FF7(ファイナルファンタジー7)のPS4リメイクの画質がヤバイ!

ゲーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FF7リメイク


それは、同じシリーズ最新作である『FF15』を見てもらえれば明らかでしょう。

また、先ほど紹介した動画にあったように、PS4リメイクの『FF7』は、PS時代の『FF7』とは比べ物にならない画質となっています。

では、実際どれくらい変わったのでしょうか?

新旧『FF7』の画質を、主人公のクラウドで比較してみましょう。

これが同じ人物だと言われても、ちょっと納得できない、笑えるレベルで画質が進化していますよね。

この20年で、技術がどれほど進化したのか、はっきりとわかるかと思います。

ちなみに、その他のムービーを比較している動画もありますよ。

これを見ると、素晴らしい名作だった初代PSの『FF7』が、あまりにもショボいグラフィックで笑いが出てしまうほど。

この画質には、国内外からコメントが寄せられていて、

「あの頃の思い出がより鮮明なグラフィックで見られるなんて最高!」

「ムービー見たら、当時の動きを完全に今の画質で再現してて愛を感じる」

「20年でここまで変わったんだな…」

など、ユーザーそれぞれが思い出に残っているであろう、数々の名場面が『FF15』並みの画質でよみがえることに感動を覚えていました。

また、上のムービーを見てもらえればわかる通り、当時と全く同じ動きをしています。

3Dポリゴン黎明期の頃では、粗く見えていた1つ1つのアクションが、より鮮明に見ることができるようになったのも、高評価となっている要因ですね。

また、『FF7』は、これまでのシリーズから一転して、近未来SF的な世界観が描かれました。

その近未来SF的な世界観を、リアルになった最新技術で描写するというだけでも、往年のファンからすればワクワクする要素だと思います。

このように、『FF7』のPS4リメイクは、画質面だけでも大きな注目をされているのです。

もちろん、その他のシステム面も注目されてはいるものの、内容自体や進め方は身体で覚えている人が多いため、

当時の思い出が、最新技術で描写される

これこそが、『FF7』ファンから最も期待されている要素なのだと思いますよ。

 

まとめ

今回は、『FF7』のPS4リメイクの画質について取り上げてみました。

『FF7』が登場した20年前は、まだ3Dポリゴンのゲーム自体が少なかったため、今ではショボく見えるあのグラフィックはまさに画期的でした。

とはいえ、やはり今のゲームをプレイしていると、

「高画質な『FF7』を見たい!」

と思うファンもいるでしょう。

そんな往年のファンにとっては、まさに歓喜のニュースとなったのが、『FF7』PS4リメイクだと思います。

たくさんのユーザーが、それぞれ違った思いを抱いた『FF7』のイベントシーン。

PS4リメイクで、どう鮮明に描かれるか、今からとても楽しみですね!

1 2 3
ページトップへ