渡辺徹と榊原郁恵が離婚危機の理由原因を考察!浮気相手は誰?

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
渡辺徹


渡辺徹さんと榊原郁恵さんのこれまでの夫婦生活の裏では、そんな激しい修羅場も起こっていたそうです。

確かに、普段の食生活でカロリー制限ばかりされてしまったらストレスが溜まるのもよく分かります。

しかし浮気はお嫁さんに対する一番の裏切り行為です。

一番やってはまずいことを渡辺徹さんはしてしまったということなのでしょう。

そんな激しい修羅場を迎えても、榊原郁恵さんは離婚せずに思いとどまってきました。

では、なぜ離婚せずに、これまで渡辺徹さんと榊原郁恵さんは夫婦関係を続けてきたのでしょうか。

 

それには明確な理由がありました。

榊原郁恵さんの場合、一番の味方に付いてくれていた渡辺徹さんの母が側にいたからです。

仲の良かった義母が、渡辺徹さんとの離婚を思いとどまらせようと必死で止めていたために、離婚するわけにはいかなかったそうです。

20代で父親を亡くし、義理の両親を大切にしてきた榊原郁恵さんにとっては、離婚で義母を悲しませるわけにはいかなかったのでしょう。

何よりも義母に

『あの子を見捨てないでやって』

と、涙を流し懇願されてしまったら、さすがに簡単に「離婚します」とは言えなかったのだと思います。

その後、義母がリウマチを患い、介護することになった榊原郁恵さん。

渡辺徹さんとの離婚により関係を絶ち、その結果、介護が必要な義母を見捨ててしまうようなことは絶対にしたくなかったみたいです。

そのために、榊原郁恵さんは、渡辺徹さんと離婚をせずに、現在まで夫婦関係を築いてきたというのです。

 

榊原郁恵さんは、

毎月30万の仕送り

をして、さらには結婚後は仕事もセーブしながら、家庭のことを懸命にこなしてきました。

まさに姑にとって自慢の嫁なのです。

渡辺徹さんの病気のことも、義母と二人で協力しながら健康管理に努めてきたというのですから、その気持ちは痛いほど義母に伝わっていたでしょう。

 

しかし、そんな義母・美江子さんが、2015年5月17日、肺炎のために他界されます。

これにより、離婚も視野に入れて、榊原郁恵さんが今後の人生を考え始めている、とネット上では噂が拡散しているのです。

女性週刊誌の記事によると、義母が亡くなったことで、

「そろそろ、渡辺徹さんとの夫婦関係にもけじめを付けてはっきりさせないといけない」

と榊原郁恵さんが語っていると言われています。

これがどこまでが本当なのか、その真相は分かりません。

いずれにしてもまだ、写真週刊誌に掲載された記事による

の段階であり、榊原郁恵さん本人が、テレビやブログなどを通じて発言しているわけではありません。

また、もしコメントしていたとしても、まだ離婚危機ということであって、離婚確定ではありません。

渡辺徹さんが、今後、考えを改めて、もう浮気をせずに榊原郁恵さんのことを思いやるようになれば、関係性が変わる可能性もあります。

ここまでせっかく築いてこられた夫婦生活なのですから、熟年離婚となってしまわないように、渡辺徹さんと榊原郁恵さんには夫婦関係を修復してほしいですね。

追記情報

後日、改めて二人の離婚危機疑惑の真相を調べてみたのですが、なんと二人が噂を全面否定している模様。

まぁ建前上、否定しているだけと考えることもできるわけですが…。

ただ、否定の様子をみていると、今回の離婚疑惑は完全にガセであり、二人とも写真週刊誌の記事には呆れ返っているどころか、なぜこんな噂が流れているのか分からず、非常に困惑している様子…

とくに、榊原郁恵さんが、某番組で、

「ひさしぶりに芸能界って、こういう世の中なのかーって、ちょっとショックを受けた」

と当時の心境を語っていました。

その番組の共演者であった久本雅美さんも、

「二人が仲の良いオシドリ夫婦で、見ている限り、お互いを思い合っている」

と、フォローしていました。

確かに度々浮気などもあったりして、夫婦喧嘩をすることもあったのかもしれません。

しかし、それで別れるのであれば、約30年も夫婦関係を続けていくことなどできなかったはずです。

榊原郁恵さん自身、即答して

「(離婚は)絶対ない!!」

と断言していましたし、夫である渡辺徹さんも、

「自分のことは何と言われようが構わないが、嫁や母のことは悪く言わないでやってほしい」

と、思いやる一面を見せています。

このような二人の様子を見て、とても離婚するとは思えません。

やはりガセである可能性は高そうですね。

なお渡辺徹さんが、大阪のホテルでの女性との密会したという話の真相はつかめず、相手も一般女性ということで顔も名前も伏せられていました。

榊原郁恵さんとの離婚危機説がガセである可能性が高いだけに、この密会スクープも実はガセでないか?という風に思えてきました。

1 2 3 4
ページトップへ