シェンムー1と2のネタバレとキャラクター紹介!3のストーリー予想

ゲーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シェンムー3

藍帝が巌を襲撃した理由は、かつて巌に命を奪われた趙孫明(ちょう そんめい)の仇をとること、そして、巌の持つ「龍の模様の鏡」を奪うことでした。

藍帝の強力な体術に、涼どころか、巌すら歯が立たず、最後は藍帝に鏡を奪われ、巌は戦いの傷で命を落としてしまいます。

この日の出来事から、涼は父親の仇を取ることを決心し、藍帝を探し始めました。

初代「シェンムー」はここからゲームスタートで、涼は横須賀の街で色々な人達に情報を聞き込みしながら、武術を鍛えて強くなっていく、というゲームでしたよね。

 

シェンムー1のストーリー:『陳大人』と『鏡』

そんな中で、香港の朱元達(しゅ げんたつ)という人物から巌あてに、

「鏡を狙う者あり、注意されたし、緊急の場合は陳大人(ちん たいじん)を頼れ」

と言う手紙が届きます。

藍帝を探すにしても、有力な手がかりを一切持っていなかった涼は、まずはこの陳大人という人物と会うことにしました。

幼馴染の原崎望や、横須賀港でカツアゲをしていたゴローなど、様々な仲間の力を借りながら、ついに涼は陳大人と接触します。

陳大人いわく、

・藍帝は非常に強い拳法の使い手で、中国を牛耳る裏組織「蚩尤門」の最高幹部の一人である

・鏡は2枚あり、藍帝に奪われた鏡以外にも「鳳凰鏡」と呼ばれるものが道場に有るはずだ

とのこと。

陳大人の助言通りに、道場を探してみたところ、隠し部屋からもう一枚の鏡、「鳳凰鏡」を発見します。

2枚の鏡には何か重要な意味が有るとのことですが、この時点では、涼にはまだその意味がわかりませんでした。

一方で、藍帝ももう1枚の鏡の存在に気付いたらしく、部下である「チャイ」を涼の元へ送り込み、襲撃させます。

1 2 3 4
ページトップへ