神田うのの子育て批判集中の理由とベビーシッター盗難事件の真相

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
神田うの

エルメスのバーキンが自宅からなくなっていた

のです。

この時は、

「きっとどこかにあるだろう」

と思い、気にしなかったとのこと。

個人的には、とんでもない高級品がなくなっているにも関わらず気にしない、その感覚が既に一般人とはズレているように思います。

 

さて、その後、神田うのさんは、改めて失くなってしまった高級バックを探してみたそうですが、結局バッグは見つからず。

さらに、この時に他にもルイ・ヴィトンや、シャネルのバッグもなくなっていることが判明します。

神田うのさんは、バッグがなくなったことを信頼している被告に相談すると、彼女は、

「あの外国人シッターが怪しい」

などと平気でうそぶいていたそうです。

動揺もせず、平然と嘘を答えたあたり、普段から盗みを働く常習犯だったことが伺えます。

実際に、

70点以上の金品がなくなっていた

ので相当に手癖が悪いことは確実です。

そして、ついには警察が動き出す事態に発展し、現場を検証した警察は内部の犯行と断定。

被告は、任意の取調べを受けようとした他のベビーシッターに対し、

「そんなものは受けなくていい!」

と激怒したそうです。

さらには、警察の捜査の手が被告自身に及びそうになると、

「仕事を辞めます」

と、神田うのさんに伝えたのだとか。

最終的には、被告の犯行が明るみになり、逮捕されて判決が言い渡されるまでに至ったので何よりですが…。

それにしても、自分の子供を預ける信頼するべきベビーシッターだからといっても、所詮は他人という、なんとも後味の悪い印象ばかりが残る事件です。

追記

後日、神田うのさんは、このベビーシッターによる盗難事件についても、バラエティ番組『しくじり先生』の中で赤裸々に語っていました。

1 2 3 4
ページトップへ