とんねるず解散&引退の噂!現在のコンビ仲と今後の2人を考察!

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
とんねるず

逆に、『スポーツ王』の終わりが、とんねるず解散・引退へのカウントダウンの始まりになりそうな予感もする次第です。

 

とんねるずのコンビ仲はいい?悪い?

コンビ解散・引退説が流れると、必ず囁かれるのが、コンビの不仲説です。

とんねるずも、実は以前、不仲説が囁かれたことがありました。

というのも、とんねるずにはギャラ格差があり、

年収換算だと、木梨憲武さんが石橋貴明さんより1億円少ない

ということに木梨憲武さんが不満を抱いている…。

らしいのです。

また、石橋貴明さんが仕事優先、木梨憲武さんがプライベート優先なタイプのため、ここで亀裂が生じているという話です。

しかし、よく考えてみてください。

とんねるずは、お互いを下の名前で呼び合っている仲で、公私どちらを優先するかというのは、あくまでもスタンスの違い。

それで不仲になることがあるでしょうか?

あくまでもお笑いコンビというのは、仕事をする上での同僚みたいなものであり、友達や親友ではないのです。

そのあたりは、お互い長年の付き合いでわかっているでしょうし、コンビだからといって、仲が良くなければいけないこともありません。

そのため、お笑いコンビが必ずプライベートでも一緒にいないとおかしい!と考えるほうが変です。

何かあれば、すぐ不仲と囃し立てるのは浅はかでしかありません。

これらのことから、とんねるずの2人は不仲というわけではないと思いますよ。

 

今後のとんねるずの動向は?

筆者もいろいろ調査してみましたが、実際のところは、とんねるずがコンビ解散することはまだありません。

これからも石橋貴明さんと木梨憲武さんが共にピンで動くこともあれば、コンビとして活動することもあるそうです。

実際、『とんねるずのみなさんのおかげでした』の打ち切り終了が決まりましたが、決まる前からとんねるずの2人は達観しているみたいで、石橋貴明さんも、木梨憲武さんも、

「打ち切りになったら仕方ない」

程度なのだとか。

先ほども少し触れたように、石橋貴明さんは

「需要がなくなれば事実上引退と同じだから、どんな形でもお話をいただけている間は仕事を続け、話がなくなれば引退する」

というようなことを語っています。

それを信条としている節が見られるので、プライドで見栄を張っているわけでもなさそう…。

とんねるずの2人はもう十分に稼ぎ、資産がたくさんあるからこその余裕があるのかもしれません。

そう考えると、近い時期での引退もありえるのかなと思いますね。

芸能人としては引退し、第2の人生を歩んでいくことも考えられそうです。

木梨憲武さんはアーティストとして絵を描いたりしていますし、趣味に没頭したい気持ちもありそうです。

一方の石橋貴明さんは、裏方となって番組制作をしたいと考えていたり、子供が大好きなので、子供番組のMCをしたいと考えているのだとか…。

石橋貴明さんの場合は、芸能人を引退するというよりは、お笑い芸人としてのバラエティ路線を引退という形ですね。

いずれにしても、これらの未来がやってくる可能性も、ゼロではありません。

ある意味、『とんねるずのみなさんのおかげでした』の終わりは、とんねるずの2人にとっての始まりとも言えるでしょう。

そして『スポーツ王』が終わってしまい、特番でのレギュラーも消滅した時、とんねるずの2人は一体何をしているのか…

年齢的に、もう『スポーツ王』を継続できるのも、あと5~6年でしょう。

となると、もしかしたら、10年後にはとんねるずの存在がテレビから消えている…

ということも、十分ありえそうです。

 

まとめ

とんねるずの解散・引退説は、石橋貴明さんの引退観を語った発言から想像されているだけで、今のところ確定ではありません。

ただし、『とんねるずのみなさんのおかげでした』が打ち切り終了を迎えることとなり、レギュラー番組が消滅。

石橋貴明さんが、

レギュラー番組が消滅したら引退する

と言っていたわけですから、今後の動向がどうなるか気になる点ではありますね。

石橋貴明さんが過去に語っていたように、本当に引退の時がやってくるのか?

そして、とんねるずの2人はゴシップ誌などで噂されているような、第2の人生を送ることとなるのか?

とんねるずの動向に注目しておきたいですね。

1 2 3 4
ページトップへ