加藤茶がドッキリで判明した借金1億円の理由と嫁・綾菜の性格とは

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
加藤茶

実は、加藤茶さんは、

実際に連帯保証人になって騙された上で、1億円の借金を背負うハメに陥り、2015年の3月まで借金返済をしていた

と言うのです。

普通、連帯保証人になんて、気軽になるものではありません。

しかし加藤茶さんは人が良いタイプの性格で、きっと断れなかったのだと思います。

結局、借金をした人には逃げられてしまい、加藤茶さんが1億円もの借金を肩代わりをする羽目に陥ったようです。

間抜けといえばそれまでですが、やはり人間として生きている以上、人のことは信用したいと思うのが人情だと思います。

そういう人の優しさにつけ込んだ借金の踏み倒しは許せませんが…。

そして、その一件がようやく終息したばかりで、また同じ借金話が舞い込んできたわけですから、嫁・綾菜さんにしてみても

『この人、学習能力が全くない』

と感じてしまうところでしょうね。

完全なドッキリだと思って企画していたことが、実は過去に本当にあったことだったとは驚きですが、だからこそ信ぴょう性のあるドッキリとして、放送上は最高の映像が撮れたと思います。

 

加藤茶の嫁・綾菜さんの男気あふれる性格!

加藤茶さんの嫁・綾菜さんの話は、度々テレビでも話題になっていますが、今回ばかりは、綾菜さんの男気溢れる性格に脱帽させられるばかりでしたね。

いかに嫁・綾菜さんが加藤茶さんを愛し、結婚しているのかが、よく伝わった次第です。

彼女は、家を売却し、裸一貫から、もう一度やり直したとしても、それでも加藤茶さんと一緒にいることを選択したのです。

さらに、借金を抱えてしまったと報告して、弱っている加藤茶さんを抱きかかえた嫁・綾菜さん。

普通であれば、今回2度目の借金です。

永遠と文句を言って別れよう、とまで言われてしまうのが、一般的に考えられる反応です。

もちろん、1億円という金額ですし、嫁・綾菜さんも加藤茶さんを説教していましたし、完全にイライラした表情をしていました。

加藤茶と嫁の綾菜

しかし、嫁・綾菜さんは、

「あーたん。別れようか?」

と加藤茶さんからの申し出には首を縦に振らず、

「それはない、綾と離れられないでしょ?綾もちーたん(加藤茶さんの呼称)とは離れられない」

「大丈夫、私が守ってあげる」

と、加藤茶さんを抱き寄せるのです。

1億円の借金と、加藤茶さんへの愛を両天秤に掛けられた嫁・綾菜さんは、迷わず加藤茶さんへの愛を選び、全ての貯金をはたいてまで、

加藤茶さんと、もう一度ゼロからやり直す道

を歩もうとしたのです!

一部では、あまりにも加藤茶さんと嫁・綾菜さんの年の離れた結婚について、

『(加藤茶さんの)遺産目当てでは?』

と批判めいた意見も飛び交っていました。

そんな嫁・綾菜さんに対する評判でしたが、一気にこのドッキリ企画で逆転!

男気あふれる嫁・綾菜さんの言動には、ネットでは絶賛の嵐となったのです。

加藤茶さんも、

「(綾菜さんと)結婚してよかった」

と笑顔を見せていたそうです。

そのドッキリを見守った仕掛け人の近藤春菜(ハリセンボン)も、

「男気ありすぎ」

と嫁・綾菜さんの言動を讃えていたそうです。

まさに彼女は、『肝っ玉母ちゃん』とも呼べるほどの度胸の据わった人だと、改めて彼女の性格がわかったドッキリ企画だったと言えますね。

追記

今回の『モニタリング』での加藤茶さん・嫁の綾菜さんのドッキリ企画を見て、綾菜さんの男気溢れる気質が見えたわけですが、決して彼女自身、男前な気質を振る舞うだけではありません。

心が折れそうなくらいに辛く苦しんでいた一面もあったことが、後のバラエティ番組『モシモノふたり 』で明らかになっていきます。

まぁ加藤茶さんの嫁・綾菜さんも一人の女性ですから、かよわい一面を持っていて当然でしょう。

これまでの『財産目当ての結婚』と叩かれながらも、ふてぶてしい態度を取っている印象を受けていた人もいるだけに、かよわい彼女が意外と映ってしまったのかもしれません。

ただ、はっきり言いますが、嫁・綾菜さんの男前気質な態度・言動の見え方の裏側には、

広島弁の独特の言い回し

(○○じゃけぇ・○○だよななど…)

が影響していることは間違いないでしょう。

広島県民にとっては、普通に喋っているだけの話だと思いますが、これを広島県民以外の人が耳にすると、ぶっきらぼうというか、男勝りの印象が残ります。

その上で、加藤茶さんの1億円の借金をも

「大丈夫」

と覚悟を決めて、一緒に乗り越えようとした態度を見ると、嫁・綾菜さんが男前と見えてしまうのです。

しかし実際は、先程お話したとおり。

ドッキリ企画で旦那である加藤茶さんに1億円の借金をしてしまったと言われ、

「怖かった」

1 2 3 4
ページトップへ