マッドマックス怒りのデスロードのストーリー結末までネタバレ!

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マッドマックス

(北斗の拳と世界観が似ています)

まさに暴走族と、それを過激に取り締まる警察とのバトル物と想像すれば、単純で分かりやすいでしょう。

海外では、映画『ターミネーター』のようなバトル物・アクション映画は数多く、『マッドマックス』もその中の1作品として、当時は非常に注目されていました。

そして、2015年にシリーズ最新作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が公開。

その前評判から往年のファンだけでなく、若者のファンも引き連れて、大注目されました。

今回の主演は、これまで演じてきたメル・ギブソンから、

トム・ハーディ

に変わっています。

また新たな『マッドマックス』として、往年ファンだけでなく、これまで全く『マッドマックス』を見たことのない若者でも楽しめる作品となっています。

最近は、過激なアクション映画は、珍しくなってきました。

そんな時だからこそ、若者たちも壮絶なアクション映画に惹かれるのかもしれませんね。

 

マッドマックス 怒りのデス・ロードのストーリー

さて、気になるマットマックス最新作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のストーリーを紹介します。

放射能汚染によって、広大な砂漠化となってしまったウェイストランド。

そこで家族や友人を失い、失意のどん底に落ちたマックス(役:トム・ハーディ)は、イモータン・ジョーが率いる暴力武装集団『ウォーボーイズ』に監禁されるのです。

マックスは、核物質のために長く生きることができない『ウォーボーイズ』の面々のために、無理やり血を提供をさせられます。

またマックスの他に監禁させられた人々も、奴隷や家畜のような扱いを受け、とんでもない仕打ちを受けているのです。

(本当に酷い仕打ちなので、ここでの描写の説明は避けます。)

1 2 3 4
ページトップへ