星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

告白方法おすすめ3点!女性に合ったやり方が基本!LINEはNG?

投稿日

5月に入って冬のような寒さも過ぎ去り、いよいよ本格的に暖かくなってきましたね。

この春から新入生や新社会人になった方々は、新しく出会った仲間達とも打ち解けて、楽しい毎日を過ごしていることでしょう。

そして、徐々に関係が深まってくると、ちらほらと異性を意識する気持ちが芽生えてくる方も居るのではないでしょうか?

あるいは、動きの早い同期から、もう「彼女ができた!」なんて報告を受けて、焦りを感じてしまうかもしれませんね。

そうなると、これからの季節、女性に告白をする機会が自然と増えてくるはずです!

そこで今回は、女性に告白する方法について3つ取り上げ、成功のコツと女性からの評価について解説していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

告白の方法① 直接会って伝える!

告白

最もシンプルでわかりやすい方法が、直接会って想いを伝えることです。

相手に面と向かって言わなければならないため、一番勇気が必要で、緊張してしまう方法でもありますが、それだけ告白の気持ちに重みが増し、女性にも真剣に受け止めてもらえるはずです。

ただし、直接会って告白する場合は、告白をする場所やタイミングを、事前にしっかり計画しておかなければなりません。

ファミレスでランチを食べている時に、何の脈絡も無くいきなり

「付き合って下さい」

と言われても、「冗談?」と勘違いしてしまいますよね。

だからと言って、夜景が見える屋上レストランだとか、お洒落なバーだとか、そういったロマンチックさにこだわる必要はありません。

二人でゆっくり話し合えて、お互いに心を開けるような、静かで落ち着いた環境で有れば大丈夫です。

たとえば、日が暮れてからの人気が少ない公園や、海が近いのであれば、海岸沿いの遊歩道などが良いかもしれませんね!

ちなみに、女性に告白する時は、長い愛のセリフを考えることよりも、相手の目を見て堂々と気持ちを伝えることのほうが大切です。

オドオドして頼りない男性よりも、凛々しくて前向きな男性の方が、女性から高く評価されますからね。

さらに、女性があまり特別な感情を抱いていなかったとしても、直接会って真剣なまなざしで

「好きです、付き合って下さい」

と言われることで、心が良い方向に揺れ動いてしまう女性も多いみたいですよ!

付き合えるかどうか不安なときは、二人でデートをしたうえで、勇気を振り絞って直接気持ちを伝えるのが、一番良い方法かもしれませんね。

 

告白の方法② メールで思いを伝える!

告白

どうしても直接告白する勇気が出ない人は、メールで告白するという方法を選ぶのも有りかもしれません。

「メールで告白すると、失敗する確率がとても大きくなる」

とも言われていますが、逆に

「口頭でも電話でもメールでも、告白の成功率に影響はない」

という研究結果も有りますから、一概にメールが告白に適していない、とは言い切れないようです。

ある調査では、メールで告白されることに対して、抵抗を覚える女性が57.7%、抵抗が無い女性が42.3%という結果になっており、女性の意見もほぼ半分に割れている様子。

どうやら、メールだからといって「気軽に告白できる」と考えるのではなく、直接伝える時と同様に、告白するタイミングをよく考えることが、告白成功のカギとなるようです。

仕事終わりで疲れている時、飲み会終わりの余韻を楽しんでいる時……

そんな時に、突然告白のメールを送られてきては、困惑してしまいますよね?

可能であれば、事前に女性の予定をリサーチして、相手が休暇でリラックスしている時に、告白メールを送ることができればベストです!

また、メールでの文面となると、つい長々と告白の文章を書いてしまいがちですが、あまりにも長いメールは、女性からの評価を下げてしまいます。

要点としては、

・好きなので、付き合ってほしいこと

・時間がある時で良いので、返信をしてほしいこと

の2点だけ伝えられれば十分です。

ただし、相手からの返事の際に、「電話したい」「直接会いたい」といった要望が送られてくることもあり得ますので、そこは覚悟しておきましょうね!

 

告白の方法③ 手紙で思いを綴る!

手紙

少し古典的な方法ではありますが、ラブレターで告白するという方法もあります。

「直接会って告白する勇気は無いけど、メールだとちょっと味気無い……」

そんな時は、ペンを手に取って、相手への自分の想いを手紙に綴ってみるのが良いかもしれません。

手紙の一番のメリットは、メールと違って他のメールに埋もれてしまうことがなく、『特別なものとして形に残る』ということです。

そうなると、後から何度でも読み返しやすくなりますから、女性にゆっくりと返事を考えてもらうことができるのです。

あまりガツガツしていない、落ち着いた雰囲気の女性であれば、ラブレターで告白することも、十分評価の良い方法と言えるでしょう!

メールと同様に、手紙で告白する場合であっても、内容を長々と書きすぎないように気を付ける必要があります。

とくにありがちなのが、

・女性のどこが好きかを事細かに記している

・恋する気持ちをポエムでうたっている

といったもので、これらの内容は男女ともに引かれてしまうのでNGです!

あくまで、相手を好きであること、付き合って欲しいこと、これらを中心に、内容は簡潔に記すようにしましょう。

なお、男性からすると手紙での告白は

「男らしくない、カッコ悪い」

と思われがちですが、女性の捉え方は必ずしもそうではなく、ラブレターでの告白を

「ロマンチックで素敵!」

と、高く評価している人も多く居ます。

きちんと女性の好みに合った便箋を買い、丁寧に手紙を書くことができれば、きっと想いは伝わりますよ!

 

番外編 LINEでの告白はNG?

告白

最近では、連絡手段としてLINEが普及してきたことから、普段のメッセージのやり取りを、メールではなくLINEでしている、という人も増えてきました。

もちろん、友達や家族だけでなく、好きな人との連絡も例外ではないでしょう。

それでは、LINEで告白するということについて、女性はどう考えているのでしょうか?

結論から言うと、LINEでの告白に対する女性の評価は、賛否両論のようです。

たとえば、20代女性を対象にしたアンケート結果では、

LINEで告白されるのに抵抗がある 67.4%

LINEで告白されるのに抵抗はない 32.6%

となっており、どちらかと言えば、LINEでの告白に抵抗を覚える女性が多い結果となっていました。

一方で、中高生など若い女性は、LINEで告白されることに対してあまり抵抗が無いようで、あくまで「今時の告白の仕方」として、LINEでの告白が定着しつつあるようです。

LINEでの告白が絶対NGとは言い切れませんが、普段から女性とどのように連絡を取り合っているのかを考慮して、気持ちをLINEで伝えるのが適切なのかどうか、よく考えるようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、女性に告白する3つの方法について、どのように告白すれば女性から良い評価を得られるのか、述べてきました。

直接伝える、手紙、メール、色々な告白の方法がありますが、どんな方法であっても、タイミングをよく見計らって、想いをきちんと伝えられれば、女性からの評価が下がることはありません。

また、LINEでの告白についても、それまで女性とフランクな友達関係を築いていたなら、思い切ってLINEで気持ちを伝えてみるのも有りかもしれませんね!

いずれにしても、

「この方法では絶対に成功しない」

ということは有りませんから、自分の性格と女性の好みを考えて、人生で一番カッコいい告白を成功させましょう!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-雑学