松坂大輔の現在と引退は?ソフトバンクがクビにしない理由とは

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトバンク松坂大輔


「もう投げれないなら引退してくれ」

「こんなみっともない姿があの松坂なんて信じたくない」

と、過去の栄光があるため、現在のこんな松坂大輔投手の姿を見たくないという声も。

確かに、今の松坂大輔投手が、あの平成の怪物、そしてWBCで2度、日本のエースとして大活躍した松坂大輔投手と同一人物とは、筆者も思いたくないです。

さらに、ソフトバンクファンからは、

「給料泥棒だ!」

とも批判されてしまっています。

実際にソフトバンクと松坂大輔投手の具体的な契約がどうなっているかは、わかりませんが、大型移籍の場合、大抵はノルマが課されており、ノルマに成績が達成できなければ、年棒をカットされたりということはあるかもしれませんね。

松坂大輔投手は、現在の全く活躍できない、お荷物状態では、契約年数の3年で1度も1軍に復帰できないままクビ、または引退ということにもなりかねないのではないでしょうか?

しかし、そう思っていた筆者は、ソフトバンクは、契約満了まで松坂大輔投手をクビすることはないと聞いて、かなり驚きました。

なぜソフトバンクは、価値を失っている松坂大輔投手をクビにしないのか?

それは、ソフトバンク・孫正義オーナーの意向があると言います。

ソフトバンク・孫オーナーは、同じく怪我によってリハビリ生活になり、自身が引退を選ぶまでチームに残し続けたかつての大エース・斉藤和巳さんをクビにしなかったという過去があります。

「斉藤和巳が復活すれば、これ以上ない希望をファンに与えられる」

その思いで、ソフトバンク・孫オーナーは、斉藤和巳さんの首を切らず、我慢し続けたのです。

しかし、その願いはかなわず、斉藤和巳さんは引退に…。

斉藤和巳さんの時のような心残りがあるからこそ、ソフトバンク・孫オーナーは、今度も松坂大輔投手をクビにせず、最後まで復活の希望を捨てないそうです。

ソフトバンク・孫オーナーの気持ちに応え、松坂大輔投手は奇跡の復活を果たすのか?

それとも、12億円という巨額の不良債権のまま終わってしまうのか?

今一度、松坂大輔投手に、期待したいと思います。

 

おわりに

松坂大輔投手は、ソフトバンクと3年12億という大型契約を交わし、日本球界に復帰したものの、ここまでいいところなし。

ファンとしても落胆・失望・怒りなど様々な感情が募ることだと思います。

また、ソフトバンクファンだけでなく、野球ファンからも、

「あの松坂が…」

と、過去の栄光が見る影もなくなってしまっている現在の松坂大輔投手に、一種の悲壮感を覚えているようです。

筆者としても、確かに、あの平成の怪物・松坂大輔という存在が、ここまで落ちてしまったのかと思うと、残念でなりません。

年上で同じメジャー帰りの黒田博樹投手は、いまだに広島で活躍しているだけに、松坂大輔投手を比較してしまい、さらに悲しくなってくるのです。

プロ野球ファンとしては、せめて1度は、松坂大輔投手に、引退試合以外で1軍のマウンドに立ってほしい…

そう願うばかりですね。

1 2 3 4
ページトップへ