藤川球児の現在の年俸や火の玉ストレートは?成績をチェック!

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
藤川球児

ホップするような球筋

という部分に特徴があります。

野球の専門的な用語で言えば、

非常にノビのあるストレート

ですね。

通常ならば、ストレートがバッターボックスに到達するまでに、重力にしたがって球が落ちてくるのですが、藤川球児投手の場合、ほぼ直線軌道でキャッチャーミットに収まります。

簡単に図で表すと、このようなイメージを持っていただければわかりやすいかと思います。

(図はかなり極端にしていますが…。)

図のようになっているので、普通のストレートと同じ感覚で『火の玉ストレート』をミートしようとしてしまうと、先ほどの小笠原さんのように、

ボールの下でバットが空を切ってしまう

という状態になるのです。

当てにくいストレートならば、藤川球児投手の『火の玉ストレート』は歴代最高ではないかと思うほどです。

当時のキャッチャーだった矢野燿大さんは、

「ストレートを超えた魔球」

だと称していましたしね。

このストレートを会得するには、回転数や回転軸の角度など、非常に難しい問題も絡んできます。

これを意識してできるため、

藤川球児投手にしかできない必殺技

と捉えた方がいいかもしれません。

つまり、意識して投げるのはプロでもほぼ無理に近いくらい、素晴らしいストレートなのです。

 

まとめ

藤川球児投手の年度別成績や年俸、代名詞でもある『火の玉ストレート』について、紹介しました。

絶対的守護神として長年阪神を支えた藤川球児投手。

プロ当初は全く活躍できていなかったと聞いて、驚いた人も多いのではないでしょうか?

プロ入りは全くダメだった選手でも、藤川球児投手のように、いきなり大ブレイクを果たすということもあります。

最近では、ソフトバンク・千賀投手がいい例ですね。

もちろん、本人の努力も必要なのですが、一流のプロ野球選手になるには

「いいコーチと巡り合えるかどうか」

も、選手によって大きくかかわってくると改めて思う所ですね。

1 2 3 4
ページトップへ