ギリシャ経済危機の理由原因を解説!現在の状況と日本への影響は?

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ギリシャ


数年前から、ギリシャの経済状況が危機的状況にある、という報道を何回か耳にしたことがあるかと思います。

いわゆる

“ギリシャ危機”

と呼ばれる経済危機ですね。

この経済危機ですが、どうやら2017年に再び大きな転機を迎えると言われています。

そもそも、いったいなぜ、ギリシャはここまでの経済危機に陥ってしまったのでしょうか?

今回は、長年続いているギリシャ経済の危機的状況について、これまでの流れをまとめながら、最新情報について解説していきます!

[adsense]

ギリシャ危機とは?

ギリシャ

まずはギリシャ危機について振り返ってみましょう。

ギリシャ危機とは、2010年頃から騒がれるようになったギリシャ共和国における経済危機です。

ニュースでも一時期、毎日のように報道されていたため、何となくでも知っている人は多いかと思います。

このギリシャ危機の発端は、2009年10月。

当時、政権交代があり、全ギリシャ社会主義運動のゲオルギオス・アンドレアス・パパンドレウ新政権が誕生したことにあります。

この新政権(当時)によれば、新民主主義党が率いていた旧政権は、財政赤字を隠ぺいしていたらしく、

GDPの4%程度と発表していたギリシャの赤字は、実際には13%ほどだった

というのです。

ギリシャはEUに参加し、ユーロを使えるようにするために、財政赤字を粉飾していたわけです。

つまり、EU加盟という目先の出来事のために、

「財政状況はそれほどひどくないですよ」

と、ヨーロッパ各国を騙していたことになります。

これにより、当然ながらギリシャの信頼は失墜。

各国の格付け会社がギリシャ国債の格付けを引き下げていきます。

そして、『ギリシャが債務不履行(デフォルト)に陥るのでは?』との不安から、ギリシャ国債が暴落…。

1 2 3 4
ページトップへ