一発屋芸人の現在は地方営業とブレイク収入で一生安泰?の真相とは

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
波田陽区


お笑い芸人の世界では、よく耳にする一発屋。

波田陽区さん・小梅太夫さん・ダンディ坂野さんなど、いずれも面白い一発ネタを持っているものの、その後、新たなネタがブレイクする事はありませんでした。

今頃は、いったい何をしているのかも分からなかったりします。

おそらく営業などで頑張っているのだと思いますが、果たして、一発屋芸人たちは現在どのような暮らしをしているのでしょうか?

ネットでも、結構気にしている人もいるみたいですし、本記事で、彼ら一発屋芸人の現在の活動状況や、彼らに対する評判を探ってみました。

[adsense]

お笑いブームを築き上げてきた一発屋芸人

(左から)波田陽区・小梅太夫・ムーディ勝山

(左から)波田陽区・小梅太夫・ムーディ勝山

美人女優・アイドルまでもお笑い芸人に好意を抱くほど、今やお笑い文化は定着しています。

『8.6秒バズーカー』、『バンビーノ』、『クマムシ』などのリズムネタを得意とするお笑いコンビをはじめ、時代を一世風靡していくお笑いコンビ・芸人がたくさん登場してきました。

しかし、その中の多くが一発屋芸人として、テレビから姿を消す現象が起こっています。

“ギター侍”としてブレイクした『波田陽区』、独特のハイトーンボイスで歌い、舞妓姿で自虐的ネタを連発する『小梅太夫』、

「なぁに~やっちまったな」

のフレーズでブレイクした『クールポコ』など。

本当に多くのお笑い芸人たちが一発屋として登場し、世間を賑わせてくれました。

そんな一発屋芸人達が一斉に集まり、

『第1回 一発屋オールスターズ選抜総選挙2015』

1 2 3 4
ページトップへ