都市対抗野球2017の出場チーム一覧と優勝候補!プロ注目選手は?

野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
野球

Honda(2年ぶり31回目)

東京

NTT東日本(2年連続41回目)

東京ガス(5年連続20回目)

JR東日本(8年連続20回目)

セガサミー(2年ぶり9回目)

西関東

三菱日立パワーシステムズ(2年連続9回目)

東芝(9年連続39回目)

東海

三菱自動車岡崎(4年ぶり10回目)

東邦ガス(3年ぶり11回目)

新日鐵住金東海REX(3年ぶり13回目)

三菱重工名古屋(5年連続26回目)

Honda鈴鹿(2年連続22回目)

西濃運輸(4年連続36回目)

近畿

日本生命(15年連続59回目)

NTT西日本(3年連続28回目)

日本新薬(4年連続34回目)

パナソニック(2年連続51回目)

三菱重工神戸・高砂(4年連続34回目)

中国

三菱重工広島(2年ぶり16回目)

JR西日本(2年連続3回目)

四国

JR四国(2年ぶり10回目)

九州

西部ガス(3年連続3回目)

Honda熊本(2年連続11回目)

九州三菱自動車(5年ぶり3回目)

推薦枠というのは、前年度の優勝チームが出場できる、いわばシード枠のようなものです。

2016年に都市対抗野球を制したのがトヨタ自動車なので、トヨタ自動車が推薦枠での出場となるわけですね。

 

都市対抗野球2017の優勝候補予想!

続いては、これらの出場チームから、都市対抗野球2017の優勝候補を予想してみたいと思います。

 

やはりというべきか、まず優勝の筆頭に挙げられるのが、連覇を狙う前年度覇者のトヨタ自動車でしょう。

エースの佐竹投手と、元横浜、ソフトバンクなどでプロとして活躍した細山田選手のバッテリーは前回同様に健在です。

しかも、勢いは去年から衰えていません。

2017年3月におこなわれたスポニチ大会で初優勝を飾っていますし、藤岡裕大選手といったドラフト候補選手もスタメンを張っています。

1 2 3
ページトップへ