柏木由紀の熱愛に尾木ママが激怒?批判の理由とネットの評判を考察

AKB

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
柏木由紀

恋愛禁止条例があるにも関わらず恋愛してしまった柏木由紀さんには、何らかの落ち度があったことに違いないでしょう。

ただ、かなり過去の話であるだけに、さらにスルーせざるを得ない部分もあったと筆者として感じた次第です。

 

尾木ママが柏木由紀を批判した理由

柏木由紀

柏木由紀

あの温厚な尾木ママが、自身のブログを用いて、痛烈にアイドル批判しているのは、筆者としても驚きを隠せません。

それも、名指しこそしていないものの、相手が柏木由紀さんのことだと明らかに分かる内容であったわけですから。

尾木ママ自身、柏木由紀さんのファンであっただけに、ファン心理の一つとして、

  • 過去に起こっていた熱愛スキャンダルに対する説明がないこと
  • その事をスルーしている柏木由紀さんの態度

に激怒してしまったのでしょう。

ファンとしては、それでも柏木由紀さんを応援するのがあるべき姿だと思います。

しかしファン心理としては裏切られたという気持ちが芽生えるのも分かりますし、なんとも複雑です。

 

普段は、何かと温厚で教育に関して熱く語る尾木ママです。

某写真週刊誌がスクープした1年も前の熱愛スキャンダルに関して、この1年間、恋愛禁止条例を破っていたことに何の罪悪感も抱かずに過ごしていたことに対して、怒りを覚えていたのでしょう。

そして、いまだに柏木由紀さんから何の説明がないこの状況が、尾木ママがブログで批判する最大の理由となっていると考えています。

正直、今回の尾木ママのブログでの発言に対しては、ファンの域を通り越した暴言だと感じていますし、強い憤りを感じた次第です。

[adsense]

尾木ママの柏木由紀への批判に対するネットの評判

今回の一件に対して、ネットユーザーはどのように感じているのでしょうか?

いろいろ探ってみたところ、やはり賛否両論といったところに落ち着いているようです。

柏木由紀さんの熱烈ファンの人の中には、元祖神対応キャラとしてファンになっているのに、結局は熱愛スキャンダルを巻き起こし、ファンに対する説明も殆どなく

『裏切られた』

という意見もありました。

そして、裏切られたと感じた人たちの多くは、尾木ママのブログを賞賛し、

『よくぞ(柏木由紀さんへの批判を)言ってくれた』

とコメントしています。

一方では、こういう話は柏木由紀さん本人に言えば良い話で、

「何故、共演経験もある尾木ママが、ブログで一方的に批判しているのか?」

と、尾木ママに対して、批判されている人もいます。

その他にも、

「なぜ男側を責めずに女性ばかり責めるのか…」

と、批判されている人も多くいましたね。

何かとネット上では盛り上がりを見せている感が高まり、一部で噂されていた某写真週刊誌のジャニーズ事務所への報復行為が、結果的に出来上がりつつあるような印象も受けています。

とはいっても、傷ついているのは柏木由紀さんだけです。

ジャニーズとしては報復されたとも思っていないどころか、炎上商法の一つとして知名度が上がれば嬉しいくらいにしか思っていないかもしれません。

本当に今回の熱愛スキャンダルは、

『一体誰が得したのだろうか?』

と考えてしまうような現象です。

そんな中、尾木ママのブログが注目され、炎上騒動になったらしく、一部の意見として、

『炎上になって嬉しくてはしゃいでしまったんじゃないの?』

と、呆れた感じで意見されている人も…

一つの事実として、尾木ママが出版した本の宣伝までしているのです。

自身のブログで、一人のアイドルを叩きながら宣伝しているので、教育者であるということも加味され、呆れられるのは仕方がないでしょう。

追記

今回の一件は、過去の話とはいえ、賛否も真っ二つに分かれています。

当時、何かと物議を呼んでいた印象を受けましたが、後日、この騒動の渦中にいる手越祐也さんの発言で、筆者は柏木由紀さんを批判した尾木ママも含め、相当な怒りを覚えました。

筆者個人の意見を言わせてもらえれば、まず、熱愛に関して、

『ファンに説明がないといけない』

と言うのは完全におかしな話です。

柏木由紀さんは、アイドルである前に一人の人間です。

永遠にアイドルというわけではなく、プライベートな時間も説明しろというのは、

彼女のことをストーキングさせろ

と言っているようなもので、教育者が言うセリフではありません。

しかも、直接関わっている熱愛相手の手越祐也さんは、この件で一切の反省すらしていません。

熱愛の噂が流れチャラいと言われることがむしろ嬉しいと、もはや他人事のようなことをテレビ番組で発言しています。

バラエティ番組『TOKIOカケル』に手越祐也さんが出演し、彼自身、はっきりと悪びれもなくこんな発言をされています。

「チャラいという言葉は大好き!モテない人はチャラくもなれない」

と…

これって、モテるからチャラく、次々とっかえひっかえ女遊びしても問題ないという風にも聞こえてしまいます。

確かに『チャラい』という定義は人によって異なる部分もあるでしょう。

もし手越祐也さんが、一つ一つの恋に真剣で『チャラい』と言われるのは本意ではないと言っているのであれば、柏木由紀さんとの熱愛報道も納得がいくところで、別に咎めることでもないと思います。

しかし、手越祐也さんは熱愛報道によって、ある種、チャラいことを自慢しているのです。

『自分はモテるからチャラいと言われているんだ』

と…

実際に、手越祐也さんのためにアイドルを辞めさせられた子もいれば、ファンと言われる人から裏切られたとバッシングされた子もいるわけで…。

それなのに、反省すらしないのか…

なぜ女性アイドルだけ、社会的にお咎めを受けなければならないのか?

1 2 3 4
ページトップへ