星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

バター不足の理由は天下りが原因!価格値上げの時期はいつから?

更新日

ここ数年、日本ではバター不足が騒がれていますが、どうやら2016年もバターが不足したみたいですね。

バターといえば、2008年に深刻な在庫不足となり、店頭からバターの姿が消えたことがありました。

そして今回は、2014年、2015年、2016年と3年連続でバター不足になったわけですが…。

消費者にとって気になるのは、2017年もバター不足になるのかどうかでしょう。

そして、そもそもなぜバターが毎年のように不足するのかだと思います。

そこで当記事ではバター不足の原因と、今後のバターの値上がりの可能性などについてお話していきましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

毎年バターが不足する原因とは?

バター

現在、バター不足が起こっているようですが、そもそもなぜバターが不足するような事態に陥ってしまったのでしょうか?

日本では、2014年、2015年、そして2016年と3年連続でバター不足となり、政府は緊急輸入を実施しています。

実はこのバター不足、厳密にいえば

国産のバター不足

です。

むしろ

世界では、バターは過剰に余ってしまっている

というのに、なぜ日本だけバター不足に陥るのでしょう?

その原因には、複数の理由があります。

バター不足の理由1:乳製品の生産順位

牛乳

日本でバター不足に陥る理由のひとつが、

乳製品の生産順位

です。

基本的に、生乳の中で一番高く売れるのは、牛乳用の生乳となっています。

そのため、酪農家も真っ先に牛乳用として売り出したいと思っているでしょう。

バターが不足している話を耳にしても、牛乳が不足している…とは耳にしませんよね。

そして、牛乳の次にヨーグルトになります。

その後、余ったものがバターになる優先順位がついてしまっているのです。

そのため、バターの生産量が必然的に控えめになってしまうので、日本でバター不足が起きるのです。

バター不足の理由2:酪農家の減少

酪農

直接的に酪農家の減少もバター不足の大きな原因のひとつになっています。

最近では、円安により飼料価格が値上げ。

なんと2013年から2014年の間に

3倍

にまで価格が上昇したそうです。

酪農は、過酷な肉体労働であることと、海外輸入の影響を受けやすいことから後継者不足にも陥っており、高齢の酪農家が次々に廃業していっています。

そこで国は酪農家を守るために、バターに高額の関税をかけているのです

しかも役人が、自分の財布を潤すために使われているだけの利権政策。

本気で酪農家を守ろうとしていないですから、酪農家が年々減少の一途を辿っているのは仕方ないとも言えるでしょう。

バター不足の原因3:農林水産省のバター利権

農林水産省

日本でバターが不足する原因・理由は、国…とくに農林水産省にあります。

というよりも、基本的に日本のバター不足を招いているのは農林水産省です。

たとえば2008年のバター不足の例を挙げます。

この時は、国産バターが余っているからということで、農林水産省が2007年にバターの減産を指示。

そのせいで国産バターが大幅に減ることとなり、逆に深刻なバター不足となってしまいました。

農林水産省は、その後もバター需要が減る予測を立て、国産バターの減産を指示し続けましたが、予想に反し国内のバター需要は減っていません。

この誤ったバター減産指示が尾を引き、後のバター不足に影響を及ぼしている…

というのが、表向きの理由です。

では、実際はどうなのか?

もちろん、先述した農林水産省の指示もバター不足の原因のひとつですが…。

実は、もうひとつ存在します。

それが

農林水産省の天下り利権が国民や酪農家を苦しめている

という、利権政治に原因があったのです。

実は、農林水産省の天下り団体である『農畜産業振興機構』が、

バター不足を演じてバター利権を手にしている

というのです。

この農林水産省の天下り団体である『農畜産業振興機構』は、

バターの輸入業務を独占

しています。

通常、バターを輸入しようとすると、一次関税に加え二次関税も発生し、商品に対して非常に高い関税を支払わなければなりません。

これだけでも大きな負担であるというのに、さらに輸入業者は、

マークアップと呼ばれる上納金を『農畜産業振興機構』に支払う必要がある

のです。

こうして、『農畜産業振興機構』は年間10億円以上の上納金を得て、そのお金でまたもや天下り資金へ使う…

そして、農林水産省に長年勤めていた年寄りOBの財布が潤う…

このような国家ぐるみの利権政治のせいで、

官僚の利権のツケを国民が支払わされている

という、あってはならない事態が起きています。

なぜ農林水産省の役人の利権のために、国民がバター不足に苦しみ、さらには高額のバターを買わなければならないのでしょう?

実際、このバターに対する高い関税も、名目上は

「酪農家を守るため」

と説明しているみたいですが、年々酪農家は減少しています。

結局、

利権団体の高給取りのために、消費者だけでなく酪農家まで被害を受けている

というわけであり、官僚の汚い魂胆が見え隠れしていて、本当に腹が立ちます。

これでは、安くて代用が利くマーガリンが売れるのも納得です。

農林水産省は一度、消費者に対して、

「自分たちの利権のためにバター不足を演じていました」

「自分たちの利権のために自作自演をしています」

と正直に白状してほしいものです。

輸入利権を廃止さえすればいいわけですから、こんなに簡単な解決策もなかなかありませんよね。

酪農家を守るためと言って関税をかけておきながら、年々酪農家は減っているわけで、関税は意味をなしていません。

それならば、輸入利権を廃止しても何ら問題はないです。

という話になってしまうのです。

農林水産省が、表向きの理由を本当に信用してもらうのであれば、まずは酪農家の減少を食い止めてからでしょう。

現状のままでは、何度も言うように

農林水産省の利権のためだけに、国民や酪農家が負担を強いられている

という、利権政治がバター不足を作っているとしか思えません。

 

バター不足でバター価格の今後は?

日常的に料理で使うことが多いバター。

気になるのは、

  • いつ頃からバターが不足するのか?
  • バターが値上がりするのか?

ですよね。

バターは、

クリスマスシーズンになると需要が拡大する

らしく、おそらくこの頃にバターが店頭から姿が消えはじめると言われています。

クリスマスケーキを作るために、日本全国でバターが必要になりますので…。

バターの価格値上げについては、こればかりはどうしようもないと思います。

農林水産省が利権のために、今後もバター不足を演じ続けるのであれば、引き続きバター価格は値上がりするでしょう。

まずは、バター不足の原因ともいえる農林水産省をどうにかしない限り、バター不足と価格の値上がりは解消されません。

全ての原因は、利権に目がくらんだ農林水産省としか思えません。

国民を騙し負担を強いてまで、お金が欲しいのでしょうか?

このような拝金主義は、官僚に全くふさわしくありません。

農林水産省には猛省してもらい、天下りのためにバター利権を握り続ける愚かな行為は、すぐさまやめてもらいたいところですね。

 

まとめ

国産バターの不足による在庫不足から、バター価格値上がりの恐れが生じるのは、これから先は毎年と認識してよいでしょう。

おもに、

年末のクリスマスシーズンから年始にかけて

バター不足&価格値上がりが予想されます。

しかし、バター不足の原因を作ったのは、元はといえば利権に目がくらんだ農林水産省です。

もし自分の財布が潤えば国民はどうでもいい!と省庁の人間が考えているとしたら、許されない話です。

農林水産省は早急に自らの過ちを認め、バター不足打開の案を何としてもひねり出して欲しいと思う次第です。

筆者としては、

天下り費用を全て国民に還元し、『農畜産業振興機構』を解体!

それくらいのことを望みますね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-時事