもかわいらしく魅力的なメンバーはたくさんいます。

キクちゃんを筆頭に、今後の期待ができるメンバーがSNH48に加わり、ますます人気に拍車がかかっていくという印象が強まっているので、今後もSNH48の活躍が非常に楽しみになりそうです。

 

兼任メンバーのAKB48選抜総選挙速報&予想順位!

宮澤佐江

宮澤佐江

SNH48のメンバーにはAKB48選抜総選挙に参加資格が無く、唯一あるのが日本国内のAKB48グループとの兼任メンバーである、宮澤佐江と鈴木まりやの二人のみとなっています。

今回の総選挙の速報を見る限りでは、鈴木まりやは圏内に入っておらず、これからの巻き返しも難しそうなので、事実上のSNH48兼任メンバーで総選挙の戦いを繰り広げていくのは宮澤佐江一人となりそうですね。

宮澤佐江は、SKE48チームSリーダーとしても、かなり目立った活躍されているので、選抜入りも十分可能性は高いだろうと思います。

さて、肝心の宮澤佐江の速報順位ですが、今回の速報では、12,225票で13位でした。

速報7位の島崎遥香との票差も約5700票しか差がないので、もしかしたらどんでん返しもありえるかもしれませんが、宮澤佐江の場合、なぜだか第1回の14位を除いて、毎回9位から12位の辺りを常にウロウロしている印象が強いので、どうしても神7入りのイメージを持てないのです。

実際に10位の壁という言葉もあるくらい、宮澤佐江の中で10位がひとつのボーダーとなっているところがあるみたいです。

そのことも踏まえて、2015年の宮澤佐江の最終結果の順位は10位と予想しています。

ただ、それはあくまで客観的に見た順位予想であり、希望的観測で言えば、神7入りして欲しいですね。

はたして、最終的に宮澤佐江が何位に入るのか…

選抜入りはほぼ間違いないとは思いますが、まだまだいろんな意味で楽しみですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

SNH48結成当初は、日中関係がかなり冷え込んでいた影響や文化の違いなどもあり、あまり見向きもされていなかった印象がありますが、『4000年に一度の美少女』という触れ込みで人気の鞠婧禕(ジュー・ジンイー)を筆頭に大ブレイクしています。

AKB48のカバーシングルとしてリリースされた、『盛夏好聲音(真夏のSounds good !)』のMVを見たファンたちの中には、AKB48以上にかわいらしくて魅力的という方もいらっしゃるそうで、一気にファンの数も増大しているみたいです。

今年もSNH48内での選抜総選挙が行われますし、兼任メンバーの日本人二人(宮澤佐江と鈴木まりや)は、AKB48選抜総選挙にも参加しますので、今後の彼女たちの飛躍に大注目ですね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-AKB