モンスター娘のいる日常のキャラクター設定とアニメ声優をチェック

アニメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モンスター娘のいる日常

公人のCVを担当するのは、声優の間島淳司さん。

『これはゾンビですか?』の相川歩役や、『一週間フレンズ。』の井上潤役などで有名です。

ミーア(CV:雨宮天)

来留主家に最初にホームステイとしてやってきたラミアの少女。

手違いでやってきてしまったため、来留主家は本来のホームステイ先ではなかったのですが、結局ミーアの希望により来留主家でホームステイをすることになります。

ラミアなので下半身が蛇の姿をしており、それが原因で周囲の人間からは敬遠されたりしていました。

そのため、偏見を全く持たずに接してくれた公人に好意を抱き、公人を

「だぁりん」

と呼び、積極的にアタックします。

時に愛情が暴走し、公人に怪我をさせてしまうほどです。

全長は7メートル

ほどあるそうで、そんな少女がホームステイするのですから、

『家を改装しなければ…』

というのも頷ける話です。

ミーアのCVを担当するのは、声優の雨宮天さん。

『一週間フレンズ。』の藤宮香織役や、『七つの大罪』のエリザベス役などで有名です。

パピ(CV:小澤亜李)

パピ

来留主家に2番目にやってくるハーピーの少女で、翼を広げると

全長は4メートル

にもなるそうです。

逃亡の常習犯だったため、ホームステイの引き取り先が見つからなかったところで、来留主家がホームステイを押し付けられる形でやってきます。

天真爛漫な性格で、

3歩歩くと覚えたことを忘れてしまうほどの鳥頭

のため、他種族間交流法についても全く理解していないとのこと。

パピのCVを担当する声優は、小澤亜李さん。

『月刊少女野崎くん』の佐倉千代役で有名ですね。

セントレア・シアヌス(CV:相川奈都姫)

セントレア・シアヌス

セントレアは、ケンタウロス族の少女です。

自らが仕えるべき運命の主を探し求め、街中を走り回っていたところで公人と出会います。

この時、ひったくり犯から自らを庇ってくれた公人に感激し、来留主家の3番目のホームステイメンバーとなります。

騎士の家系に生まれ、騎士としての教育を受けてきたため、モンスター娘の中では常識人。

しかし、種族としての本能が存在しているため、時に本能による暴走をしてしまうこともあるのだとか。

常識人でありながら、純粋な乙女であるという、とても可愛らしい一面を持っているところが筆者的にはお気に入りです。

セントレアを演じるのは、相川奈都姫さん。

このセントレア役で初めてのメインキャストを演じたという若手声優です。

スー(CV:野村真悠華)

スー

密入国してきたと思われるスライムの少女…とはいうものの、どんな形にも変形できるため少女と言っていいのかは微妙なところです。

相手の声を本人そっくりに再現したり、触手で触れた相手の思考を読めるといった特技

を持っています。

他種族間交流法による留学生ではなかったため、本来ならば強制送還されるところを、後述するキャラクターの墨須が

「面倒だ」

という理由で見て見ぬ振り。

そのまま4人目のホームステイメンバーとなりました。

密入国だったので、人間社会の常識などを全く知らない状態ということもあり、最初はほとんど話すこともできませんでした。

パピによって名づけられた『スー』が名前として定着します。

身体が乾燥すると水分を求め、水に濡れた相手に襲い掛かることがあるそう。

水に濡れず、彼女を乾燥させた状態にしないようにする必要がありそうですね。

スーのCVを担当するのは、野村真悠華さん。

野村真悠華さんも、まだあまり出演数の多くない声優ですが、その危ない発言の数々から、

『事故物件』

という呼び名も。

メロウヌ・ローレライ(CV:山崎はるか)

メロ

人魚の少女で、自らのことは『メロ』と呼ばせているようです。

5番目のホームステイメンバーですが…。

これまでのメンバーは手違いやなりゆきによってホームステイする…

ということが多かった中、来留主家でホームステイすることが当初から決まっていたという珍しいケースです。

人魚であるため下半身が魚であり、地上の歩行が困難なため、普段は車椅子で移動しています。

そして、ゴスロリの水着を普段着として着用。

人魚世界のベストセラー『人魚姫』の影響で“悲恋”に憧れており、

『本妻に対する愛人の立場になりたい』

1 2 3 4
ページトップへ