日本エレキテル連合がラッスンゴレライ8.6秒バズーカー批判の理由

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本エレキテル連合


「ラッスンゴレライ!」

と意味不明なフレーズと、リズムネタによって大ブレイクした8.6秒バズーカー。

ネット上では『つまらない』と批判され、完全に飽きられてしまったのか、テレビからも姿を消しています。

さらに

『ダメよ~ダメダメ!』

の流行語を生んだ日本エレキテル連合さえも、「つまらない」と、8.6秒バズーカーを批判している話もあるそうです。

あれだけ爆発的にヒットしたリズムネタが、なぜ『つまらない』と吐き捨てられてしまったのか、気になるところです。

そこで本記事では、8.6秒バズーカーが批判されている理由と、日本エレキテル連合の現在を掘り下げてまとめていきます。

[adsense]

8.6秒バズーカーのネタがつまらない理由

8.6秒バズーカ

8.6秒バズーカー

「8.6秒バズーカーのネタがつまらない」

と、ブレイクしているお笑いコンビ『8.6秒バズーカー』に、なんとも厳しい批判がネット上で飛び交っています。

確かに、8.6秒バズーカーの『ラッスンゴレライ』ネタは、ぱっと見でオリエンタルラジオの『武勇伝』ネタに近い印象もあります。

それで見る人が見ると、つまらないと感じてしまうのかもしれません。

しかも、ごく一部の人が言っているだけの話ではなく、多くの人が8.6秒バズーカーの『ラッスンゴレライ』ネタに飽きているというのですから、彼らにとっては非常に心配な話でしょうね。

 

では、具体的になぜ8.6秒バズーカーのネタ『ラッスンゴレライ』がつまらないと言われているのでしょうか?

その『つまらない』と言われている理由を探っていくと、やはり『ラッスンゴレライ』のネタを多用し過ぎたために、

1 2 3 4
ページトップへ