星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

佳子さまの海外の反応まとめ!人気の理由とかわいい画像を紹介

更新日:

最近、秋篠宮家の次女である佳子さまは、世界で人気が高まっています。

佳子さまは、

『とても可愛らしい容姿をしている』

と前々から日本国内でも評判でしたが、それが世界でも評判になっているとは…。

中でも、意外にも中国で佳子さまが人気となっているようですが…。

それにしてもなぜ、海外、とくに中国で佳子さまが人気となっているのでしょう?

当記事では、そんな佳子さまの人気の理由について探ってみました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

佳子さまのプロフィール

佳子さま

まずは、佳子さまについて簡単に紹介をします。

佳子さまは、正式には

佳子内親王

というお名前です。

よく

「秋篠宮佳子さま」

と表記する人がいますが、

宮号は宮家の当主にのみつく

ものです。

そのため本来、それは間違いです。

実際ならば、秋篠宮と表記するのは

『秋篠宮文仁親王殿下のみ』

であるはずなのです。

さて、少し話がそれてしまったので、佳子さまのプロフィールについてお話をしていきましょう。

佳子さまは、

  • 父親に秋篠宮文仁親王殿下
  • 母親に文仁親王妃紀子殿下
  • 姉に眞子内親王(眞子さま)
  • 弟に悠仁親王(悠仁さま)

という家族構成になっています。

ちなみに、お名前の"佳子"には秋篠宮文仁殿下が、

「健康であるとともに素直で思いやりがあり、心身とも佳い子に育って欲しい」

との理由から名づけられたそうです。

さらに佳子さまについては、祖父の今上陛下が

御所で皇太子一家、秋篠宮一家が集まり大人同士が話し合っているような時、佳子はよく愛子や悠仁の面倒を見、一緒に遊んでくれます。

佳子のこのような気遣いを嬉しく思っています。

と話されていました。

秋篠宮文仁親王殿下が、"佳子"という名前に込めた想いがそのままに、佳子さまが成長されたことがよくわかるエピソードですね。

 

そして、2014年に20歳を迎えられた佳子さま。

この年の12月、成年皇族になるにあたっての儀式を執り行い、宝冠大綬章を授与されました。

これによって、佳子さまが公務を行うことも増えていきます。

これからは、佳子さまの爽やかで素敵な笑顔を見られる機会も増えると思うので、そのたびに国民の心も豊かになっていくのではないでしょうか。

われわれ国民としては、嬉しい限りですね。

 

佳子さま人気の理由と日本での評判!

さて、佳子さまの人気についてですが、日本国内ではどのような盛り上がりとなっているのでしょうか?

調べてみると、日本では主に若い世代に佳子さまが人気のようで、ツイッターやブログなどで大きく取り上げている人が多いようです。

ネット上では佳子さまについて

「可愛すぎる!」

「アイドルなんか比にならない」

と評判で、

『美しすぎるプリンセス』

とも呼ばれています。

確かに、あの可愛らしい見た目は、とても皇族とは思えませんよね。

いや、皇族だからこそ、アイドルなど比にならないほどの可愛さ・美しさなのでしょうか。

また、佳子さまはその外見だけが話題になっているわけではありません。

2014年に学習院大学を中退してICUへ受験したことや、ダンスという趣味、気さくな性格など、

「これまでの皇族とは違う印象を受ける!」

という意見もあり、これが佳子さまの人気の理由のひとつだそうです。

身近な存在のように見えて、実は皇室の女性であり、手の届かない存在である…

そんなギャップもまた、佳子さまの人気の理由のひとつかもしれませんね。

 

佳子さまは海外でも大人気!海外の反応は?

佳子さま

佳子さまは日本国内に留まらず、海外でも大人気のようです。

「佳子さまは美しい」

「私もあんな王女様になりたい!」

「高貴な振る舞いは日本の王女の品格がある」

など、欧米諸国からアジアまで世界中で佳子さまが評判になっています。

中でも中国では、かなりの熱狂的ファンがいるようで、佳子さまがアイドル並みの扱いを受けているのだとか。

中国と言えば、反日思想が広まっており、日本の皇室に対しても批判的かと思いがちです。

しかし、どうやらそうではなかったようなのです。

中国での佳子さまの人気ぶりを示す言葉として

「佳子さま萌え」

というものがあるのだとか。

日本では、とても畏れ多くてそんなことを口にはできないでしょう。

また、佳子さまが成人皇族となられた後も、その人気は衰え知らず。

「佳子公主は相変わらずお美しい」

「美しいうえに気品もあって、もう可愛いとかそういう次元で話してはいけないと思う」

「美しすぎて、罵る言葉が思いつかない」

と大絶賛しています。

※公主とは、中国語で姫を意味します。

それにしても、なぜ海外で佳子さまがこれほどの人気を博しているのでしょう?

その理由は、佳子さまの美貌ももちろんなのですが、

ロイヤルファミリーへの憧れを抱く外国人が多い

という背景があるようです。

現在、重複を除くと、世界には27の王室があるといわれています。

190近い国がありながら、王室はたった27しかないのです。

王室のない国の人々が、ロイヤルファミリーに憧れを抱く傾向にあるのも頷ける話でしょう。

歴史的にはフランス革命以降、君主制が廃止され王室も消滅…という道を辿った国は多く存在しています。

そういった歴史を辿ってきた国の人は、とくに憧れが強いのだと思います。

 

佳子さまに熱狂的なファンが多い、中国もまさにそうですよね。

中国は清王朝が滅びた後、王朝は存在していません。

つまり、佳子さまが世界中で大人気となっている背景には、

  • ロイヤルファミリーであること
  • 皇室の女性の中でも際立ってお美しいこと

この2つが大きく影響していることがよくわかりました。

 

美智子皇后陛下、秋篠宮妃紀子殿下、皇太子妃雅子殿下にもブームがありましたが、今回の佳子さまブームの場合は、これまでとは少し異なっているみたいですね。

以前のブームは、民間人が皇室へ嫁いだという一種のシンデレラストーリーとしての盛り上がりでした。

しかし、佳子さまの場合は、

『皇室生まれ』

です。

子供の頃から清楚で美しく、礼儀正しい…

佳子さまには、皇室生まれだからこその

"らしさ"

というものが備わっています。

この皇族らしさ、つまり気品高さが、日本だけではなく世界からも佳子さまが大人気となっている理由なのでしょう。

 

まとめ

秋篠宮家の次女・佳子さまは、日本だけでなく海外からも大人気となっています。

その大きな理由は、清楚でありながら、庶民的に感じる佳子さまの振る舞いと、ロイヤルファミリーであるという出自にありました。

近年の皇室といえば、今上陛下の体調や生前退位問題など、明るいとは言い難い問題が多いです。

その中で、佳子さまブームは我々日本国民にとっても、皇室にとっても明るいニュースとなりました。

佳子さまは、22歳となり、さらに上品で美しくなっています。

このままさらに年を重ね、年齢に見合うように美しくなっていく佳子さまの今後の活躍にも、目が離せませんね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-時事

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.