栄養ドリンクに疲労回復効果なし!その中身(成分)は体に悪い物質?

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
栄養ドリンク

意識としては疲れを感じてはいないものの、身体は既に限界を迎えていて、ある日突然倒れてしまう…

ということもありえるのです。

 

このように、栄養ドリンクに疲労回復効果がないことがわかりました。

しかし、

「それなら栄養ドリンクは害なのか?」

というと、そうではありません。

なぜなら、

栄養失調状態に栄養ドリンクを摂取する場合は、一定の効果が得られる

という論文も公開されているからです。

栄養ドリンクにはビタミンや必須アミノ酸といった成分が含まれています。

これらの栄養素の補給には効果が見込めるわけですね。

要するに、栄養ドリンクとは、

栄養素が不足している際に、一時的に補給してくれるサプリのようなもの

と認識をすることが適切かと思われます。

もっとわかりやすく言うと、栄養ドリンクとは非常食的なものです。

非常食を常日頃から食べている人は、そうそういないでしょう。

決して疲労回復をしてくれる万能ドリンクではありません。

日常的な利用には、注意を払ってくださいね。

 

栄養ドリンクの中身が人体に悪影響!?

栄養ドリンクに、疲労回復の効果がないことがわかりました。

では、それに加え、

栄養ドリンクが人体に悪影響を及ぼす

としたら、皆さんはどう思いますか?

この言い方だと、栄養ドリンクそのものが毒だと思ってしまうかもしれませんが、そういうわけではないのでご安心ください。

ただ、何も考えずに多量の栄養ドリンクを飲み続けると、人体にも悪影響を及ぼしてしまうということなのです。

 

では、主に栄養ドリンクのどのような成分が人体に悪影響を及ぼすのでしょうか?

まず、大半の栄養ドリンクには、

コーヒー2杯分以上のカフェイン

が含まれています。

比較的分量の少ない栄養ドリンクに、非常に大量のカフェインが含まれているため、お茶や水のように飲んでしまうと、

カフェイン中毒に陥ってしまう

のです。

そのため栄養ドリンクには、きちんと1日の摂取量が定められているわけですね。

カフェインも、適量の摂取であれば、それほど害は及ぼしませんが、過剰摂取は危険です!

また、カフェイン以外にも、人工甘味料として

アセスルファムKとスクラロース

が使われており、これらが危険という声もあります。

しかし、これらもカフェインと同じで、

摂取しすぎると危険なだけで、適量では何の問題もない

という成分です。

ちなみに、これらを過剰摂取すると、下痢や肝機能低下などの症状が発症するそうですよ。

 

今回、カフェイン、そして人工甘味料の健康リスクを調べてみてわかったのは、

栄養ドリンクの過剰摂取は厳禁!

ということですね。

皆さんも栄養ドリンクを飲む際は、適量を心掛けてくださいね。

もし適量の栄養ドリンクでは、なかなか疲労回復しないのであれば、こちらのサプリをおすすめしておきます。

L-シトルリン

初回は、たった100円なので、試してみる価値はあると思いますよ。

 

まとめ

疲労回復効果があると信じ、多くの人が栄養ドリンクを飲んでいる人がいます。

しかし実は…

栄養ドリンクに疲労回復の効果はない

ということがわかりました。

それどころか、栄養ドリンクを飲み過ぎると、

カフェイン中毒

などの健康上の問題を引き起こしてしまうことも判明。

もちろん、栄養ドリンクを1本飲んだだけでは、そのようなことは起こりません。

1 2 3 4
ページトップへ