出水麻衣(TBS女子アナ)のフライデースキャンダル!彼氏は誰?

アナウンサー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
出水麻衣


ちなみにお相手彼氏は、竹村総合設備株式会社の

今福浩之社長(当時31歳)

だったとのこと。

お互い独身の身ですし、結婚を視野に交際して愛しあった上での話です。

路上キスそのものが良いか悪いかは別にして、比較的普通の話ですよね。

それでも出水麻衣アナは、TBSの”女子アナ”であるため、大々的にスクープされてしまったのです。

本当に芸能界・報道機関に務める人たちは華やかな反面、難しい制限を課せられていると痛感したような気がしますね。

 

出水麻衣アナの最新彼氏とのスキャンダル

密会

2010年のスキャンダルから5年後。

またしても、熱愛スキャンダルがフライデーによりスクープされてしまった出水麻衣アナ。

『本当に懲りていない人?』

と感じさせられますが、今回の彼氏は、過去にスキャンダルを起こした彼氏とは別人とのこと。

相手は

一般人

なのか、誰であるのか全く分かっておらず、ただ出水麻衣アナの熱愛ぶりだけがスクープされているようです。

なお、スクープの内容に触れていくと、

2015年6月25日。

出水麻衣アナは、その彼氏と東京青山の某寿司屋で待ち合わせ。

会うやいなや、何度も路上キスをしていて、その写真がスクープされてしまったそうです。

まぁ周囲の目を全く気にしないラブラブぶりだったというのですから、写真週刊誌にスクープされてしまうのは仕方ない話です。

それにしても、出水麻衣アナは、恋人ができると、周囲が見えなくなってしまうくらい、一直線に恋に突っ走ってしまう人なんですね。

いくら彼氏のことが大好きだとしても外出先なら我慢すればよかったのに、それすらできずにいたというのですから…。

それにしても、仮にもTBSの女子アナが、真っ昼間から路上キスはいかがなものかと思うのですが…

イメージ的なことを考えると、いくら独身同士で問題がなかったとはいえ、ふしだらと見られてしまうところはあるでしょう。

とくに報道番組などでは、そんなイメージを持つ女子アナを使いたいと思わないはずです。

それだけ日本では、路上キスがあまり印象の良くないものと映ってしまうものなのです。

一般のタレントなら、そういうキャラで押し通すことも可能ですが、あくまで出水麻衣アナは女子アナです。

キャラ作りをしてしまうと、結果として叩かれ続ける事となるでしょう。

また、女子アナは、ある種の人気商売でもあります。

出水麻衣アナは、その辺りのことも考えて行動した方がいいかと思いますが…

出水麻衣アナも33歳になり、そろそろ結婚のことも視野に入れているのかもしれません。

恋に盲目も分からなくもないですが、それだけに変にこじれて破局にならないように世間の目にも気をつけながら、大切に愛を育んでほしいところですね。

追記

後日になって分かった話です。

実は、2010年の熱愛スキャンダルの際には、出水麻衣アナは上司からこっぴどく叱られ、その結果レギュラーも次々降板させられたみたいです。

気がついたら『世界ふしぎ発見』のみとなってしまい、出水麻衣アナが事実上、干された状況に追い込まれています。

そして、2015年に入り、再びレギュラー番組が増えたところで、また懲りずにスキャンダルが発覚!

独身同士であれば、熱愛することは問題ないかもしれませんが、さすがに真っ昼間から路上キスしていることは風紀上、アナウンサーとしては問題である、と捉えてられても仕方がないでしょう。

近年は、女子アナはアイドルやタレントのような扱いを受け、バラエティ番組に出演することも多くなっています。

しかし、アナウンサーとしての仕事が彼女たちの本業にあるわけです。

風紀に逸脱してしまう行動は慎むべきと、年配の人たちは考えてしまうだろうと思います。

そういったことも踏まえて考えると、女子アナにとって、どう考えても路上キスはリスキーな話です。

一つ間違えばTBSを解雇されてもおかしくなかったかもしれない話なのです。

 

ただ出水麻衣アナは帰国子女であり、恋愛に関してはオープンな気質を持ってるとかで、結果、

『何が行けないの?』

と、再び路上キスをしてしまい、熱愛スキャンダルを巻き起こしてしまったのです。

全く反省していないわけではなく、後日、出水麻衣アナが出演するラジオ番組では反省の言葉を述べていたそうです。

ただし、周囲は出水麻衣アナが嬉しそうに話していたと呆れてもいたとか…。

おそらくそんな出水麻衣アナの気質を見て、もはや上司たちも諦めたのか、今回は彼女が完全に干されてしまうことはなかったようです。

この背景には、TBSが出水麻衣アナの

仕事に対するスキルの高さ

を認めていたところがあり、彼女を下手に手放せないからではないだろうかとある関係者は語っていたんだとか…

1 2 3 4
ページトップへ