海猿の続編は?原作者の佐藤秀峰とフジテレビの確執から和解まで

テレビ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
海猿


海上保安官である主人公・仙崎大輔を中心に、海難救助など海上保安官の活躍を描いた漫画『海猿』。

2002年にはテレビドラマ化され、2004年には映画化されるなど、大人気の作品となっています。

最近では、『海猿』の映画が地上波で放送されることもありましたよね。

この『海猿』の映画が

地上波でめでたく放送

となった経緯には、フジテレビと『海猿』原作者・佐藤秀峰先生の和解があったからなのです。

また、佐藤秀峰先生とフジテレビが和解したことで、『海猿』新作の期待も高まっているみたいですね。

そこで当記事では『海猿』の続編の可能性と、フジテレビと『海猿』作者の佐藤秀峰先生の和解までの経緯など、『海猿』に関する一連の動きをまとめてみました!

[adsense]

『海猿』作者の佐藤秀峰とフジテレビの確執!

確執のありそうな男たち

そもそも、『海猿』の作者である佐藤秀峰先生は、なぜフジテレビとトラブル状態にあったのでしょうか?

事の始まりは2012年の10月26日。

ツイッターで佐藤秀峰先生が

「フジテレビさんは信頼に値しない企業であると判断したため、今後は一切新規のお取り引きはしないことにしました」

「本当に怒っている。もう関わる気もない」

「例えば映画『海猿』の続編などは絶対にありません」

と絶縁宣言を発表したことです。

その理由としては、

  • アポイントメント無しで事務所にまで突撃取材で押し寄せた
  • 『海猿』関連書籍を契約書なしで勝手に販売していた

など、複数の理由があるようです。

ここ最近のフジテレビは、もともとあまり良くない評判を聞くことが多いですよね。

その評判が影響してか、この絶縁宣言については、佐藤秀峰先生を支持する声が多く挙がっていました。

このほか、フジテレビは過去にも

  • 撮影許可のないイベントで無断撮影を行い報道
  • 生中継禁止の規約を違反し中継
  • 不適切なインタビュー

など、上層部からレポーターまで、どうにもモラル欠如が著しく表面化してきているように感じます。

1 2 3 4
ページトップへ