柏木由紀の熱愛に尾木ママが激怒?批判の理由とネットの評判を考察

AKB

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
柏木由紀

というようなことまで語っています。

しかも、わざわざ『カエルの面にしょんべん(水)』という言葉まで使って批判したのです。

ちなみに、『カエルの面にしょんべん(水)』という諺の意味は、

カエルが水やしょんべんをかけられても、全く平気でいる様子から、どんな誹謗中傷を受けたとしてもスルーしていること

を意味します。

つまり、柏木由紀さんが裏で熱愛スキャンダルを起こしておきながら、何も気にすることなく、選抜総選挙後に「来年頑張ります」と言い放っていることに対して、尾木ママが怒っているわけです。

まぁ恋愛禁止条例という鉄の掟がある中で、手越祐也さんと恋愛していたというのですから、その事に対してはファンには裏切り行為とも受け取られるでしょうし、説明責任はあると筆者も思います。

しかし、アイドルであっても一人の人間ですし、恋愛だってするのが普通です。

何か罪を犯したというのであれば大問題ですが、熱愛の説明責任を押し付けるのが、ファンのあるべき姿なのか疑問です。

ファンだったらあえて、柏木由紀さんを応援してあげたいと考えてあげるのが、あるべき姿ではないでしょうか?

もちろん、柏木由紀さんに説明して欲しいと思うことに何も間違いはありませんし、それもファン心理として自然な姿ではあります。

ただ、今回は

某写真週刊誌によるジャニーズ事務所への報復行為

という話もありました。

柏木由紀さん単独で下手に行動できない部分もあって、ややこしいことになっていることも想像できます。

ましてや、この柏木由紀さんの熱愛に関する記事は、1年も前の話です。

それを今更取り上げてあれこれ言われても、どうしていいのかわからないというのが正直なところなのでしょうね。

1 2 3 4
ページトップへ