倉科カナの妹は女優&グラビアアイドル!画像と出演作をチェック

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
倉科カナ

彼女の演じた役柄についてですが、『デスノート』では、佐野ひなこさん演じる『弥海砂』が率いたアイドルユニット・イチゴBERRYのメンバー『北野マコ』役。

『本日は、お日柄もよく』では、比嘉愛未さん演じる二ノ宮こと葉の同僚『千堂千華』役で出演しています。

メインキャストというわけではなく、端役ということもあり、公式サイトなどでも橘希さんの名前はどこにも掲載されていませんでした。

まぁ新人などは、ほぼエキストラに近いような役しか貰えない人もたくさんいますし、橘希さんの芸歴が約3年ということを考えれば、まずまずといったところではないでしょうか。

なお、橘希さんは、ドラマ以外にも舞台に『ダイヤのA The LIVE』を含む6本の舞台に出演しています。

その中には、演出家として有名な宮本亜門さん演出の舞台『SUPERLOSERZ SAVE THE EARTH 負け犬は世界を救う』に出演しています。

演技力に関しては、まだ荒削りな部分は多々見られるかと思います。

将来、グラビアアイドル・女優として、姉である倉科カナさんのように、幅広く様々な作品に起用される女優へと躍進していく道になるでしょう。

今後の橘希さんの活躍を期待しながら注目していきたいですね。

 

まとめ

人気女優:倉科カナさんの妹が、実はグラビアアイドルとして活躍している橘希さん。

そのことが東スポの記事によって明るみになり、注目されるようになりました。

妹自身、稲森ヒロ名義で『ミスサイパン2014』にも輝いたことがあります。

細身の体に似合わないスタイルが、倉科カナさんの妹の最大の武器らしく、グラビア誌などでは、世の男性をメロメロにしているという話も…

2015年ごろにホリプロへ移籍。

芸名を橘希に変更してからは、女優としても活動し始め、ドラマ・舞台での活躍も見え始めるようになりました。

姉・倉科カナさんもグラビア出身でしたし、今後、グラビアアイドル・女優として大きく飛躍することが期待されます。

倉科カナの記事はコチラもよく読まれています!

竹野内豊の過去の彼女と現在の倉科カナとの出会い・きっかけは?

1 2 3 4
ページトップへ