東京ディズニーランドのピーターパン再開!新旧の内容の違いとは?

イベント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


本当に空を飛んでいるかのような感覚を味わえる

ようになったのです。

ただ、変更と言ってもリニューアルと言うにはちょっと違うようです。

アトラクションを楽しんだゲストたちのコメントをまとめると、

内容がパワーアップしていた

と表現するのが適切ではないかと思われます。

 

では、具体的にはどういったところが変わっていたのでしょう?

基本的には、『パワーアップ』というだけあって、何か大幅に『ピーターパン空の旅』に変更が加えられたというわけではありません。

既存の演出に手が加えられた

程度なのです。

例えば、

  • ウェンディの部屋でのピーターパンの動きが変化したこと
  • ナナのシーンでピーターパンたちが飛んでいる影が表示されるようになっている

といった感じですね。

今までよりも、さらに『ピーターパン』の再現ができるようになっているのです。

また、演出のパワーアップと言う意味では、

にも変化がありました。

たとえば、ロンドンの街並みもかなり輝きを増し、雲も増えたことで『ピーターパン』の映画がさらに再現度を増しました!

ネバーランドの表現も、かなり進化しています。

色が鮮やかで幻想的になっただけではなく、入り江やインディアンの集落が個別パートで映るようになり、1つ1つをじっくり楽しめるようになったのです。

また、カラーが鮮明になっていることで、

キャラクターの表情もくっきりと見える

ようになりました。

要するに、今回、東京ディズニーランドの『ピーターパン空の旅』の何が変わったかと言うと、

  • 外観
  • 演出

これらが改良され、より視覚的にアトラクションを楽しめるようにパワーアップしたのです。

パワーアップした東京ディズニーランドの『ピーターパン空の旅』は、より幻想的で綺麗な映像を楽しむことができるようになったのです。

 

まとめ

東京ディズニーランドの人気アトラクション『ピーターパン空の旅』は、長い休止期間を経て、2016年1月に運営再開。

公式発表では『メンテナンス』ということでしたが、実際には

演出の改良も行われていたこと

が、『ピーターパン空の旅』再開後に足を運んだゲストたちの感想から判明しています。

確かに、リニューアルと言うと、ストーリーなどが丸々変わっているような印象を受けてしまいますよね。

演出に改良を加え、より鮮やかで幻想的な世界観が増した程度であれば、リニューアルと呼ぶには少し弱いですし、それを東京ディズニーランド側が公表しなかったのも頷けます。

しかし、演出がパワーアップしていることは事実です。

『ピーターパン』ファンの人は、ぜひ今一度行ってみてくださいね!

1 2 3
ページトップへ